ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:レシピ ( 29 ) タグの人気記事
ギリシャのクリスマススウィーツ
ギリシャでクリスマスディナー、と言ってもメイン料理は各地方、各家庭それぞれだと思います。とにかく、各家庭のごちそうが並ぶんでしょう。

でもクリスマスのお菓子、と言ったらこれに決まりですね。

b0193316_21215280.jpg

ΜΕΛΟΜΑΚΑΡΟΝΑ(メロマカロナ)。スパイスの利いたクッキーにしみ込んだ蜂蜜入りのシロップと香ばしいクルミの香り。食感はクッキーとケーキの中間くらい。卵もバターも入っていません。

参考にしたレシピは

ギリシャ版、マスターシェフの優勝者、アキス ペトレジキスのレシピ。朝のテレビ番組でやってるんですが、「えっ!?」っていう怪しい料理を作るテレビシェフが多い中、彼の料理は結構まともで作ってみたくなるものも多いんです。

...好みじゃないけどイケメンなのもポイント 爆

手順としては、シロップを作り冷ましておく

粉(小麦粉とセモリナ粉)をよく混ぜておく

オイルとオレンジジュース、スパイスなどをよく混ぜておく

粉と水分を手早く混ぜる
いつまでも混ぜてるとオイルが分離します

成形して焼く

熱々を冷めたシロップに漬ける

完全に冷めたらできあがり〜

みじん切りのクルミをパラパラとかけるのは、味や食感もそうですがシロップに浸したクッキー同士がくっつくのを防止するためでもあります。

クッキーの生地には元のレシピより少ない量の砂糖を使ってます。シロップに漬ける訳でギリシャのお菓子らしくとっても甘いんですが、シロップに漬ける時間で甘さは大分コントロールできます。このレシピの20秒、だと甘すぎず丁度いい感じ。シロップは砂糖と水と蜂蜜をカップ1:1:1ですが、これだとちょっと甘め。

シロップをよくしみ込ませるコツは、シロップとクッキーの温度差。クッキーを冷ましてから熱々のシロップをしみ込ませる方法も。シロップの中に入れた時にクッキーが「ジュッ」と言うのが理想。

b0193316_22242333.jpg

これは第一弾、試作品。あんまりメロマカロナらしくないルックスはアーモンドとピスタチオなのと、焼きがちょっと甘かったかな。しっかり焼き色をつけます。生地に入れた砂糖は粉砂糖。市販のよりも色が淡い仕上がり。

一番上の写真は第二弾。焼き目はしっかり。生地に黒砂糖をいれたら見た目がちょっと市販のヤツっぽくなりました。

ちょっと大人味に仕上げたい人は、生地の水分(オレンジジュース)の一部をブランデーに替えても。

b0193316_2234617.jpg

もうひとつ、ギリシャのクリスマスクッキーといったらκουραμπιέδες(クラビエデス)。こちらはバターたっぷり、アーモンドたっぷりのサクサククッキー。このお菓子の起源は7世紀のペルシャのようです。他の地域ではわかりませんが、このお菓子は結婚式や洗礼式なんかでも作られます。

粉砂糖たっぷりの分、生地の甘みはかなり控えめにするとバランスよし。

ちなみに、ナッツの皮をとる方法。

b0193316_039425.jpg

アーモンドは熱湯に数分つけただけ。そのあと軽くロースト。

ピスタチオとくるみは、オーブンでローストした後適当な布で包み(私はダンナの古いシャツ 笑)優しく揉みます。少量ずつやるようがやり易いです。最後に篩にかけてやると粉々になった皮もきれいにとれます。

クラビエデスの味はなんとなく想像つくと思いますんで、メロマカロナの作り方を下記しておきます。


↓今日も読んで下さってありがとうございます〜

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

メロマカロナのレシピです
[PR]
by yetiherder | 2011-12-25 01:07 | ギリシャ料理
オーブンを使うなら
ギリシャ料理はオーブン料理が多いですが、うちのオーブンは大きめなのが難。

二人分の料理を作るだけに電気オーブンを使うと外のメーターがグルグル回りだして私の目も@_@;こうなるわけです。最近はこの私のケチ病がダンナにも感染しいい事...だよね?、さらにダンナの個人的なインドカレーブームの到来により(週3くらい?笑)オーブンを使う料理は減るばかり。

