ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ニシロス島 ( 45 ) タグの人気記事
ぼちぼちと。
店が大繁盛でブログが更新できませんでした。

なんて言ってみたいですが(笑)ラップトップのケーブルがとうとうちぎれて更新できなかっただけです ^^;

ここまで放置してると一体なにを書けばいいのか悩む所。カメラの写真をたどりながら整理をかねて何気ない出来事をちょちょっと。

店の方はぼちぼちです。17日の再選挙が終わりやや落ち着きを取り戻し、観光シーズンもこれからピークを迎える訳ですが、エーゲ海の島々では去年に比べてブッキングが50%ダウンとの事。いや、今年は厳しい。義父も「26年店やってるけどこんなに厳しいのは初めてだ」と言ってますし。

今年の聖人ニキータのお祭りの後の恒例ランチはうちの店でやることに。

b0193316_3371659.jpg

レロス、カリミノス、ロードス、コスなどからやってきた司祭さんがぞろっとそろって面白い風景でしょ。食べる時にヒゲはどうしているのか見ようと思ったら忙しくて見れなかった... (笑)

この写真、一枚目はテーブルの上に見える黄色いタオルを首につけているショットで司祭さんからボツにされましたよ 笑 ま、メニューのなかにビーツもあったし食べこぼしに注意...って黒だから目立たないよね ^^

他の料理は干しタラのフライにニンニクのディップ、ピティア、ギリシャ風サラダにブリアムという野菜のオーブン焼き。〆はスイカ。空っぽになって帰ってくるお皿を見ていると気持ちがいいです。

娘の洗礼のことについてもアドバイスもらえて別の意味でもいい日でした。

b0193316_3491470.jpg

そうそう、町中にあるビーチが拡張されたようです。ここは砂を運んできて作っているちっさなビーチですが、町中にありカフェなども周りにあることから子供や子連れの人に人気です。前は石造りの建物の所まででした。

b0193316_3523097.jpg

ある日は花屋がやってきて花を買いました。花屋という言い方はオカシイか...切り花はないです。こうやってトラックいっぱいに植木やら椅子やらトイレットペーパーやら乗っけて売りにくるんです。バザールの店が一店ずつくる感じですね。

b0193316_3581710.jpg

店用に何点か買ったらカーネーションを安くしてくれました。

ちなみに私の特技は植物を枯らす事 汗
このカーネーションも今瀕死状態です。水あげてるのに... 涙

b0193316_3574272.jpg

あじさいにすりゃ良かったかな...

b0193316_40417.jpg

町で見かけた不思議な顔をしたネコ。小顔なん?デブなん?

b0193316_4125787.jpg
失礼ネ、コレデモ顔ヤセタノヨ!
我が家のプクプクさんはこの通り。ベビーカー暑すぎて氷枕中。

日本は梅雨まっただ中でしょうか。ニシロスは暑いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-07-05 04:18 | ニシロス
強いぞおばあちゃん。
この島のおばあちゃんたちは若者なんかよりもよっぽど元気だ。
90歳以上のおばあちゃんも、人口の割合としては非常に高いと思う。

そんな長老組の一人、ダンナのおばあちゃん。
毎週日曜日はひい孫を連れてひいおばあちゃんの家へ。

b0193316_3391499.jpg

年齢差、90歳のツーショット w

しかしおばあちゃんはすごい。

「足も腰も痛い」と言いつつも
この日もこれからカーペットを洗うと言っていた。
「物覚えが悪い」と言いつつも
3年前私の家族と親戚が来た時の事を
私よく詳しく覚えている。
「いつも鍋を焦がす」と言いつつも
私が行けばいつもおいしいご飯をタッパーに入れて持たせてくれる。

b0193316_3395640.jpg

この時は今春最後のアーティチョークの煮込みでした。

優しいおばあちゃん。この日はダンナが子供の頃の写真が出てきて大笑い。

昔の話を聞いていると(自分の娘および孫達はすでに聞き飽きたようですが 汗)、面白いんです。のほほんと生まれ育った今の私たちには想像もつかない人生。今度日本の祖母の昔話も聞いてみたい。まぁ昔の話になるとすぐに泣いて話が中断しちゃうんですけどね ^^;

b0193316_3451137.jpg

あまりにハイテンションで話かけるからひい孫ビビって泣くし、二人とも動きまくるから写真を撮るのが大変 w

「もうダメ」「痛い」「何もできない」が口癖でもたくましいおばあちゃん。
会うたびに元気もらってます。

もう一人、私のお気に入りおばあちゃんがいます。

b0193316_3582674.jpg

テオドラおばあちゃん。ニキア村の看板娘(?)です。

何が好きって

b0193316_3591150.jpg

この超ファンキーなファッションセンス w

花柄シャツに見えてないけどストライプのワンピース、
その上に花柄のエプロン、その上にカーディガン。
下は緑のレギンス、足下はシルバーのスニーカー。
靴下が見えないようにくるぶしソックスまで履いている。

