ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ニシロス島 ( 45 ) タグの人気記事
華のある暮らし
花を見て心和む

というのは世界共通ですね。

殺風景なうちの食堂もお花にずいぶん助けられています。

最も、食堂なので蜂や虫を引きつける花はNG。海に面しているので塩に弱い植物も駄目(これが難しいのです)。

b0193316_7181418.jpg

これは、今年「海風に当たっても大丈夫」と言われて買ったやつ。食べれない植物には疎いので ^^;名前が分からないのですが、今の所、ごらんのように元気に育っています。

b0193316_720156.jpg

毎年、シーズンの終わりには瀕死の状態のジェラニウム。葉っぱがすでに枯れ始めているのが分かりますか?潮風の影響です。枯れ尽きる植物を見ているのは寂しいものなのですが、毎年冬の間に復活してカムバックしている、なかなかの強者です。

b0193316_7245387.jpg

こちらも今年から仲間に加わったペチュニア。これも潮風大丈夫のよう。柔らかな花びらが風にそよげば、暑さも一瞬和らぎます。あくまでも、一瞬ですが 笑

b0193316_7265959.jpg

枯れ果てた幹の葡萄。もう、今年は駄目だろう、と毎年言われながらちゃんと芽を出す。この写真は1週間くらい前に取ったんですが、今は青々と茂っています。海風に当たった所から茶色くなってしまうんですが、霧吹きでできるだけ塩を落としながら面倒見ています。

ローメインテナンスで、海風に強く、花も咲かせる植物、と言ったらこれ!

b0193316_7321790.jpg

ケッパー、ギリシャではカパリ。ここらの島では実ではなく、若葉を酢漬けにしたのをギリシャ風サラダに乗せて食べます。でもコレ、野生ではわんさか育つものの、自分で育てるのは困難なんだそう。肥料や水をやりすぎる、人間の悪いクセですかね。

さて、今夜の晩酌の肴には

b0193316_7355988.jpg


店のムサカ用に揚げたナスのあまりを頂戴し、フェタ、カパリの葉の酢漬けとバルサミコで。油を吸い易いナスは揚げるのを敬遠しがちですが、やっぱり油で揚げると美味しいです。カロリーは忘れてたまには揚げましょう。短い人生ですし 爆

キッチンペーパーを押し付けてできるだけ油を取るのがせめてもの気休め!?

↓今日もぽちっと、ありがとうございます ^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-06-11 07:44 | 食堂
Kaput!
カプット、つまりご臨終〜

形あるもの、いつかは壊れる。

先日歯医者に行った時、穴をあけた私の前歯を一目見た歯医者さんの一言。

b0193316_648615.jpg

日焼けからどんなサンダルか想像して下さい 笑 こちらのサンダル、クラークスので良かったんですけどね。皮が伸びてこちらもご臨終。

b0193316_6545325.jpg

ロードス島でたまたま入った薬局で見つけたサンダルにしました。薬局で買ったらなんか足によさそうじゃないですか 笑 W日焼けで足がまだらになりそうな予感... ^^;

b0193316_6565898.jpg

もうひとつKaput! うちの電気コンロ。15年以上前のなんですよ。オーブンの機能を示す印も温度のマークも消えて、熱くなる部分はさびだらけ。クーラーもオーブンも暖房も使ってないのになんでこんなに電気代が高いんだ!と義母に話していたら買ってもらっちゃった♪ おいおい...

