ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
冬のカルダメナは静かだった
b0193316_22205595.jpg

...どこを...

b0193316_22214168.jpg

...見ても...

b0193316_22223760.jpg

...人もいなく...

b0193316_22231048.jpg

...見事に閉まってますね...

b0193316_2224626.jpg

売り、貸しに出ている空き店舗もたくさん。

コスタウンと違ってカルダメナは本当に観光中心の町なんで、お昼ご飯を食べれるようなところも全くありません。開いているのはカフェが3、4件、スーパーと薬局くらいでしょうか。

ヨーロッパ諸国からの航空便も10月の終わりでストップ。再開は4月中旬から5月になります。ひとけがないのはニシロスも一緒ですが、夏と冬とのギャップがここまで激しくはないですね。

さて、数ヶ月前に銀の詰め物をした歯が急激に傷みだし、コス島、カルダメナの歯医者に行ってきました。結局神経を抜くしかないのですがこれは出産してから、とのこと。

あと2ヶ月半、再び始まった眠気と歯痛との戦いになりそうな予感。

あさっての産婦人科の予約は、アテネのストの影響で船がなくキャンセルだし...

...いろんな意味で春が待ち遠しい今日この頃です。


↓今日も応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-30 23:10 | コス島
我が家のテレフォンショッピング
ダンナが2日ほどアテネに急に行く事になりました。最初は一緒に行く予定だったんですがハードなスケジュールについていけそうにないんで一人で行ってもらいました。

心残りなのは...アテネで美味しいもの食べたかった〜(涙)なぜか中華に餓えていて、ガッツリ食べたかった...

ということで代わりと言ってはなんですが、アジア系食材店に行ってきてもらう事にしました。まず、Inter Asia StoreはΝΕΑ ΣΜΥΡΝΗ(ネア スミルニ)地区にあり比較的家から近いという事で行ってもらったら閉店してました。第二候補は港のあるピレアスにある(Σαχτούρη 15 Πειραιάς)International marketという所。

着いた所でさっそく電話が。そう、ギリシャの食材ですら知らないダンナ、アジア系の食材なんて未知そのもの。以前醤油を頼んだら信じられないくらいマズいフィリピンの醤油1リットルをゲットしてきたりちょっと要注意なんです(汗)

私: 「何がある?」
夫: 「うーんと、粉」

って何の粉!?

私: 「餅米かごに入れた?」
夫: 「入れたよ。黒い米」

えっ?!チョット?!

私: 「チリソースはスリラチャのだよ。緑の蓋のボトルだよ」
夫: 「緑のソースでしょ」

...人の言う事はよく聞きましょう。

こんな調子で40分後、無事に買い物終了 (;-_-) =3 フゥ

荷物は船に今日乗っけて明日の朝到着予定。ちょっとハラハラドキドキ、楽しみです。

さて、さっそく中華が食べたくなってきたんでもどきを作って我慢です〜

b0193316_20101888.jpg

水餃子。皮を薄ーく作ったらどちらかと言うとワンタンぽく。

b0193316_20114325.jpg

青菜炒めはルッコラで。全く違和感なくいけます。

b0193316_20274997.jpg

甲イカとピーマンの炒め物とか。

b0193316_20283025.jpg

そうそう、本当は点心(飲茶)が食べたかったのですよ、アテネで。エビ入りチョンファン(腸粉)自家製に挑戦。それらしい物ができました。ちょっと皮が分厚いけど。

チョンファンの皮は米粉(うるち)で作ります。使ったのはこちら。
b0193316_20313946.jpg


ギリシャでは主にお菓子作りに使われる米粉。これはロードス島の会社のもので、ここらではよく見かけるブランドのもの。

ちょっと目が粗い気がしましたが、まあ合格。皮に片栗粉を入れるともちもち感がましていいとか。あ、片栗粉頼むの忘れたよ〜(涙)

こうしてニシロスで中華もどきを堪能している頃、アテネでダンナは...