髪の毛なんていつも綺麗に染めてある。
そして細いからだしてめちゃくちゃタフなのだ。
何気なく持っているスーパーの袋にはオリーブオイル5本(笑)
そして送って行くというと歩く!と頑に断る。
ニキア村の今は空っぽだが広い修道院の世話もしている。
トーストを食べた後、スプライト一缶ポケットに入れて帰っていった。
かっこいい。

うちのおばあちゃんとこのテオドラおばあちゃんは、大の仲良し。
昔は「テオドラちゃんと遊ぶ」と
片道4時間はかかる山道を歩いてニキアまで行っていたそうだ。
子供一人産んだくらいでハーハー言ってる私とはもう、比べ物にならないわ〜(笑)

そういえば
b0193316_4132783.jpg

テオドラおばあちゃんにも、大阪のオバチャンにも負けないこの派手な服。

頂ものの服の中から見つけました。自分じゃ絶対に買わないけど、あると着せて楽しんじゃいます。子供服はかわいくって、すぐに着れなくなるとは分かっていても買いたくなります。

b0193316_4181953.jpg

首もほとんど座りましたよ♪


↓今日も応援、ヨロシクお願いします〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-06-08 04:27 | つぶやき
ざ・ちーずぱい・がいど。
b0193316_2031341.jpg

パン屋に行くと外国のお客さんがいて、パン屋のオバちゃんの通訳を手伝うことがあります。昨日もそんな日でした。

お客さん: 「これはなに?」
オバちゃん:「チーズパイ」

お客さん:「この丸いのは?」
オバちゃん:「チーズパイ」

これをひたすら続けている決まりの悪い顔をした二人、イヤぁな沈黙、そして意地悪ながらコントを見ているようで吹き出しそうな私 w

そう。ギリシャにはいろんな種類のΤΥΡΟΠΙΤΑ(ティロピタ、チーズパイ)があります。いちいちしつこく聞いていると、例えば立ち食いそば屋の食券機で迷ってモタモタっしているような野暮な感じがします 笑 とはいっても知らないものは知らないんだからしょうがない。

ということで、たまには役に立つ事を書くため(笑)今日はいろいろなティロピタを紹介します。


b0193316_1957733.jpg

こちらはΤΥΡΟΠΙΤΑ ΚΟΥΡΟΥ(ティロピタ クル)、ギリシャ的な感じのする半円型のピタ。ヨーグルトの入ったパンとパイの中間のような柔らかい生地の中にフェタチーズが入ってます。

b0193316_19585239.jpg

こちらはΤΑΨΙΟΥ(タプシウ)。型=タプシに入って焼かれています。中身は同じくフェタ。一切れずつ売られていたり、量り売りだったりします。うちのパン屋ではΧΩΡΙΑΤΙΚΗ(ホリアティキ、田舎風)なんとも呼んでます。


この輪はΚΟΥΛΟΥΡΙ(クルーリ)。中身のないものはもちっとした固めのパンですが、ハムやチーズを詰めたものも。


これまたギリシャらしい渦巻き型はΣΤΡΙΦΤΗ(ステゥリフティ)。中身はフェタ、生地はフィロ。ほうれん草のスパナコピタ、ポロネギのプラソピタもこの形。

b0193316_20123820.jpg

まん丸はΣΤΡΟΓΓΥΛΗ(ストロギリ)

b0193316_2015545.jpg

三角はΤΡΙΓΩΝΗ(トリゴニ)。

両方生地はΣΦΟΛΙΑΤΑ(スフォリアータ)と呼ばれる、日本で言う「パイ生地」です。

b0193316_20215981.jpg

一口サイズの小さいのはΤΥΡΟΠΙΤΑΚΙ(ティロピタキ)。

チーズの種類としてはフェタ、リコッタのようなアンソティロ、フィラデルフィアのクリームチーズ、カセリと呼ばれるハードチーズなどなど。

北のセサロニキの方ではまたティロピタの事は「ブガッツァ メ ティリ」と呼ばれたり、クレタなどでは甘いチーズパイもあったり。田舎のパン屋にこれだけあるのですからその種類の多さは想像できると思います。