という訳で壊れたもの特集でした。

b0193316_71871.jpg

今週はぐっと暑くなりました。売れ行きがイマイチだったアイスクリームも売れ始めました。でも義父の食べるアイスの量が半端じゃないんで、本当に利益がでているのか!?と思ってしまいます ^^;で、焦ってこんなサインも書いてみたり。

b0193316_735949.jpg

甘いもの、好きですか?ギリシャの、甘ーい甘ーいお菓子、バクラヴァとカダイフィもおいてます。ギリシャ風コーヒーとどうぞ。

↓今日もぽっちと、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-06-05 07:13 | つぶやき
猫好きにささげます
義父の畑にまた行きました。今年一番の暑さで一気に日焼けしました。

b0193316_6285831.jpg
腹減ったにゃん

義父は島でも有名な猫狂い。畑、家、道のいたる所にいる猫達の世話をしています。義父のバイク、車の音を聞きつけて猫が集まる様は、猫アレルギーの私、そして島が被る猫の被害を考えると複雑な心境です。

まあ結局、人間が悪いんですけどね。

b0193316_6315190.jpg
だから、そんな目で見ないで下さい。

b0193316_6331353.jpg

出産期のねこたち。生まれたてのが4匹いました。目も開かないで一日中寝ている子猫ちゃんたち。これは卑怯なほどかわいい... バイクが多いニシロスでは、道でひかれている子猫もたくさんいます。

b0193316_6361926.jpg

ギリシャのどこへ行っても野良猫はいるけれど、この島ほど猫の多い島も珍しいはず。ニシロスの野良猫たちは、片目がつぶれていたり、盲目だったり、足が1足なかったり、ブサイクな猫ちゃんばっかです。義父はそんな猫達を集めて世話をしてるんです。警戒心が強い猫達も義父の手にかかるとこの様子。最低給料が700ユーロのこの国で月に500ユーロを猫に費やしている様子。自分の金で何しようと人の勝手だけれど、それで金がない、とか言われてもね... 汗 ああ複雑。

畑の写真、撮ってきたのでその様子はまた次回お伝えします。

b0193316_6422875.jpg
\

仕事からそのまま行ったにしても、履いて行く靴のチョイスが悪すぎ 笑 写真じゃよくわかりませんが砂埃でじゃりじゃりになりました。サンダル焼け... 太陽の国、ギリシャでは避けられないでしょ ^^;

↓応援ありがとうございます〜

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-23 06:56 | ニシロス
呆れてモノも言えないわ...
b0193316_422266.jpg

...ので、書きました 笑

「心は永遠に15歳」がモットー、いつまでもやんちゃ坊主のウチのダンナです。レントゲンを撮るためにコス島へ。こういう時、本当に不便です。診療所で借りてきた松葉杖は左右違うし 汗

b0193316_4254688.jpg
カルダメナ、再び。


幸い、折れてはいませんでした。が、もちろんしばらく休養。そんな時に限ってアテネから1トンの油トラック1台分のトイレットペーパーが到着。この数日で腕がムキムキになった気が... 笑

でもカルダメナに一泊して息抜きになった気もします。気になっていたレストランに入ってみたら良かったので紹介します。

Pictures of Avli Restaurant, Kardamena

メインスクウェア近くの小道を入った所にあるΑΥΛΙ(アヴリ)というレストランです。港沿いのレストランよりお値段もお得で料理もおいしかったです。サービスも感じがよく、地元の人が入っているのもオイシイお店の証。

お店のホームページはあんまり情報がありませんが口コミ情報はここから(英語)。

そして今朝の観光船で帰途につく。
b0193316_457342.jpg

ヤリ島を通って

b0193316_459872.jpg

ニシロスへ。ただいま。

これからしばらく、2倍忙しくなりそうです。


↓応援、ありがとうございます☼

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-16 05:04 | つぶやき
エイプリルフールは永遠に。
いや、地震は本当にありましたよ 笑


今年のエイプリルフールに薬局のおばちゃんがやったネタ
の続きです。

b0193316_6293100.jpg
ジャジャーン。

「中国何でも屋、まもなくオープン! 想像を絶する無敵の値段!!」

漢方薬局のネタうけが良かったのに気をよくしたのか、すごい気合いの入ったポスター。私たち自宅の向かいの空き家を物置用に借りたのですが、そこに貼って!とのご要望。上のキャッチフレーズを書き加え、夜中にこそっと貼りました。