IKEAのホットドッグ3つ食いでお腹を壊していたのでした 爆


↓今日もぽちっと応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-24 20:40 | 他の料理
野良猫・本音トーク。
よく晴れた土曜、朝10時。自宅から歩いて2分のミニスーパーへの往復途中

b0193316_2161725.jpg
ボク、ホントはデブだにゃん

道で出会った人ゼロ、見かけた野良猫7匹 

ギリシャの島は野良猫が多いですが、その中でもニシロスの猫の多さには驚きます。

島のマスコット的存在でもあり、観光客のレンズの先にはいつも猫達が。

でも、正直結構な困り者なのです。

b0193316_2205530.jpg

ある日の雨上がり。小雨がやんでドアを開けたら鼻を突く糞尿臭。猫の糞尿が水に濡れたことによって悪臭を放ちます。

ちょっと前まで義父の家は野良猫が家の中も出入りしていました。アレルギー持ちの私はくしゃみが止まらず辛かったです。ダンナの息子は義父の家で数泊した後猫から感染病をもらい、コス島の病院に連れていった事もありました。私も妊娠してからはトキソプラズマの危険もあるということで野良猫の出入りする友人宅などは近寄らないようにしています。

掃除してまとめてカバーをかけておいたレストラン用の椅子の上をトイレとして開拓され(涙)ダンナも私も激怒。店を引き渡したにも関わらず、未だに店の前で猫に餌をやる義父と大げんかしたのでした。

義父は店の向かいの家の駐車場で餌をやるんですがいい迷惑を被っているのはその家の住民。餌付けされてそこを住処にしている猫たちによって車は傷だらけ。もちろん苦情を言うも、義父は聞く耳をもたず。「オレの猫じゃない、野良猫だ」の一点張り。ダンナのバイクや私の自転車の座席もびりびりに破られました。

b0193316_231810.jpg

レストランなど飲食店で野良猫に餌を与えるということ。

これがまた困り者なのです。

脂っぽい料理を床に投げられれば石畳やコンクリートだって油染みになりますし、滑って危険です。おもしろがって猫が食べない物を与える人もいるし、そういったものはもちろん掃除の手間を増やします。食べ慣れない物を食べたのか店の床に猫の嘔吐物を見つけることも。

餌付けされれば猫はもちろん住み着きます。一番困るのが猫アレルギーや、「猫は絶対イヤ!」というお客さんが来たとき。「この猫どうにかして」と言われても時既に遅しなんですね。店の真ん前で猫がバイクに引かれたのを目撃したお客さんがパニクる事件も今年はありました。

b0193316_2303420.jpg

週末、ゴミの収集がない日はゴミを荒らされます。ゴミを捨てに行き蓋を開けたら猫が飛び出すなんてことは日常茶飯事。

そんなに多数の野良猫がどうやって生き延びるかといえば、数人の猫好きが養っているのと、ゴミをあさっているのと、あと一部の猫は半飼い猫状態になっています。

b0193316_2412211.jpg

もちろん、生き延びられずに死んでいく野良猫もそれはそれは多いんです。親猫は人の立ち入りにくい場所に子猫を隠すので、生後2週間ほどして外に出てくるまでは子猫の健康状態も分かりません。でも大体、生まれてくる子猫の半数はこんな風に目の病気にかかったり、バイクに轢かれたり、餓死したり。

最も、悪いのは猫じゃなくて人間です。

野良猫達は生きるために当たり前の事をしているだけだからです。

一部の人たちが「じゃあ猫を捕獲して去勢しよう」と提案するも、野良猫達は警戒心が強く捕まえるのもプロに頼むしかありません(もちろん、ぐーたらな役所がこんな事を手配してくれるはずもなく)。普段は野良猫の文句ばかり言っている人たちの中にも「去勢は可哀相だ」なんて言い出す人もいます。今年の夏、ある動物愛護団体からニシロス宛に苦情の手紙が届きました。去勢もせずこんなにほったらかしにしているのは動物虐待に当たる、と。

かと思えば残酷にも毒を撒く身勝手な人もいます。毒を食べた猫を見た事、ありますか?のたうち回り、もがき苦しみながらゆっくり死んでいく姿は本当に無惨な物です。

ダンナの祖母の話だと、一昔前は子猫が生まれるとそのうちのほとんどを水に沈め窒息死させて猫の数をコントロールしていたとの事。年配の方の中には未だにこれをやる人もいます。最も最近は残酷だという見方がほとんどです。