チーズとパン生地と成形の組み合わせだけのことですが、それでも好みはそれぞれ。私はクルの生地にモルトが入っているのが好きだし、義母はニシロスのシンプルなティロピタ(普通のパン生地にチーズが乗ってます)、ダンナはカセリチーズのカセロピタが好み。

ギリシャにいらしたら、好みのチーズパイをぜひ見つけてください♪


そうそう...冒頭のお客さん、結局アップルパイ買ってました。

せっかくチーズパイについてアツく語ったのに!!!



↓今日もぽちっとヨロシクお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-05-12 20:42 | ギリシャ料理
ΠΡΟΒΕΖΑ

b0193316_22334562.jpg

ΠΡΟΒΕΖΑ(プロヴェザ)。

ギリシャでも島の方でしか通じない言葉かもしれません。西からやってくる大型の低気圧による嵐のことです。シロッコもそうですが船乗りの言葉ですね。冬には毎年一回はやってきます。

先週の水曜日はプロヴェザでした。


海岸に近いこの通りはタヴェルナやバーがある通り。浸水はもちろん、屋根の上まで波が達していました。



これはその名も「プロヴェザ」というインターネットカフェからの映像。ふさわしい名前だけどインターネットカフェとしての立地条件は最悪 笑

うちの店も海沿いですがちょっと高めなので被害は少なかったです。ただ

b0193316_22423341.jpg

海と同じレベルにあるトイレのドアはこうなりました。

一昨年のプロヴェザでは大きな石が激突しドアの下半分がなくなりました。

不思議なのは...

プロヴェザが来ると分かっていながら全く準備のできていないこの島の住民 !!!

暢気にもほどがある...

男8人がバケツや箒などで浸水を一生懸命食い止めようとしている姿は

「がんばれ!」

よりも

「っていうか経験から学ぼうネ...」

となります ^^;

台風のある日本では結構普通のことかもしれませんけどね。

嵐の去ったニシロス、今週の予報は25℃と夏の到来のようです。


↓今日も応援よろしくおねがいします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-04-22 22:51 | ニシロス
雨・のち・停電

b0193316_22113885.jpg

雨が降ったら、停電。

これ、どういう論理なんでしょうね?

「今年は例年に比べて停電が少ないわ〜」

なんて口にしたとたん、ここ数日の悪天候で電気がプツプツ切れます。

電線は地下を通っているため「道の土や砂埃が雨で地下に流されて@☆!$#?...」という人が多いけど、はっきり言って意味不明でしょ 笑

頂き物の赤ちゃん服を洗濯しておきたいのに雨と停電で洗えず...
ちょっと天気がよくなれば体調が優れなかったり...
もどかしいですね、こういう時。

震災後の「計画停電」を経験した方も多いと思いますが

現代の生活って本当に電気にたよりすぎですよね。

我が家なんてアナログ時計の音を嫌がる人が1名いるし腕時計はしないし、停電中に携帯のバッテリーが切れたら正直時間も分かりません。

...なんてもう慣れましたけどね。ただ、停電のまっただ中に産気づく、なんてのだけは勘弁してほしいです ^^;

b0193316_22261462.jpg

雨が降ると全く外に出ないニシロスの人たち。買い物とか用事は雨が一時的にやんだ瞬間を見計らってぱぱっとすませます (笑) そんなこんなで私もすっかり冬眠生活中。おしゃれな縫い物も編み物もできないけど鍵編みくらいならどうにかなる、っていうんでいろいろ製作中。毎年冬はちょこちょこやってるんですが、作る目的があるとやる気もでるもんですね。しかしサイズはこれでいいのだろうか...

