ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:観光 ( 5 ) タグの人気記事
ドクターフィッシュ初体験。
店の用事で一泊、ロードスに行ってきました。

先週と違って今回はダンナと一緒なんで不安になる事も無く、意外に楽しい「出張」でした。

さて、ホテルのレセプションに置いてあるパンフレットの一つに惹かれまして...

b0193316_21575326.jpg

知っている方も多いと思いますが
フィッシュドクター
試した方、いらっしゃいますか?

トルコからやってきたGarra rufaというコイの一種で足を綺麗に食べてくれるんですよ〜

私たちが行ったのはロードス島のカジノの目の前にあるAqua Divinaというお店。

30分で15ユーロ、10〜15時はハッピーアワーで12ユーロ、そして今回はギリシャ人(オフシーズンだからかな?)価格ということで一人10ユーロととてもお得♪他のヨーロッパ諸国に比べてリーズナブルなお値段で、今年の夏は観光客でにぎわったそう。ギリシャ人は...チャレンジ精神にイマイチかけているようです^^;

b0193316_2281998.jpg
なんか足3本ある?

ダンナのバリバリの足もたったの30分で大分ツルツルに!

足を入れた瞬間から魚達がグワっとよってきてまた美味しそうに食べるんですが(笑)、超くすぐったがりの私は最初の3分はもう笑いが止まらなくて無理かと思いました^^;

そのうち「ブズズ」という振動に変わりくすぐったさはおさまります。指と指の間から固くなってた皮膚までツルツルに!ヤスリでゴシゴシのような皮膚への負担もないし、強いケミカルもないので、敏感肌の人にもおすすめなんじゃないでしょうか。

コス島にも似たようなお店がオープンしたそうで、意外に人気が出てるのかしら?ロードスのこのお店は来年から全身用のタンクもそろえるそう。こちらもまたくすぐったそうですネ...ダンナが妙に気に入って、これからもロードス訪問の時はちょこちょこ寄りそうです。

ちなみにこの魚達、ものすごく新陳代謝がよいらしく、食べても食べても太らずずっと食べ続けていられるそうです。

うらやまし〜 笑


↓今日も訪問ありがとうございます〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-01 22:26 | ロードス島
遠回り
...ものすごい遠回りの一人旅にでていました。

木曜日の午後にニシロスを出発。ストライキで船がキャンセルの中唯一動いているドデカニソスシーウェイズの高速船で

b0193316_16195839.jpg

ティロス島と

b0193316_16214257.jpg

ハルキ島を経由しロードス島へ。

産婦人科の予約は金曜日、寂しく2泊した後土曜日の朝は

b0193316_1625269.jpg

シミ島を経由して

コス島へ。

コス島で一泊した日曜日の朝ようやくニシロスに戻ってきたのでした。

1時間の検診の為に3泊は疲れました... 財布もアウチ 汗

5枚しか写真を撮ってないあたりやる気のなさの感じられる今回の旅でした 爆

b0193316_1637166.jpg

こちらはロードスで泊まったアトランティス シティ ホテル。新しくてきれいで朝食付き、オフシーズンは一泊35ユーロとまあお得。アクセスもよくおすすめです。

b0193316_16385115.jpg

こちらは、ギリシャの年に住んでいる方なら先週見飽きたであろう、ストで未回収のゴミの山。

ニシロスはすべて機能してるんで変な言い方ですが新鮮でした。

これからストが続きそうで先が思い遣られますね...