なんで中国なのかと言うと、島の大半の人が私が中国人だと思ってるからです 笑 それどころか、日本がどこにあるのかすら知らない人がほとんどです。年寄りが知らないのはまだしも、若い人たちが知らないのはちょっとギリシャの将来が心配になります 汗 逆に、義父のように昔船乗りだった年配の人たちは「ヨコハーマ」とか「コーベ」とか知ってます。港町ばかりなので逆に私が知らない地方の地名がでてくることも。

そして今朝。ダンナが家を出てすぐ、近所のおばちゃんたちの質問攻めに みんな〜ちょっとは疑ってよ〜 笑 家の中で聞いてて大笑いでした。

...いたずらって楽しい♪  ^o^

↴ ポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-11 06:54 | つぶやき
地震がありました。
昨夜火山の記事をかいたばかり。恐ろしい偶然です。
b0193316_3114941.jpg

震源地はニシロスから9キロほどの海底、M5.1。

詳しくはこちらで(英語)

私の住むマンドラキはたいした被害がありませんでした。震度3くらいだと思います。朝の9時50分、レストランでコーヒーを飲んでいたらいきなりグラッと強く揺れその後は1分も揺れませんでした。

キッチンから出てきた義父が一言、「薬飲み過ぎたかな、なんかくらくらする」

...って地震ですよ、おとっつぁん 爆笑

震源地に近いパリの港町では窓ガラスが割れたり被害がありましたが、津波はなく、負傷者もいませんでした。
b0193316_33724100.jpg


見ての通り、マンドラキは海ギリギリに建てられているんです。我が家も海から数メートル、津波が来たら正直終わりです。

その後はもう過去の地震の話で持ち切り。

b0193316_421214.jpg
アスクレピオンの遺跡、コス島
1933年にコス島の中心、コスタウンが壊滅し178人が亡くなった大地震。震源地はニシロスとコス島のあいだ(コス島をサンドイッチするように北と南に海底断層があります)でM6.6。

この地震を経験した90歳のダンナの祖母いわく、

「畑にいたらシリモチついたのよ、怖かった〜」... オンナは強い...

1981年にM6.7の地震がアテネを襲った時。お土産屋のおっちゃんが鼻息を荒くして語ります(日曜日はお客が少なくて暇なんです)。

「タヴェルナのウェイターでギリシャ風サラダをお盆に乗せて持って行ったらさ、上にのっけたフェタが震動で床に落ちちゃって。地震でパニクってて誰もみてなかったからまた乗っけてそのまま出しちゃった」

...返事のしように困りました。

1996〜97年にニシロスでは毎日ずーっと揺れている、という時期があったそうです。そのとき義母は建物の中に籠っているのがこわくって1週間ほどレストラン(客席は外です)で野宿したとか。

b0193316_491573.jpg

1999年、アテネから17kmが震源地のM6.0の地震は経験した方もいられると思います。うちのダンナはアテネでタクシーの運転手をしていました。空港にお客さんを連れて行く最中でしたが、それよりも2日前に生まれたばかりの病院にいる息子が気がかりだったそうです。

ちなみに横浜にいる実家の父は3月の大地震のその瞬間、その日買ったテレビを接続中。テレビを片手に祖父が集めていたコケシ(数十体あって、結構不気味。)を守るのに必死だったそうです。

笑い事では決してないですが、こういう瞬間にその人の人柄が現れると思いますね。その瞬間、何を考え、誰を想い、どんな行動をとるか。例えば海外のニュースでも、東京のスーパーで困惑しながらも棚に並ぶお酒が落ちないように手で押さえている店員さんの映像が流れ、(それだけじゃないですが)落ち着いた日本人の対応が褒められていました。

...今年から雇っているルーマニア人の女の子は地震経験はコレが2回目(2週間ほど前にクレタ島沖で地震がありました)。

「地震、好きじゃない。(私に向かって)次はいつ起こるの?」

...予知できたらニシロスで食堂なんてやってないって 笑

↓応援、ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-09 04:31 | ニシロス
ニシロスと言えば、火山!
b0193316_5263813.jpg