ちなみにこのぬいぐるみはギリシャのファーストフード、Goody'sがやってるチャリティーArGoodakiのおまけなんだけど、すっごい粗悪品 
目と耳の位置も左右違うし。はやり(?)の「ブサかわいい」狙い? 笑

雨にも負けず、停電にも負けず、今年も頑張ります♪



↓今日も応援、ありがと〜ございま〜す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-01-08 22:42 | つぶやき
もうすぐ...
b0193316_2461971.jpg

クリスマスなんですね。クリスマスの事をXmasと書きますが、この「X」はギリシャ語でキリストを表すΧριστός(フリストス)の頭文字なんですよ。

今年は異常に暖かい事もありすっかり忘れてました。だって

b0193316_2465258.jpg

まだブーゲンビリア咲いてるし ^^

❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆

ギリシャでは宗教的にクリスマスはそれほど重要なイベントではなく、商業的なにぎわいもヨーロッパや日本の物に比べたらずいぶん落ち着いたものです。クリスマスから1月6日の公現祭までの12日間をΓΙΟΡΤΕΣ(ヨルテス、celebrations)と呼び祝います。

また、ギリシャでは自分の「名前の日」があり誕生日より盛大に祝う事も多い中、クリスマスはマノリス(エマヌエル)、26日はパナヨティス、27日はステファノス、元旦はヴァシリス、6日はフォティス・ウラニア他、そして7日はヤニスと、どれも「ギリシャで一番多い名前100」に入っている名前の日が連日続く時期。ちなみにギリシャの誕生日や名前の日のパーティーは、プレゼントはもらえるものの主催者は本人。パーティーの出費は自腹という事で、最近はこんな景気だし自分の名前の日は人目をしのいで他の島へ「避難」する人が多いようです(笑)

元旦は日本風にゆっくり過ごしたい私にとってこの時期のお祭り騒ぎはかなり無縁。ダンナの名前の日もこの時期なんですが、本人は知らん顔ですし...

❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆   ❆

アテネのシンタグマ広場では
b0193316_2555190.jpg

こんなツリーもあり、例年に比べて控えめとはいうもののにぎわいを見せているようです。

ニシロスですか?

b0193316_327289.jpg

こんなのが通りに点々と。しょぼいでしょ〜(笑)このデコレーション、少なくても10年は変わってないとか。「いっそのことやらない方がいいんじゃない?」っていうダサさ。

まぁ、クリスマスだからといって特に何する我が家ではないのですが。商業主義に汚染されたこの時期は逆にクリスマスのない国にでも避難していたいのが本音なんで、このくらいやる気のないほうが丁度いいのです。

これ、昼間は

b0193316_3281397.jpg

もっとダサい〜 笑

確か毎年港に船の形をしたこれまたダサいイルミネーションがあるはずだと思い出し港に行ったら

b0193316_3302376.jpg

あれ?ツリーになってました。

後で聞いたらアレは今年始めの嵐で海にぶっ飛んだそうな 爆

それよりも気になったのが港に船が一隻もなかった事。

すごくイヤな予感... (;д;)

実は明日、アテネからダンナの連れ子が遊びにくるんで、コス島の空港まで迎えにいかなくてはならんのです。

毎朝ココを発つキャペタン・ディミトリス号は風の影響で今日コス島に行ったまま帰って来れないとの事。

幸い今晩(月曜の夜)ディアゴラス号があるんですが、ちょっと前航路をチェックしたら
b0193316_338529.jpg


シミ島に寄れなかった様。前に書いた通り、風力は弱いものの南風、シミ島もニシロス島も港は島の北に位置していて寄港が難しいんです。

これは...ますますイヤな予感が... ¯д¯; あと30分で着く予定。あ、私は行きませんよ、疲れにいくようなものですから遠慮させていただきました ^^;

島暮らし。こういう時は本当に辛いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-12-20 03:50 | お祭り・お祝い
風のいたずら
...そして肩すかし。

先週の金曜日はアテネのストの影響で船が出港しなかったため、ロードス通院は今日に繰り越されていました。

そして今朝5時前、港で船を待つ事しばし。

ディアゴラス号の明かりが暗闇の海に眩しく光り

寄港の為に方向転換をし

数十メートルバックすれば寄港というその瞬間。

そのまま前進、素通り 

む...無視された ( ̄Д ̄;)!?