そうそう、ギリシャのスト情報が手に入る、優れもののウェブサイトを教えてもらいました。

http://www.apergia.gr/index.php

ギリシャ在住のみなさん、これからもいろいろありそうですネ... 涙

↓今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-10-24 16:44 | ドデカニソス諸島
最近の魚事情: 2011年6月。
もう真夏まっただ中のニシロスです。少しでも体調が悪いと苦しみが5倍になるこの天気、体調管理には気をつけたいところです。

さて、5月にはストックが無かったΤΣΙΠΟΥΡΑ(チプーラ)も大分大型のが出回るようになりました。

しかし、6月に入り観光客の量が大幅に増加したのに伴い、新たな問題が。

b0193316_1111562.jpg

イカに薄く小麦粉をはたいてカリ、っとあげたカラマリは国籍を問わず大人気商品。

が、コス島の卸業者の間で品切れが深刻化しています。冷凍なので外国産なんですが、ということはアテネの方でも品薄になっているよう。慌てて150キロ予約しました ^^;

b0193316_1181536.jpg

こちらはシミ島のデリカシー、ΓΑΡΙΔΑΚΙ ΣΥΜΙΑΚΟ(ガリダキ シミアコ)。殻ごとカラッと揚がった小さなエビさんたち。おつまみに最高です!

これはメニューに最近加えたもの。というのも、ロシア人の観光客に「ありますか?」とやたら聞かれるんです。どうもガイドさんが薦めているよう。その割には食べ方を知らないようで(殻ごと食べます)、口に入れて噛んでから殻をまた皿に出すんですよ... 汗 実家の母はみかんの皮が嫌いでこうやってみかんを食べてたわ...

...んが、ロードス島の養殖業者でも品薄になっている様子。

はい、答えはそうなんです、ロシア人観光客の増加です。近年コス島を訪れる人のほとんどはall inclusive(飛行機代、飲食代、ホテル代すべて込みで大型レジャーホテルに滞在するパッケージツアー)。そんなホテルのビュッフェもなかなかのごちそうが並びます。食べ放題ですしね。何千人と収容できるホテルでの食材はバカにならない量でしょうね。大手大型ホテルの一つ、ギリシャ全国に21の支店をもつMitsis(ミッチズ)のコス支店、今年から2000人収容サイズのロシア人専用別館がオープンしたとか。ミスターミッチズ、金持ち!じゃなくて(笑)それだけロシア人観光客が観光へ与える影響が大きいという事です。思うに、ビュッフェの食事とかも違うんじゃないでしょうかね...魚介づくしとか 笑

こういうパッケージツアーの魅力はやはり家族連れでも安心ということ、そしてその驚くべき価格。ギリシャの経済情勢が悪化する中、今年はギリシャ人のこういったツアーの利用も増えているとか。

all inclusive利用者の中には、ホテルが出してくれるお弁当(といってもぱさぱさのサンドイッチ、ゆで卵、果物といったものですが)を片手にニシロスに来る方も多いです。まあその半分ほどが捨てられていますが...

ニシロスに日帰り旅行に来て、せっかくの外食のチャンス!とレストランを利用する人ももちろんいますし、そういう方がうちの食堂のお客様達です。私だったらせっかくだしホテルでは出ないような物が食べたい、と思いますけどね。

そう思ってくれるお客さんが増えるといいなあ...一回ミッチズに偵察に行こうかな 笑

↓今日もポチっとお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-06-26 01:46 | ギリシャ料理: 魚介類
コス島へ日帰りで
b0193316_520398.gif

コス島へ日帰りで行ってきました。休みは必ずニシロスにやってくるダンナの連れ子を空港まで送るためです。

今回船が着くのはカルダメナの港。14キロ離れたニシロスまで1時間。

カルダメナは観光化されすぎたイギリス人で溢れる町です。その町並み、雰囲気は味気なしとしか言いようがありません。70年代後半からイギリス人用に観光化されました。通貨がドラクマだった時代はそれはそれは賑わっていましたが近年は閉まった店がずらっと並んでいて、見ていてなんだか悲しくなるくらいです。だってマクドナルドも閉店する(昨年)静けさ。

今年は北アフリカの情勢のためギリシャの観光は少々アップ。イギリス人は昨年に比べ10%アップと言われています。それもあってか観光客をちらほら見かけましたがまあ、7〜8月が山場、これからですね。

ホテル、飛行機、食事代がすべて込みのホリデースタイルが主流のコス島、大型ホテルに客を取られレストラン、バーの経営者は苦しいと思いますが、店によっては物価の高いイギリスよりも高い値段でビールを売ってます。それでは客が離れるのも当たり前だ、と感じます。
b0193316_5363985.jpg