もちろん、たまには使いますけどね。で、使う時はどうせならと隙間を利用してほかにもいろいろオーブンに突っ込む訳です。

b0193316_2075563.jpg
Ρεβίθια στο Φούρνο (レヴィシア スト フルノ、ひよこ豆のオーブン焼き)

例えば、ひよこ豆。これのレシピは下記しておきますが、おつまみにもいいほっくりひよこ豆料理です。

b0193316_20113549.jpg
μπουγιουρντί (ブユルンディ、チーズのオーブン焼き)

フェタチーズ、ゴーダなどのチーズの上に、細かく切ったピーマンとトマトに唐辛子とオレガノを乗っけて焼いたμπουγιουρντί (ブユルンディ)。ものの10分でできるおつまみ。おいしいパンと、熱々をどうぞ(というか冷めたらまずいです)。メインの料理ができる間にこれを前菜に、なんていうのもありです。

b0193316_20162479.jpg

例えば、赤キャベツ。冬の肉料理の付け合せに。刻んだキャベツ、タマネギ少々、リンゴ少々に塩胡椒し、バルサミコ酢とオリーブオイル(又はバター)を振りかけてホイルを被せて蒸し焼きに。仕上げに10分ほどホイルを外して焼きます。フライパンでも作りますが、こうやってオーブンで作っても。

b0193316_2011613.jpg

もっと手間のかからないのは、もう丸ごとニンニクとかタマネギを放り込みます。

くったくったのブヨブヨになったタマネギとニンニクを皮から出し、ブレンダーでピュレ状にしたものを冷蔵庫(冷凍でも)に保存しておくと、すごく便利です。

前の記事のキャベツのサラダにのってるドレッシングは、これをベースに作ったドレッシング。焼き肉のたれとかなんでも本格っぽいソースができてしまう優れもの。

このピュレとトマト缶とオリーブオイル、それにお好みのハーブを足してミートボールやグリルしたチキンなんかを煮込むと、すっごく手間のかかったソースの味になります。

b0193316_20264182.jpg

これはなすを食べ易いサイズに切ってホイル蒸し。でも切らなくてもなんの野菜でもとにかく放り込んで結構ですよ。パプリカとか。

b0193316_20252943.jpg

レンコン、に見えますよね。でもこれサツマイモ。ヨーロッパのサツマイモって中がオレンジのが一般的ですが、これは生だとうすいクリーム色、火を通すと日本のサツマイモに近い黄色になります。味も質感も、日本のに近くて、サツマイモラブの私には有り難いです。アスティパレア島産。

ラップに包んでチンした後オーブンに放り込んだら「い〜しや〜きいも〜♪」気分。

ジャガイモでもいいですよね。茹でずにオーブンで仕上げたジャガイモはホックリしてて、マッシュポテトにするとすごくおいしいです。

そういう時は、きれいに洗ったジャガイモ(皮付き)を濡れたキッチンペーパーで包み、さらにアルミホイルで包んでオーブンへ。40分くらいで火が通ります。

b0193316_20554391.jpg

今回はそんなジャガイモを使って、ニョッキ。外でも家でもほとんど食べませんが、たまにはいいかな〜と作ってみたり。

オブーンを使う機会が増える冬、よかったら試してみてください。


↓今日もポチッと応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ひよこ豆のオーブン焼きレシピ
[PR]
by yetiherder | 2011-12-17 21:56 | ギリシャ料理: 野菜
あぶかもさんちのカツオ料理。
新鮮な魚が手に入ると、まずチェックするブログがあります。

あぶかもさんのブログです。

釣りと料理を楽しまれるあぶかもさんの料理は見ているだけでよだれもの。さっとできる一品から小料理屋で出てきそうなうっとりしてしまうごちそうまで美しい写真つきで解説。捌いて下処理してくれる魚屋のないこの島、自分で捌いて身からアラからまるごと一匹料理するあぶかもさんのスタイルは非常に参考になります。魚好きの人にはたまらないブログです。