これ...こういう事もあるというハナシは聞いた事がありましたが、実際目の前で起こると結構腹立ちます ムカッ

船の出航、航路を左右する一番の原因が風。
b0193316_14265064.jpg
ニシロスは赤いポッチです

風力はボーフォート風力階級で0から12の13段階に分けて表されます。風力6〜7になると小型の船や繊維強化プラスチックの軽い船は航海がほぼ困難になります。風力8(日本で言う強風警報)になるとこのディアゴラス号も含めた大型船も出航禁止が出されることが多くなります。

ちなみにディアゴラス号はアテネーロードスを週2で走るこんな旅客船です。
b0193316_19414523.jpg


でも単純に風力だけではないんです。もう一つが風向き。

夏は比較的穏やかなエーゲ海ですが、冬は荒れる事も多くなります。北風が多いんですが、北風の場合は風力8でも航海できることもあります。今日も北風でした。

シロッコと呼ばれる南風(去年アテネに行く時がそうでした)の時は風力はそこそこでも出航が難しい事があります。風向きが安定せずここらでは突風が渦のように吹きます。波のうねりも強くなります。

特にニシロスの港は北に位置しているため、南からの突風が吹くと寄港が非常に難しくなる地形だそうです。

b0193316_18494215.jpg

これで見るとちゃっかりニシロスに寄稿したかのようなディアゴラスの航路...

という訳で、船旅の前には2つのサイトをチェックしてます。

ひとつは最初の画像、ギリシャ海洋研究所(ポセイドンシステム)の海上のお天気データで風向きと強さを見ます。

もう一つは二つ目の画像、marinetraffic.comです。海上にある全世界の船の現在位置を確認できます。定刻通りに到着することがほとんどないディアゴラス号、無駄に待たないためにも役に立ちますよ。

あんまり早く目が覚めたものでそろそろ眠くなってきました zzz

これで来週はまたストなんてなったらシャレにならないですよね ^^;


↓今日もぽちっと応援、励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-12-09 19:18 | ドデカニソス諸島
穫れたてオリーブ・2012
穫れたよ穫れたよ〜!!
b0193316_17302240.jpg


暖かいせいか、例年より遅い収穫です。自分たちの畑のみならず、義父母は島中を歩き回ってオリーブを収穫しております。もちろん、オイルを絞るため。

ここニシロスは傾斜が多く古い段々畑の跡が沢山あるのですが、この傾斜が半端じゃないんですよ!普段「膝が痛い〜腕が痛い〜」と言っている義母がここにきて底力を発揮するから不思議です (笑) 例年は手伝ったりもするんですが、今年は駄目とのこと。ギリシャって一般的に妊婦さんに優しいとも言えますが、過保護とも言えるのか...

...なんですが上の写真のオリーブはちょっと特別です。

これ、塩漬けも何もされていない生のオリーブなんですが、なんとそのまま食べれます。

何でも、どのオリーブの木でも言い訳じゃないらしく、特定の木で完熟し自然に地に落ちたものだけが食べられるのだとか。オイルを絞るにはもっと瑞々しい、皺のよっていないものを木から摘みます。

味の方ですが、独特の苦みの奥に「やっぱりオリーブはフルーツだ!」と言いたくなるようなフルーティーさがあり、私は好きです。旬の味ともいうんでしょうか。たまにすごく苦いのが混ざっているのは獅子唐を食べて「当たった」感じに似ています。塩漬けのオリーブを「薬っぽい」と嫌う人もいますが、そういう人には全くおすすめできない一品です (汗)

さて、実はまだ去年のオリーブオイルが残ってます。新物が絞られる前にいろいろ使います。
b0193316_17482068.jpg


フレーバーオイルを作るのもアリですが、これはもっと手っ取り早く刻んだ(又はすりおろした)ショウガとペッパーコーンをオイルに漬けただけ。これでドレッシングを作って、冬のサラダも体をできるだけ冷やさない工夫。

b0193316_17513167.jpg

量は消費できませんが、おいしいコンビ、味噌xオリーブオイル。ドレッシングにも、ディップにも。

b0193316_1755620.jpg

魚のオイル漬け/オイル煮。

自家製陳皮とともにあっさりとした白身を漬けておきました。こうしておくと酸化が遅れるのか、ずいぶんと長持ちするのと焼いた時にパサつきません。

使った白身は

b0193316_17575245.jpg
あん?!文句アンのかい?

b0193316_17585170.jpg

Δράκαινα(ドラケナ、ギリシャ神話に登場するメスドラゴン)、英名greater weever、ラテン名はTrachinus draco。背びれに猛毒があり危険です。浅瀬の砂場に潜んでいて、海水浴中に運悪く踏んだりしたら大変な事になります。

鱗は固く剥ぐのが大変で、小骨も多く、なんだか名前の通りあんまり喰えない魚ですが(笑)、ギリシャではスープにします。ブイヤベースの伝統的なレシピにも入っているくらいですから、いい出汁がでるのは確かなんでしょう...