意見の調和、協調的行動が全くできない(これは猫に関する事だけではありませんが...)島の人々。餌をやるなと怒りながらゴミを箱に入れずにおいていく人、子猫をうちの店の前に捨てていく人(ここなら義父が面倒みると知っていて)。文句を言いつつも結局ほったらかしにしているのが一番の原因じゃないでしょうか。野良猫に餌を与えたいなら町や人から離れた場所にするとか、ゴミ収集場を猫が荒らさないような工夫をするとか、そういった気遣いが全く感じられません。「ギリシャの島らしいきれいな町並み」を観光の売りにしているわりには、目につくのは汚いゴミ捨て場、道端の糞と悪臭。これじゃあ自分たちの首を絞めているようなものです。

個人的な意見をいえば、猫アレルギーですし店の事もあるし、食事中は猫には近寄ってきてほしくないし、野良猫にはどちらかといえば被害を被っていると感じます。でも野良猫を徹底的に駆除する必要もないと思います。実際、島から猫が消えたらちょっと悲しいですし。問題は、その数です。猫が好きな人もいれば嫌いな人もいるんです。野良猫は飼い猫じゃないんです。野良猫も人間もうまくやっていくためには、人間がその数をコントロールする以外に方法があるんでしょうか。

自分の愛車の上で誰かがハトに餌をやっていたら、嫌ですよね。そんな感覚をたまに覚えます。

ちょっと立ち止まってこんな事を考えてほしいなぁ、とたまに思うのです。

b0193316_3174286.jpg
隣の家の屋根の上で黄昏れ中を激写。

↓今日も応援ヨロシクお願いしま〜す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-21 04:26 | ニシロス
かまぼこの日
最近ギリシャ関連ネタがさっぱりで、ギリシャ情報を求めてこのブログにやってくる方には申し訳アリマセン (汗)

店の準備はいつのまにかかなり大掛かりな物になり、ペンキ塗りかけの自宅の片付けにも追われる日々です。

ところで11月15日がかまぼこの日って、ご存知でした?

平安時代(永久3年、西暦1115年)の書物に初めて蒲鉾の文字が記録されているということで昭和58年に定められたそうです。

きっかけはこの魚でした。

b0193316_19454793.jpg

ギリシャ名はΣκαρμός(スカルモス)、スープにするとよいと言われて買いました。英語名はlizardfish、ラテン名はSynodus saurus。

和名を調べた所、エソと判明。

あまり馴染みのない魚ですが、このエソ、かまぼこの原料になる魚だそうです。

中骨はハモよりもしっかりしていて、骨切りしても口に残るそうで(ってどうせできないけど 爆)。おろして下ごしらえするのがなかなか大変な魚です。できるだけ捌いた後スプーンで身をこそげとった身も一緒に3.5%ほどの食塩水につけます。水につけて身をできるだけ白くするのがポイント。その後塩と砂糖少々と合わせフードプロセッサーですり身に。

b0193316_1952156.jpg

市販のぷりぷりとはいきませんが、なかなかうまくできました。蒸すのにちょうどいい板がなかったんで

b0193316_19541891.jpg

裏っ返した皿で代用 (笑)

b0193316_1955784.jpg

残ったすり身はゴボウ天といんげん入りまる天に。お出汁で煮たらおいしゅうございました。

魚屋で見た事のない魚を見るととにかく買って食べてみる事にしてますが、このエソ、魚としては味に個性のない淡白な白身でした。でも小骨がホントにびっちりなんで、また買うかは... へへへ (汗)


↓今日もぽちっと、ヨロシクお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-16 20:06 | 魚料理
カツオのアレンジ料理
カツオ料理最後は、「これカツオ!?」というオリジナル料理です。

前にも少し触れましたが、ギリシャのカツオ料理といったらオーブンで焼くか生で塩漬けした後オイル漬けにしたラケルダが一般的です。

他にも、トマトソースで煮込むのはギリシャ料理の定番。

b0193316_21382081.jpg

ΣΤΙΦΑΔΟ(スティファド)という料理は、ピクルスにするような小さなタマネギの入った煮込みの事。他にはワイン、お酢、トマト、スパイスが入ってます。よく使われるスパイスはシナモン、ベイリーフ、オールスパイス、ローズマリーやナツメグ(でも全部はいれません)。ウサギや牛、タコなどで作られるのが多いですがカツオで作ってみました。ワインは白ワインで。

b0193316_21464519.jpg

カツオのすり身で作ったつくねがおいしかったんでケバブにしてみました。身は包丁でよく叩き、多めのスパイス(クミン・コリアンダー・パプリカ)、みじん切りしたニンニク・タマネギ・パセリ、塩胡椒、砂糖少々と卵白を入れてよく練ります。串に握りつけるようして形を整えたら冷蔵庫で30分ほど休ませます。あとは焼くだけ。