これだけはギリシャで一番!と誇れる物があるとすれば、それはカルデラです。他に火山で有名な場所はギリシャではサントリーニですが、火山に関してはサントリーニより地層学的にも地球物理学においても個人的には興味深いです。

b0193316_5343049.jpg

こうやってみると島がカルデラを中心にドーナッツ状になっているのがわかります。上の大きな島はコス島です。

タイトルの自己紹介にも書いてますが、もともとニシロスに来たときは火山研究者のはしくれでした。火山学と一口に言っても全く別の分野の研究をしていたんですが、なんせ「エーゲ海の島だし一回は行ってみたいな〜」と言う軽い気持ちで教授に連れてってもらったら結局居座ってしまったのです ^^;

あんまりオタクな事を書くとすぐ眠くなるzzzと思うのでサクッと書きますね 笑

約15万年前の海底噴火によりニシロス島は誕生し、約2万年前の噴火によってカルデラ(要するに噴火の勢いで地上が陥没し穴があいた状態です)ができたと考えられています。カルデラ(クレーターが5つほどあります)の全直径は3.8キロ、島の直径は8キロほどです。

その後何度か水蒸気爆発を繰り返し、現在は「休眠中」です。システムの中に水があると地層の変化が激しくいろいろ時代の特定が難しくなるのですが、それもまた面白みの一つ。カルデラの雰囲気的には箱根の大湧谷とちょっと似ています。穴がポコポコ開いていてそこから水蒸気と硫黄、ミネラルの化合物が吹き出しています。

b0193316_558261.jpg

現在地下数十センチは100度以上、マグマの深さは3〜4kmと浅く、地下1.7キロでは500度以上に達します。硫黄が結晶化して黄色くなっているの、わかりますか?めっちゃ臭いです 笑 

ココで注意!

b0193316_611184.jpg

直径150〜200mのクレーター、ステファノスクレーターは入る事ができますが、近年足場が悪く火傷を負う観光客が増えています。クレーターを歩きたい方は是非ブーツを(運動靴は平気ですがサンダルは駄目です!)着用して下さい。クレーターまでくだる道も足場が悪いので。そして、薄い氷の上を歩いてる感じがしたら(行けばすぐ分かります)その場からゆっくり離れてください。

もう一つ。何があってもクレーター内で座っては駄目です。水蒸気に混じって出ている硫黄化合物は(体の)水分と反応すると強力な酸性になります。一緒にいった研究者の女の子は重労働に疲れうっかり座ったらズボンのケツに穴が...男性陣はうれしそうに笑っていましたが。私も座りませんでしたが、砂埃の被る靴下は穴があきまくり、汗をかいたTシャツは洗濯したらケミカルジーンズのように。外した銀の指輪を迂闊に一晩岩の上に忘れて置いたら翌日真っ黒になってました。

b0193316_613794.jpg

これはGPSを正確に(±2〜3mm)測る機械。火山の活動を計るにはそれの基準になるものが必要です。島中に5カ所ほどベースステーションを置き、一日に2回計測します。

b0193316_616372.jpg

同様に地震データもベースステーションを設けて測ります。この機械、空港の手荷物チェックでひっかかって大変でした。

b0193316_6191431.jpg

これがまた面白い。排水パイプで作ったシンプルな機械。軍隊などが使用する周波数の低いラジオ周波をキャッチし、それにかかる電磁波、またそれがコイルを通じて作り出す電流を測ります。地層の作りや素材、水分の変化によって電流が変わります。

その他にもクレーター内外の土の抵抗率などを測ったデータ、地層のデータなどを照らし合わせ

「一体地下では何が起こっているんだ」
「マグマの深さはどのくらいか」
「地震があったらそれは何が原因なのか」
「どのくらい活発なのか」

ということを予測する、というのが研究の目的です。

...あ、もう寝てます?