...身はかなりプリプリしていたんですが、2日ほどオイル漬けしたらほどよく熟成されたようでおいしかったですよ。でも捌くのが大変なんでもう買わないかな... ^^;

オリーブオイル、そんなに頑張って消費しなくてもいいんですけどね。でも新米が出回り始めたら新米を食べたくなりますよね、やっぱり。オイル絞ったらまた報告しますね〜♪


↓今日もポチッと応援、ヨロシクお願いします〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-12-07 18:20 | ギリシャ料理
野良猫・本音トーク。
よく晴れた土曜、朝10時。自宅から歩いて2分のミニスーパーへの往復途中

b0193316_2161725.jpg
ボク、ホントはデブだにゃん

道で出会った人ゼロ、見かけた野良猫7匹 

ギリシャの島は野良猫が多いですが、その中でもニシロスの猫の多さには驚きます。

島のマスコット的存在でもあり、観光客のレンズの先にはいつも猫達が。

でも、正直結構な困り者なのです。

b0193316_2205530.jpg

ある日の雨上がり。小雨がやんでドアを開けたら鼻を突く糞尿臭。猫の糞尿が水に濡れたことによって悪臭を放ちます。

ちょっと前まで義父の家は野良猫が家の中も出入りしていました。アレルギー持ちの私はくしゃみが止まらず辛かったです。ダンナの息子は義父の家で数泊した後猫から感染病をもらい、コス島の病院に連れていった事もありました。私も妊娠してからはトキソプラズマの危険もあるということで野良猫の出入りする友人宅などは近寄らないようにしています。

掃除してまとめてカバーをかけておいたレストラン用の椅子の上をトイレとして開拓され(涙)ダンナも私も激怒。店を引き渡したにも関わらず、未だに店の前で猫に餌をやる義父と大げんかしたのでした。

義父は店の向かいの家の駐車場で餌をやるんですがいい迷惑を被っているのはその家の住民。餌付けされてそこを住処にしている猫たちによって車は傷だらけ。もちろん苦情を言うも、義父は聞く耳をもたず。「オレの猫じゃない、野良猫だ」の一点張り。ダンナのバイクや私の自転車の座席もびりびりに破られました。

b0193316_231810.jpg

レストランなど飲食店で野良猫に餌を与えるということ。

これがまた困り者なのです。

脂っぽい料理を床に投げられれば石畳やコンクリートだって油染みになりますし、滑って危険です。おもしろがって猫が食べない物を与える人もいるし、そういったものはもちろん掃除の手間を増やします。食べ慣れない物を食べたのか店の床に猫の嘔吐物を見つけることも。

餌付けされれば猫はもちろん住み着きます。一番困るのが猫アレルギーや、「猫は絶対イヤ!」というお客さんが来たとき。「この猫どうにかして」と言われても時既に遅しなんですね。店の真ん前で猫がバイクに引かれたのを目撃したお客さんがパニクる事件も今年はありました。

b0193316_2303420.jpg

週末、ゴミの収集がない日はゴミを荒らされます。ゴミを捨てに行き蓋を開けたら猫が飛び出すなんてことは日常茶飯事。

そんなに多数の野良猫がどうやって生き延びるかといえば、数人の猫好きが養っているのと、ゴミをあさっているのと、あと一部の猫は半飼い猫状態になっています。

b0193316_2412211.jpg

もちろん、生き延びられずに死んでいく野良猫もそれはそれは多いんです。親猫は人の立ち入りにくい場所に子猫を隠すので、生後2週間ほどして外に出てくるまでは子猫の健康状態も分かりません。でも大体、生まれてくる子猫の半数はこんな風に目の病気にかかったり、バイクに轢かれたり、餓死したり。

最も、悪いのは猫じゃなくて人間です。

野良猫達は生きるために当たり前の事をしているだけだからです。

一部の人たちが「じゃあ猫を捕獲して去勢しよう」と提案するも、野良猫達は警戒心が強く捕まえるのもプロに頼むしかありません(もちろん、ぐーたらな役所がこんな事を手配してくれるはずもなく)。普段は野良猫の文句ばかり言っている人たちの中にも「去勢は可哀相だ」なんて言い出す人もいます。今年の夏、ある動物愛護団体からニシロス宛に苦情の手紙が届きました。去勢もせずこんなにほったらかしにしているのは動物虐待に当たる、と。