去年はなかったロシア語のサインが増えているのも気になる所です。ニシロス行きの観光船に乗るためにここへ来るロシア人が商売相手です。これは正教のアイコン(キリストなどの絵)を売っている店。ロシア人は本家のギリシャよりも熱心な方が多いようで、ニシロス(この辺では有名な聖母マリアを祭る修道院があります)が人気なのも関係があるようです。

カルダメナのいい所?あえて言うなら、カルダメナのパン屋はおいしいです。メイン広場にある、たしかゲヴシズ(味)と言う店です。おすすめのレストランはあいにく閉まってしまいましたが、軽食(ギロス、サンドイッチなど)など)ならおすすめはTasty cornerです。広場から港を見て右に曲がって200メートルほど。インターネットカフェの向かいです。肉の質がよく、地元の人も行く店です。

ところでカルダメナ、1970年代はそれはそれは田舎でした。



車はほとんどなく、物資の流通はロバ、ビデオの後半に出てくるビーチもすぐそばにはスイカが育っていたそうです。いろんな意味でこの頃の方が良かったんじゃ...という気もします。観光、外貨という収入に目がくらみ好き勝手をした結果が今の無惨なカルダメナだと思います。



今は、こんな感じ。この道に前述したTasty cornerがあります(2分20秒に左手にあります)。これは2007年、もう落ち目に入っている頃です。コレだけ見たらテネリフェだか、コルフだかコスだか分からない感じですね。ここらのバーはボンバ(爆弾)と呼ばれる安い酒を高い酒のボトルに入れかえて売っている店も多いので悪酔いには要注意です。主にウォッカ、ジン、ラムなどのスピリッツが怪しいです。

「だってホリデー中だし〜 彼氏いないし〜 もう酔いまくりだし〜 踊っちゃうし〜 あ、ちょっとあのイケメン!」みたいなノリは最適ですよ。まあそれに近い形で私も今のダンナに会ったので人のことはいえません 汗

さて、空港を往復してカルダメナに戻った後。本1冊と雑誌一冊、コーヒー一杯とパン屋のほうれん草パイ、近くのスーパーで少し食材調達し、ちょっとウィンドウショッピング。そしてビール2杯で5時間潰しました。そして帰りの船で爆睡しました(朝、早いんですよ!) ^^;

b0193316_604267.jpg

帰りに港で見たこの漁船。70年代も現役だったであろうボロさが絶妙。右側の壁に見える黒い穴は、燃えた後でした。何があったんだ!?その右はキャプテン アントニス号、まもなくニシロスーコスを行き来し始める観光船です。


↓始めました。応援して頂けたら恐縮です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-04 06:42 | コス島
ロシア語メニュー、はじめました。
意味不明なタイトルですみません。

ニシロス島を訪れる観光客は、だいたい2つの部類にわかれる。ギリシャ人も含むヨーロッパ人の長期休暇、それから、コス島に"All inclusive"の休暇に来ていて、そこから日帰りツアーで来るヨーロッパ人だ。前者は、島とつながりのある人(親戚など)、別荘を持っている人、そしてフリーキャンパーの若者達(ニシロスはフリーキャンピングが許されている数少ないギリシャの島のひとつ)を含む。後者は、ドイツ、オランダ、イギリス、東ヨーロッパなどから、青い空と海を求めてやってくる。

ところが去年から、ロシア人観光客の数が激増した。コス島でロシア人用パッケージツアーが始まった事が原因だろうが、詳しい事は、分からない。しかし、ひとつ言える事は富裕層の人々だということだ。カラマリのフライ、タコ、ロブスター、魚、ビール、ラキ(ギリシャの蒸留酒)、昼間っから頼もしい食べっぷり飲みっぷり(笑)。

ただ、ロシア人観光客の多くが英語を話さない。ということで。
b0193316_21262288.jpg

作ってみました(笑)。Google translateの力、おそるべし。

7月も今日で終わり。観光シーズンも前半終了です。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-01 02:16 | ニシロス