この辺でやめときます。

b0193316_634861.jpg

地層学者もいたため、道端で止まっては地層を見る、というのもこの研究の特徴でした。左端でどうでも良さそうに見ている自分ですが、単に地層学は全く無知だから エヘ

たかが岩、されど岩。一欠片から集められる情報の数々は聞いていてお見事!としか言いようがありません。でも人間もそうですよね。一つの仕草からその人の人柄が見えてくるのに似ています。

これは、この堆積物が火砕流によるものか、噴火した灰が雨や洪水によって流されたものか、噴火で直接堆積したものか議論してる所(約30分!暑かった!!しかも最初の10分しか分からなかった 笑)。

Work hard, play hard!がモットーだったニシロスの研究旅行。

b0193316_65355.jpg

食って飲んで。これは大学3年生の卒業研究旅行も兼ねた年でした。

b0193316_723172.jpg

泳いで。

b0193316_775899.jpg

歌って。左のギターが教授、右はダンナのいとこ。

b0193316_7123713.jpg

...また飲まされて飲んで♪

明るくなるまで飲んだら朝の8時にはまたクレーターに集合、日が暮れるまで硫黄に燻されるという、過酷なスケジュールでした。


たった3〜4年前の話。でも、まさか結婚してこの島に住み着くなんて想像もできなかった頃の話です。

ニシロスにいらしたときは、ぜひ火山を見にきてください。

↓ニシロスの応援、お願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-08 08:50 | ニシロス
サイン作り、パスハの終わり など。
b0193316_5133450.jpg

今日は島で一番重要なアイコンが島中の家を回る日です。朝早くに山の上の村ニキアから始まり、最後にマンドラキの町までおりてきます。我が家は最後の方、夜の9時前にやってきました。手前の赤いトレーナーの男の子、アイコンを床に置くぼろ切れを運ぶ係。他にも消毒液で皆がキスするアイコンを拭く係の子供もいて思わず綻んでしまいます。十字を切ってアイコンにキスをします。このアイコンの乗ったバスを誘導するように島中の車、バイクがニキアの村に集まり、時速10キロ以下で「プップ〜」と鳴らしながら山をくだるのですが、今年はパスハが遅かったので私たちは参加しませんでした。そして今日のマンドラキの静かだった事...

今現在(夜11時半)島中の爆竹がバンバン、教会の鐘はディンドン、イスラムのモスク並みのボリュームのお経がラウドスピーカーから流れ、バイクが騒音をたてて行き来し、すごい事になっています。爆弾級爆竹の影響で一部では電線が切れています。これでパスハのどんちゃん騒ぎもクライマックスです。
b0193316_5291735.jpg

そういえば飛んだ勘違いをしていました。土曜の深夜に灯されたエルサレムからやってくる聖なる火。5日遅れでやっとニシロスに昨日やってきました。土曜に灯していたのは昨年の物だそうで。ニシロス、遅すぎっ!

そんな今日、私は
b0193316_5362950.jpg

こんなロシア語のサインを作ったり...
b0193316_5365939.jpg

こんなのも描いたり。ウチのサインは基本英語とドイツ語です。観光客がほとんどだからです。

義父は看板狂い。デーンと看板があれば人が寄ってくると思ってるんです。去年一昨年なんてひっどい看板で(苦笑)、ネパールの田舎よりもひどいものでした。どっかで拾ってきた古い木窓にでっかくハンバーガーって書いたのとか。スペル間違えてるし。ここはシャンティタウンか!?と思うくらい^^; 安い料理を出す店には見えても、おいしい料理を出す店には見えないというか。義父は使う肉もこだわってるし伝統的なギリシャ料理はとてもおいしくきれいに作るのに、だっさい看板のせいで売れないのは腑に落ちないではないですか。

その思いが少しは通じたのか、看板の数も大分減らしました(でも2個か)。本当にこんなに必要なのか!?と思う...ま、減らせないならせめてできるだけステキな看板にしたいですよね。ちょこちょこ描くのは好きなので上達したらまたいろいろ描きたいです。練習あるのみ。
[PR]
by yetiherder | 2011-04-30 05:48 | ニシロス
ΧΡΙΣΤΟΣ ΑΝΕΣΤΗ (フリストス アネスティ)
復活...
b0193316_2233724.jpg