ということで、カツオシリーズ(?)第二弾はあぶかもさんを参考に。

b0193316_332159.jpg

見た目は大分違いますが、カツオのタタキ・バルサミコ醤油丼です。

ニンニクチップを乗せないかわりに、ご飯はガーリックライスにしました。青菜はルッコラで。鱗をとるために皮を削いでたら汚くなったんで(汗)剥いじゃいました。上達の余地、大アリ。

b0193316_37616.jpg

これね、実は血合でユッケにしようとしていたんです。

...そこにダンナ帰宅 (゚Д゚;) 生食を固く禁止されている嫁はおとなしく、椎茸ネギと炒めてジャージャー麺風にして食べましたとさ。これはこれでおいしいかったんですけどね。

b0193316_3131312.jpg

こちらはカツオの茶茹で節。ほうじ茶に醤油を加えた煮汁で茹でます。皮は剥いであるんでガーゼでは包まず。でもきれいに茹だりました。すごく上品なお味。

b0193316_3163965.jpg

茶ゆで節でカツオご飯も。シンプルでおいしいです。あえて言えば、鰹節はいらなかったなぁ。あぶかもさんは大葉の千切りでしたね。うん。

b0193316_3193461.jpg

写真とる前にタレ掛け忘れたカツオのつくね焼き

枝豆はないのでキクラゲで食感を足して。あぶかもさんのが粗挽きならウチのはどちらかと言うとすり身ですが、しっとりシューシーでびっくり。芥子をつけて食べるのもおいしかったです。

レシピはあぶかもさん参照。おいしそ〜な写真も私のよりよっぽど参考になりますよ!

酒盗もまた仕込みました。今年はよく熟成させてみたいと思います。

明日からまたロードスなんで、カツオシリーズは第三弾はまた後ほど...

↓今日も訪問毎度アリ〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-09 03:33 | 魚料理
ロシア風オムレツに挑戦
b0193316_19275474.jpg


シベリアのどこかからエキゾチックなロシア料理を紹介する越後屋さんのブログで気になっていたロシア風オムレツを作ってみました。

レシピはこちらから。

よく泡立てて牛乳を多めに入れてオーブンで焼く、ふわっとタイプのオムレツ。焼きプリンぽい質感というのに妙に引かれたのでした。

泡立てが甘かったか、牛乳が多かったかふわっと感はイマイチ。でもでも

b0193316_19284437.jpg

見てくださいこのフルフル感。焼きプリン風というのに納得。茶碗蒸しを焼いたらこうなるんじゃないかという優しい味。私の中ではアリですね〜すごく気に入りました。

オーブンはまだちょっと暑いので、じっくり弱火でフライパンで焼いた後グリルで表面を焼きました。もしかしたらこの間に泡がつぶれちゃったのかも。

もう少し涼しくなったらオーブンで再挑戦したいです。

ごちそうさまでした!


↓ 今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-09-14 19:35 | 卵料理
簡単♪ミシュラントマトスープ
星には特に興味もご縁もない私ですが、ミシュランシェフ、レイモン ブランのとあるレシピはおいしいトマトが手に入ったら是非作りたいと思っていました。

b0193316_168558.jpg

その名も「トマトのエッセンス」、BBCのテレビ番組でむか〜し見たやつです(レシピはこちら

4人前に2.5キロのトマトとありますから、またまた贅沢です。
トマトは木の上で完熟したミニトマトを使うとあります。

b0193316_16132739.jpg

私は義父のトマトを使いました。

少ない水、肥料と農薬はいっさいなしで育てられたこのトマトは、私が食べた事のあるトマトのなかで一番です。小振りで皮がかなり固いので湯剥きしますが、その濃厚な味は一口食べたら市販のトマトなんて口にできないくらいです。プラムトマトが手に入る方はそれでもいいと思います。いつもはトマトソースにしてしまう虫喰いの痕があったものを切り取りながら使いました。


材料

2.5キロ ミニトマト
1茎 セロリ
小1 シャロット又はタマネギ
1/2 フェンネル
小1片 にんにく
2枝 タイム
4枚 タラゴンの葉
1つかみ バジル
1摘み カイエンペッパー
大さじ1 砂糖
5滴 ウスターソース
3滴 タバスコ

作り方

すべての材料をみじん切りにする。

塩大さじ1とボールに入れて混ぜ、ラップをかけて6時間マリネする。

b0193316_19341618.jpg

この時点でめっちゃおいしい!