「コレな〜んだ?」と出されたらなんだか分からないですよ、もう (笑)魚が苦手な方もこれだったら絶対に食べられるはず。カツオじゃなくてもマグロ、白身魚からとにかく余っている魚でできると思います。

b0193316_21583924.jpg

中東の料理に、スフィーハといわれる、平パンにひき肉のペーストを塗り付けて焼いたミートパイがあるんですが、それをカツオでやっちゃおうというすごい無理のある企画 ^^;

b0193316_2232147.jpg

ピタは冷凍で売っている物を使いお手軽に。すり身は上のケバブとほとんど同じですが、ブレンダーで攪拌します。

グリルで5〜7分も焼けば出来上がり。食べる時にサラダとタヒニ・ニンニク・オリーブオイルなどで作ったソースをつけて。

これがすっごくおいしかったんです!

でも「土佐の一本釣り本鰹!!!!」みたいな高級なカツオじゃもったいないですよ...あくまでも一匹4ユーロのソーダカツオだからなせる技 (笑)

ちなみに使ったピタは

b0193316_2295876.jpg

こんな風に冷凍で売ってます。10枚入りで1ユーロくらいでしょうか?ピタというとポケットになったのを想像するかたも多いと思いますが、ギリシャではむしろこのポケットなしピタが主流です。解凍も早いですし、あるとなにかと便利です。

以上、今年のカツオ料理でした。


↓今日も訪問ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-14 22:39 | 魚料理
あぶかもさんちのカツオ料理。
新鮮な魚が手に入ると、まずチェックするブログがあります。

あぶかもさんのブログです。

釣りと料理を楽しまれるあぶかもさんの料理は見ているだけでよだれもの。さっとできる一品から小料理屋で出てきそうなうっとりしてしまうごちそうまで美しい写真つきで解説。捌いて下処理してくれる魚屋のないこの島、自分で捌いて身からアラからまるごと一匹料理するあぶかもさんのスタイルは非常に参考になります。魚好きの人にはたまらないブログです。

ということで、カツオシリーズ(?)第二弾はあぶかもさんを参考に。

b0193316_332159.jpg

見た目は大分違いますが、カツオのタタキ・バルサミコ醤油丼です。

ニンニクチップを乗せないかわりに、ご飯はガーリックライスにしました。青菜はルッコラで。鱗をとるために皮を削いでたら汚くなったんで(汗)剥いじゃいました。上達の余地、大アリ。

b0193316_37616.jpg

これね、実は血合でユッケにしようとしていたんです。

...そこにダンナ帰宅 (゚Д゚;) 生食を固く禁止されている嫁はおとなしく、椎茸ネギと炒めてジャージャー麺風にして食べましたとさ。これはこれでおいしいかったんですけどね。

b0193316_3131312.jpg

こちらはカツオの茶茹で節。ほうじ茶に醤油を加えた煮汁で茹でます。皮は剥いであるんでガーゼでは包まず。でもきれいに茹だりました。すごく上品なお味。

b0193316_3163965.jpg

茶ゆで節でカツオご飯も。シンプルでおいしいです。あえて言えば、鰹節はいらなかったなぁ。あぶかもさんは大葉の千切りでしたね。うん。

b0193316_3193461.jpg

写真とる前にタレ掛け忘れたカツオのつくね焼き

枝豆はないのでキクラゲで食感を足して。あぶかもさんのが粗挽きならウチのはどちらかと言うとすり身ですが、しっとりシューシーでびっくり。芥子をつけて食べるのもおいしかったです。

レシピはあぶかもさん参照。おいしそ〜な写真も私のよりよっぽど参考になりますよ!

酒盗もまた仕込みました。今年はよく熟成させてみたいと思います。

明日からまたロードスなんで、カツオシリーズは第三弾はまた後ほど...