...さっそく手が赤くなりました。この皿は食べても食べても卵がなくならない、魔法の皿です 爆

b0193316_2275060.jpg

昨夜、奇跡の1ショット。教会は煙で見えません。12時、鐘が鳴り響き、中ではエルサレムからはるばるやってきた聖なる火をろうそくにともす人でごった返しています。爆弾級のもの、今年は不況だし少なめかな、と思っていたらいつも通りでした。空気の振動を肌で感じるって、結構すごいですよね。

b0193316_2219414.jpg

ブリオッシュのようなギリシャの復活祭パン、チュレキも作りました。昨日の午後作り始めたらあら、イーストが足りない 汗 ピザ作ったの忘れてたよ〜 店はもう閉まっているし。粉を少なめで作りましたがやはりふくらみがイマイチでした。

左上から、イースト、あたためた牛乳と小麦粉を混ぜ、40度で30分寝かせます。右上はチョコレートの詰め物。左下のねじってあるのがチョコレート、編んであるのはレモンの皮、マスティハとmahlepi風味。
b0193316_22261046.jpg

このmahlepiですが、この地域やアラブ地域で焼き菓子に使われるスパイス。ある種のサクランボのタネの中身です。melocotonさんのアサフェティダじゃないですが、また使い道のすくないスパイスで 汗 実は風味もあまり好きではありません。とても説明しがたい風味です。

ニシロスの復活祭どんちゃん騒ぎは、まだまだ続きます。
[PR]
by yetiherder | 2011-04-24 22:41 | ニシロス
ニコス パパゾグル
歌手のΝΙΚΟΣ ΠΑΠΑΖΟΓΛΟΥ(ニコス パパゾグル)が亡くなったとニュースで見ました。


いつ見てもデニムのシャツにジーンズ、クビに赤いバンダナ。もう数十年前からニシロスのニキアという村に別荘を買ってちょこちょこ休暇に来ていました。ここでも必ずこの服装。こだわりがあったんでしょうね。メディアの目の全く届かないこの島にお忍びで来る有名人は意外に多いようです。

b0193316_15283899.jpg

テレビドラマによく出てるΓΙΩΡΓΟΣ ΚΑΡΑΜΙΧΟΣ(イヨルゴス カラミホス)は映画の撮影でこの島に来て以来気に入ったらしく、エンポリオスの村に家を買い、夏は毎年休暇に来ます。結婚してるはず?なんですが大概一人で来るんですよね...島の女の子達が昼間から「クラブ行くの!?」的な服装に厚化粧で彼のいるレストランやカフェにいそいそと出かけて行くのをその時期よく見ます。ケナゲだなあ 笑 3年前にウチのレストランに来た時、彼の犬が床に寝そべっているのに気づかず、シッポを踏んでしまったことが。右手に持っていたイカのリングフライは床に散らばり、左手に持っていたヨーグルトは私のTシャツにベチャ。 本当に恥ずかしかったです。

さて、また明日コス島にいく事になりそうです。この数日、前歯が強烈に痛くて...外側からは何も異常がないんですが、熱いもの、またコップの縁やフォークがカチンと当たったものなら内側からズキズキ痛くて動けません 涙 5分くらいしたら痛みは収まるんです。

歯医者に行こうにも今島に歯医者がいません... もう... 不便だ...
b0193316_1559679.jpg

実はこの前歯、3年前アテネでこうなってしまったやつなんです。ラキ飲んで酔っぱらって踊って顔面から転けた 爆 なんか関係してると思うんですけど。

注:この顔は実際の顔とは別人ですよ...

天気もよくないし、海が荒れたら船揺れるなあ...定期船はメインテナンスから復帰した直後エンジンから火がでて復旧の見通しはなし。最近、ついてないな...
[PR]
by yetiherder | 2011-04-18 16:09 | ギリシャの音楽