ミキサーで軽く攪拌してさらしなどでジュースを漉す。

絞ってはいけませんよ!15分ほど、放っておきます。

味を調節して盛りつけます。

湯剥きしてタネを取り刻んだトマトを器の真ん中に盛り、
バジルとオリーヴオイルを仕上げに。

私はいい生のバジルがないので、ペストですが ^^;

よく冷やして頂きます。前日に作り置きも可能。

お味は...お上品でスッと体に吸い込まれる感じ。

家でのご飯作りは食べるためのご飯作り。

でもたまにはこうやってちょっとシャレたものもいいなあと思ったのでした。

ちなみに残ったトマトの「搾りかす」はソースなどに。

b0193316_21355754.jpg

で、ひよこ豆と煮込んだら... 焦げた 

水分抜いてあるんだったネ... 

でもチーズたっぷりでおいしゅうございました。


↓今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-08-24 21:40 | 野菜料理
昔むかしのトマトのはなし。
b0193316_2544590.jpg

サラダに煮込みに詰め物に、ギリシャ料理に欠かせない食材、トマト。

でもギリシャでトマトが広まったのは他のヨーロッパ諸国よりもずっと後なんです。

ギリシャのトマトにまつわる、面白い記事を発見したので(元の記事はこちら)今日はちょっとギリシャのトマトの歴史について。

16世紀に南アメリカからスペイン人によって持ち帰られたトマトがギリシャ本土に広まったのは19世紀始めのこと。

しかし18世紀始めイタリアにほど近い当時ヴェネチアの支配下にあったコルフ島では、スペイン系ユダヤ人によって持ち込まれたトマトが食用されていたようです。
b0193316_403697.jpg


Στραπατσάδα(ストラパッツァダ)はそんなユダヤ系の料理。イタリア語でスクランブルエッグを意味するuova strapazzateに由来する名前で、みじん切り(又はすりおろした)トマトをオリーヴオイルで炒めて卵を加えた卵料理です。

ナポリでは1692年に「スペイン風トマトソース」のレシピが出版され、イギリスやアメリカでも18世紀後半の料理本にはトマトが出てきます。

1820年頃のギリシャ本土は貧しく、トルコからの独立戦争で正直トマトどころじゃなかったでしょうが、キクラデスなどの島々は商業で栄え、コスモポリタンで、比較的生活にも余裕があったようです。そんな背景もあってか、ギリシャで最初の料理本はアテネではなく、キクラデスにあるシロス島で1827年に出版されたのです。

ギリシャは食べ物に関して保守的な人が多いですから、新しい食材を取り入れるのも躊躇した人が多かったようです。料理本が出版されたと言っても、字が読める、トマトが手に入る、新しい食材に挑戦する好奇心がある、とすべて揃った人はそういなかったでしょう。「おいしい食材発見!」というより実際は「この見た事のないフルーツをいかにして食べるか」といった方が正確でしょう。

この料理本にはトマト料理が2つ載っています。

ひとつは、「半分に切ったトマトをくり抜き、レバーとスパイスを詰め、卵にくぐらせパン粉をつけて揚げる」というもの。

b0193316_527117.jpg

もうひとつは、「バターで焼いた(揚げた)卵をトマト、玉ネギ、ハーブ、塩漬けイワシと魚の出汁で作ったソースで食す」というもの。

焼くのが面倒なんで(汗)作ったソースの中でポーチしてみました。こんな感じかしら?

両方とも朝食にもってこいですよ。現代人の口にもバッチリ合います(笑)でも卵とあわせるのが多いのは卵との相性がいいからなのか、それとも昔はもっと卵を頻繁に食べていたことの現れなのかは???です。

この後1839年に初めてトマトとパスタの組み合わせがイタリアの料理本に見られます。

この「トマトソース」でトマトが一躍台所の必須品になって行く訳です。

ということは、生のトマトが食べられるようになったのはもっと後の事なんですね〜。

これだけトマト大好きの国ギリシャなのに、その歴史の浅さにびっくりしたのでした。

↓今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-08-23 05:57 | ギリシャ料理: 野菜
冷やし中華三昧。
今日はギリシャネタ放置して、ガッツリ食べます!