かと思えば残酷にも毒を撒く身勝手な人もいます。毒を食べた猫を見た事、ありますか?のたうち回り、もがき苦しみながらゆっくり死んでいく姿は本当に無惨な物です。

ダンナの祖母の話だと、一昔前は子猫が生まれるとそのうちのほとんどを水に沈め窒息死させて猫の数をコントロールしていたとの事。年配の方の中には未だにこれをやる人もいます。最も最近は残酷だという見方がほとんどです。

意見の調和、協調的行動が全くできない(これは猫に関する事だけではありませんが...)島の人々。餌をやるなと怒りながらゴミを箱に入れずにおいていく人、子猫をうちの店の前に捨てていく人(ここなら義父が面倒みると知っていて)。文句を言いつつも結局ほったらかしにしているのが一番の原因じゃないでしょうか。野良猫に餌を与えたいなら町や人から離れた場所にするとか、ゴミ収集場を猫が荒らさないような工夫をするとか、そういった気遣いが全く感じられません。「ギリシャの島らしいきれいな町並み」を観光の売りにしているわりには、目につくのは汚いゴミ捨て場、道端の糞と悪臭。これじゃあ自分たちの首を絞めているようなものです。

個人的な意見をいえば、猫アレルギーですし店の事もあるし、食事中は猫には近寄ってきてほしくないし、野良猫にはどちらかといえば被害を被っていると感じます。でも野良猫を徹底的に駆除する必要もないと思います。実際、島から猫が消えたらちょっと悲しいですし。問題は、その数です。猫が好きな人もいれば嫌いな人もいるんです。野良猫は飼い猫じゃないんです。野良猫も人間もうまくやっていくためには、人間がその数をコントロールする以外に方法があるんでしょうか。

自分の愛車の上で誰かがハトに餌をやっていたら、嫌ですよね。そんな感覚をたまに覚えます。

ちょっと立ち止まってこんな事を考えてほしいなぁ、とたまに思うのです。

b0193316_3174286.jpg
隣の家の屋根の上で黄昏れ中を激写。

↓今日も応援ヨロシクお願いしま〜す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-21 04:26 | ニシロス
カロ ヒモナ
b0193316_18104896.jpg

町中のビーチも荒れ果てて...

店も閉まり始め...

道を歩く人もほとんどいなく...

ジャージでうろうろする住民が急上昇(笑)...

「καλό χειμώνα(カロ ヒモナ、よい冬を)」

2011年観光シーズンも終わりました!


今日はオヒデーで祝日、土日を挟んで大掃除に入ります。

b0193316_18253378.jpg

観光船も来年の5月までなし。

しかし、このとき始動停止したスピリアニ号はもう永遠におさらばという事態に発展しました。

ロシア系登記所に変わって業務を引き継いだのはイギリス系の登記所。もうズルやミスはあり得ません(汗)何十という数の書類を得るには何十万ユーロかかるという事。

そうなんです、破綻しちゃいました 爆

月5万ユーロ出ていた政府からの補助金で私服を肥やし、全く管理の行き届いてないクルーの中には盗んで貯めた金で家を買ったという人もいるほどのずさんな経営。残ったのは膨大な借金と、6ヶ月も給料の出ていない乗組員。今ココを離れたら給料は一生払われないのは分かり切った事、一日10ユーロの手当で船の上で生活しながら待っています。しかしこんな生活ももう2ヶ月近く、乗組員たちは弁護士を見つけて船を没収する作戦にでたよう。オーナーは銀行に没収される前に早く船の買い手を見つけて売り上げで片を付けたいところ。泥沼化しています。

そんなドラマに巻き込まれた私たち住民はいい迷惑です、ホント...

この冬はアテネに10日ほど行き、行ければプチ旅行に行き、毎月のロードス通院もアリ...と例年より島との出入りが多くなりそうな予感なんですが、ストもあるし、実際船があるのか!?というなぁんか不安な要素も多々あり。

店の方は、義父母には「ほぼ」ご隠居していただきヤッタ〜来シーズンから私たち夫婦でやっていく事になりました。メニューから外見から替えたい物は山ほど。この冬は店の準備で過ぎていきそうです。

まずは店の食材整理からね...

b0193316_19313340.jpg

ジャガイモも大量にあるし...

...しばらく食べる物には困らなそうです ^^;

↓今日も訪問ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-10-28 19:50 | つぶやき