ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ニシロス島 ( 45 ) タグの人気記事
Αγιος θεολογος(聖ヨハネ)のお祭り
b0193316_22225878.jpg

昨日は丘の上にそびえ立つニキア村のすぐそばにあるアギオスセオロゴス修道院のお祭り。写真はクレーターからみた写真。風のある日は結構硫黄くさい。

中には古くから伝わる絵画が祭られている。
b0193316_22255325.jpg

この島のお祭りは少なくとも年に10回はある。内容はどこもあまり変わらなく、飲んで食べて歌って踊る、というもの。
b0193316_2224414.jpg

みな顔見知り、いつもの音楽にいつもの踊り。
客寄せのためでもなく、毎年なにを変える訳でもなく。
お年寄りも子供達も、金持ちも貧乏もみんな一緒に、自分たちが楽しむためのお祭り。
それは昔とかわらぬ風景。

島の人による、島の人のための大切なイベント。

お祭りのある生活、っていいですね。
[PR]
by yetiherder | 2010-09-26 22:26 | ニシロス
Σταυρος(スタヴロス)修道院のお祭り
14日の夜は毎年恒例のお祭りでした。島で一番大きいお祭りではないでしょうか。

場所は火山の近くの山の中。砂利道で行きにくい場所ですが、この日はバスもでています。

ちょっと遅れて到着した私たち。既に人でいっぱいです。
b0193316_2395474.jpg

伝統的な音楽が鳴り響き、せまい通路を手をつなぎ合って陽気に踊る地元の人たち、目が合うものならダンスの輪の中へ引き入れられます。何種類かステップがあって、それを覚えてしまえば結構簡単です。
b0193316_2423120.jpg

ちょっと見難いかもしれませんが、ダンスの先頭に立つ人は赤いハンカチを手に持ちます。基本のステップに自分でアレンジを加えて見ている人を魅了する、だいたい踊りが得意な人が先頭に立ちます。ダンスに参加したい人は列のどこにでも割り込めますが、先頭の人は曲が終わるまで交代しません。
b0193316_2453683.jpg

さあ、踊ってお腹もすいてきた頃に料理ができ始めます。今日は毎年恒例のヤギ料理。キッチンは大釜で炊き出し、山のようなギリシャ風サラダ、ポテトサラダにパンもすごい量です。トマトソースで柔らかく煮られたヤギとお米がメイン、またヤギのレバーの煮付けもあります。
b0193316_2482744.jpg

そういえば一応修道院でのお祭りでしたね(笑)ここ、スタヴロス修道院のアイコンが運ばれ、皆さん胸で十字架を切り、アイコンにキスをします。元々はどういうお祭りなのかは実は謎です。ダンナに聞いても知りませんでした。宗教的な意味はかなり薄れているように感じます。
b0193316_2515114.jpg

こんな古い写真も中に飾られています。

そうして飲んで食べて踊っている間に夜は老けて行くのでした。ちなみに朝の4時に帰宅。次の日の仕事は辛かった...自業自得ですね(笑)

以上、超短いですがお祭りレポートでした!
[PR]
by yetiherder | 2010-09-16 02:55 | ニシロス
ニシロスのビーチ:παχια αμμος (パヒャ アモス)で事件
b0193316_3332850.jpg

「厚い砂」という名前のビーチです。大粒の茶色い砂はやはり火山の島のビーチという感じがします。島の南東の道の終点(行き止まり)から、細く険しい道を1キロくらい歩いた所にあります(ビーサンはかなり危険です(^^);)。全長350mほどの無人島にいるような気分になれるビーチです。

ニシロスはギリシャ国内でフリーキャンプができる数少ない島のひとつです。指定された地域以外でのキャンプは法律違反となります。そしてニシロスでのフリーキャンプ指定地域はこのパヒャアモスビーチです。***9月1日訂正***フリーキャンプは法律違反です!8月の間に1000人近いギリシャの若者たちが訪れます。今年からはシャワーが設置され、ますます使い勝手がよくなったそうです。

しかし日陰もない、店もない、車かバイクがないと行けない(バスもなし)、そういった環境で一緒にキャンプをする中でお互いに助け合ったり気の合う仲間ができたり、それもフリーキャンプの楽しみのひとつだと思います。

そんな中、盗難事件がありました。被害にあった私たちも知っている二人は夏の間この島に働きにきていた長期滞在者で、家賃もタダなのでこのビーチで生活していました。一人はラップトップに船のチケット、もう一人は洋服を大量に盗まれました。怪しまれるのは今朝の船で発った10人ほどのグループです。

「そんな事はよくある」と思われるかもしれません。今都市では毎日のように銀行強盗、窃盗のニュースを聞きます。しかし、この島は幸い盗みや泥棒とは無関係の島です。多くの家は鍵はドアにつけっぱなし、届け物が家の外に置かれていても盗まれるようなことはありません。強盗なんてもってのほか。だからといって油断は禁物ですが、そんなのどかさと安全さがこの島のいい所です。1つの盗難事件で評判が悪くなるのは非常に悲しい事です。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-30 03:34 | ニシロス
ロシア語メニュー、はじめました。
意味不明なタイトルですみません。

ニシロス島を訪れる観光客は、だいたい2つの部類にわかれる。ギリシャ人も含むヨーロッパ人の長期休暇、それから、コス島に"All inclusive"の休暇に来ていて、そこから日帰りツアーで来るヨーロッパ人だ。前者は、島とつながりのある人(親戚など)、別荘を持っている人、そしてフリーキャンパーの若者達(ニシロスはフリーキャンピングが許されている数少ないギリシャの島のひとつ)を含む。後者は、ドイツ、オランダ、イギリス、東ヨーロッパなどから、青い空と海を求めてやってくる。

ところが去年から、ロシア人観光客の数が激増した。コス島でロシア人用パッケージツアーが始まった事が原因だろうが、詳しい事は、分からない。しかし、ひとつ言える事は富裕層の人々だということだ。カラマリのフライ、タコ、ロブスター、魚、ビール、ラキ(ギリシャの蒸留酒)、昼間っから頼もしい食べっぷり飲みっぷり(笑)。

ただ、ロシア人観光客の多くが英語を話さない。ということで。
b0193316_21262288.jpg

作ってみました(笑)。Google translateの力、おそるべし。

7月も今日で終わり。観光シーズンも前半終了です。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-01 02:16 | ニシロス
ニシロス島
b0193316_21282755.jpg

ニシロス島は、サントリーニと並び火山で有名な島。直径100mほどのクレーターのなかを自由に歩けます。部分的に穴があいていたり、底が脆かったりするので注意が必要です。ビーサン履いてたり、危険な場所に近づきすぎたりで、火傷をした観光客も数人います。日本だったら、完璧に「立ち入り禁止」ですね 笑 

「サントリーニの夕日は世界一きれい」なんて書いてある旅行情報誌もありますが、火山はニシロスの方がすごい!あ、でも夕日もきれいですよ、空気がきれいだから。
[PR]
by yetiherder | 2010-07-27 21:27 | ニシロス