ただ、3日連続、起きた瞬間から冷やし中華が食べたい @_@; という日が続きました。ただ課題は醤油がほとんどないということ。ということでタレにちょっと工夫。

b0193316_22204599.jpg

私の中のザ・冷やし中華はこんな感じ。大さじ1ほどの醤油はここで終了。練りゴマ(タヒニ)を加えてゴマだれで。

b0193316_22223891.jpg

こちらはさっぱりトマト麺。

湯剥きしたトマトは梅カツオ、ナンプラーで味付けし、水にさらしたタマネギ、鰹節と熱々に熱したごま油を仕上げに。

b0193316_22273143.jpg

蒸しナス麺。甘辛い味噌ベースにナンプラーであえて、トッピングにはから煎りした松山あげとゴマ。

どれも麺は細めのスパゲッティーを重曹入りのお湯で茹でたニセ中華麺で。あと、タレは上からかけるように少々取り分けて、残りは盛りつける前に麺と和えちゃいます。そっちの方が味がまんべんなく回って、部分的にしょっぱい、ってことがないんですよね。

あ〜ごちそうさまでした〜♪

松山あげといえば

b0193316_22314342.jpg

親子丼風に卵とじにして完食しました。noreizokoさん、ごちそうさまでした!

今回活躍したナンプラー、匂いが苦手な方もいるかもしれませんが我が家では大活躍です。使っているのはこれ

b0193316_22342943.jpg

...なんですが、カニ、エビ、イカにマナガツオの贅沢な写真とは裏腹に

b0193316_22353091.jpg

材料はイワシだけ...

日本じゃ「写真はイメージです」とか書いてあるんだけどね 苦笑

今日もポチッとありがとうございます ^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-08-10 22:44 | ご飯 麺 粉もの
ロードスの郷土料理:ピタルーディア
b0193316_4141846.jpg

今日の主役はひよこ豆です。

ΚΕΦΤΕΔΕΣ(ケフテデス)と分類される料理は、ギリシャ各地のタヴェルナのメニューにありますね。

揚げた肉団子がケフテデス、ですがいろいろな野菜をつないで揚げた「ホニャララケフテデス」は数知れず。

ナスで作ったΜελιτζανοκεφτεδες (メリツァノケフテデス)やズッキーニ、トマト、かぼちゃ、葉もの、どんな野菜でも作れます。ひよこ豆で作ったレヴィソケフテデスはニシロスではΠΙΤΙΑ(ピティア)と呼ばれてますが、お隣ロードス島ではΠΙΤΑΡΟΥΔΙΑ(ピタルーディア)と呼ばれています。

b0193316_3545631.jpg

レシピはΠΙΤΙΑ(ピティア)のレシピとほぼ一緒ですが、料理好きの叔母によると、ロードス島のはミントが入っているのが特徴のよう。私は小麦粉はできるだけ少なく入れて作りますが、小麦粉が多めでちょっとフニャ、っとした食感の物もあります。まあ、村によってもレシピが違うようで、とあるピタルーディアはタマネギとクミンに小麦粉たっぷり、ひよこ豆の全くないっていない「クレミドケフテデス」でした(そして不味かった 爆)。叔母が作るのは生のミントたっぷりで緑が濃くてきれいなんで、茹でたほうれん草で緑を足しました。

b0193316_3593142.jpg

春に収穫して乾燥させておいたミントを大さじ2ほど。ダンナの祖母はミントを乾燥させるのに、こうして束にしたものを枕に入れて寝て乾燥させたそう。目がスースーしそうだけど...乾燥している今の季節、台所にほっておいたって数日でカラッカラに乾きますけどね、そんなに頑張らなくても... ^^;

フムスとヨーグルトのディップも用意したら味に変化が出てまたおいしいです。

b0193316_48933.jpg

もともと大好きな豆、特に今はクセのなくさっぱりした味で食べ易いのと栄養価が高い事もありよく食べてます。これはダンナの祖母が作ってくれたスープ。アレもコレも駄目な食事制限が多い祖母の作るこのスープはあっさりしてて塩分も控えめ、正直普段は物足りないスミマセン...味なんですが、今はもう、最高!節電中の日本の皆さんには申し訳ないんですが、クーラー効かせた部屋でフーフーしながら食べました。

また明日、ロードス島へ行きます。早朝の出発まで7時間ちょっと。長い一日になりそうです。

↓今日も応援、ありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-07-21 04:39 | ギリシャ料理: 野菜
カタクチイワシ、レシピ求む。
先週ちょっと用があって行ったカルダメナには知り合いの経営するレストランがあります。

同業者ということで会うといつも店の話になるのですが、今カルダメナのレストランで売れているディッシュがあるといいます。それが、カタクチイワシ、アンチョヴィ、ギリシャ語でΓΑΥΡΟΣ(ガヴロス)。

じゃあちょっくら試してみるかと冷凍の物を5キロほど取り寄せてみました。もちろん、自分用に少し取り分けましたよ ^^

下処理されていないのでちょっと面倒ですが、捌いてみるとあら、結構質がいい。アンチョヴィの酢漬け、好きなのよね... でも冷凍だし...

b0193316_6133175.jpg

...と作ってみたらやっぱりいけるじゃないですか。日本米があったら握りにしたくなる味です。

手開きして塩をして1時間ほど置いた後塩を落とし、お酢、オリーヴオイル、ディル、ニンニクのスライス少々でマリネする事半日以上。生っぽさがなく、身が中まで白くなった状態が食べごろ。白いんげんと獲れたてトマトと一緒に。

店では小麦粉を軽くはたいて揚げた物を今週のスペシャルに加えました。

b0193316_6182345.jpg

家で揚げてみましたが、結構しっかり揚げたほうがいいようです。あと、すごく油が跳ねる 汗

b0193316_6192365.jpg

レモンもいいけど個人的にはお酢の方が好みです。お酢にニンニクのスライスと赤唐辛子少々を漬けておいた物に豪快に浸す!んまいです。骨も気にならない柔らかさです。

さて、メニューに加えて1週間近く経つんですが、売れ行きは...

正直、イマイチ 爆

そういえば、言い出しっぺの彼のレストランには無かったよね、コレ...

責任とって、私が食べる事になりそうです ^^;

おすすめの食べ方知っていたら教えてくださ〜い♪


↓今日も読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-06-29 06:35 | 魚料理
洋風鯛めしはいかが?
タイ科の魚は本当に種類が多いですよね。

b0193316_6281196.jpg

今日はΣυναγρίδα(シナグリダ)、キダイの仲間を食します。ラテン名はDentex dentex、英語名はCommon dentex。真鯛より味は劣りますが、あっさりしていて鯛の味は楽しめます。

b0193316_6315331.jpg

大振りのは捌いて、皮つきをさっとあぶってお刺身に...と思ったのですが、寄生虫発見。

炙るから平気か...でも見ちゃったら何となく嫌 笑

で、皮のすぐ下に寄生するんで、皮を剥ぎ、よくチェックした後塩とレモンでさっと〆て、カルパッチョに。パセリ、新タマで作ったサルサを添えて。さっぱり、夏の味。

そうそう、こんなに薄く切るのは難しいですよね。私はできるだけ薄く削ぎ切りにした後、叩いて伸ばしてます。味も染み易くなります。

b0193316_6343128.jpg

すり身を作ってズッキーニに詰めてアラでとった和風出汁で。前日朝の4時まで飲んでいた体に染み渡る味でした 爆

b0193316_6362624.jpg

丸ごとオーブン焼き。義父の新ジャガといんげんも一緒に、レモン、オレガノ、オリーブオイルとニンニクでシンプルに。

b0193316_6382671.jpg

これは別種の鯛だと思うんですが、義母が焼いたのをΣυναγρίδαと言ってくれました。顔つき違うでしょ。皮も赤みが強いし。味ももっと真鯛っぽいです。でも真鯛とは頭の形がちょっと違う。うーん。多分、Pagellus erythrinus、英名Common pandora、ギリシャ語名λυθρίνι(リスリニ)だと思います。

ともかく、鯛飯にしてみました。お米はギリシャのグラッセという、軽く粘りのあるお米。詰め物からピラフからスパナコリゾから、幅広く使えるお米です。ハーブはディルで。残ってたひよこ豆もご飯に入れちゃいました。

で、食べ方ですが

b0193316_655823.jpg

ローストした赤ピーマン、青、黒オリーブ、ケッパーの実をほぐした身とともに混ぜて。モッチリした日本米じゃないので、こうするとよりしっとり食べられる気がします。こちらもあっさりと食べれる夏仕様の鯛めしです。

ところでこのピンクのスチーム鍋、電子レンジでいろいろ調理できるという事で日本で買いました。暑い夏は電子レンジ、便利ですよね。ご飯はコレで炊いたんですが、ちょっと問題が。

なんか臭うんですよ。ゴム臭いというか。これってレンジのワット数が高過ぎるんでしょうか?それともこのブランドが良くなかったのか。200℃のオーブンも大丈夫、ということなんですが、なんか怖くて使えません。それどころか、この鯛めしの他はほんの数回しか使ってません。

うーん...知っている方いたら教えてください。


↓今日も応援、ありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-06-20 07:07 | 魚料理