↓今日も訪問毎度アリ〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-09 03:33 | 魚料理
カツオのおいしい季節です。
b0193316_3444933.jpg
やっぱり枯れました。6月には綺麗だったのにね...

店の片付けと準備

衣替え(ってもう11月だしヤバいですよね 汗)

家の内装の準備

ゆっくりやっていたら

ベッドに洋服など

赤ちゃん用品を山ほどいただきまして

結局

まだどれも終わってませ〜ん 爆

料理も手抜きが多かったんですが、

b0193316_3463314.jpg

今年も待ちに待ったカツオの季節。

これだけは外せないという訳で、せこせこ料理してました。写真がたまってきた所で一挙に公開です♪

正確に言うとカツオ(大西洋カツオ、ラテン名sarda sarda、ギリシャ名ΠΑΛΑΜΙΔΑ)ではなく、ソーダカツオ(英名Little tuna、ギリシャ名ΛΑΚΕΡΔΑ(ラケルダ))です。

ギリシャでは強く塩漬けにした物を塩抜きし、オリーブオイルに漬けたものをラケルダと言い(トルコ語のようです)おつまみにします。カツオや小さめのマグロなどからも作られますが、魚の格としてはカツオ(大西洋カツオ)よりラケルダの方が上、ってことになっているようです。

と言っても1キロ近いサイズを一匹4ユーロでゲット 安〜 3回ほど買って調理した料理を紹介します。

部分的についた鱗は包丁でそぎ、5枚におろした後血合は除き別の料理に使う事が多いです。

まずは何といっても生で(ダンナには内緒!妊婦は生ものは駄目ってまた姑みたいなこと言って...(笑)ちょっとなら問題ないらしいですよ^^)。

b0193316_3481864.jpg

漬け丼。カツオよりも赤みが少なくグレーかかった身ですが、漬けるとよく分からないですね...

b0193316_348598.jpg

白ワインビネガー、オリーブオイルと塩で。黒オリーブとケイパーの葉の酢漬けとでさっぱりと。

b0193316_3521613.jpg

これ、簡単かつ絶品でした。自家製赤パプリカケチャップに30分ほど漬けたのに軽く小麦粉をはたいて揚げ焼きにしただけ。新鮮な魚は火を通しても違いがでますね。身がふわっとしてます。

b0193316_3571975.jpg

残った切り身は、強めに塩をしラップでぴっちりくるんでおきます。

2日くらいしてから茹でると、素晴らしくシンプルでおいしいスープになるんです。

鰹節からとった出汁ともひと味違うんですが、上品でおそばにもぴったり。

塩をして1日くらいで冷凍もしておけます。

ちなみにこのそばは、福島産のよもぎそばというものでした。よもぎの風味はしませんでしたが、ゆでると緑というより青に近い面白い色になります。

でももっと面白いのがパッケージ。

b0193316_424870.jpg

ヴィヴァルディの四季!

不思議過ぎる... 

カツオ料理、まだまだ続きます。

↓今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-07 04:10 | 魚料理
ドクターフィッシュ初体験。
店の用事で一泊、ロードスに行ってきました。

先週と違って今回はダンナと一緒なんで不安になる事も無く、意外に楽しい「出張」でした。

さて、ホテルのレセプションに置いてあるパンフレットの一つに惹かれまして...

b0193316_21575326.jpg

知っている方も多いと思いますが
フィッシュドクター
試した方、いらっしゃいますか?

トルコからやってきたGarra rufaというコイの一種で足を綺麗に食べてくれるんですよ〜

私たちが行ったのはロードス島のカジノの目の前にあるAqua Divinaというお店。

30分で15ユーロ、10〜15時はハッピーアワーで12ユーロ、そして今回はギリシャ人(オフシーズンだからかな?)価格ということで一人10ユーロととてもお得♪他のヨーロッパ諸国に比べてリーズナブルなお値段で、今年の夏は観光客でにぎわったそう。ギリシャ人は...チャレンジ精神にイマイチかけているようです^^;

b0193316_2281998.jpg
なんか足3本ある?

ダンナのバリバリの足もたったの30分で大分ツルツルに!

足を入れた瞬間から魚達がグワっとよってきてまた美味しそうに食べるんですが(笑)、超くすぐったがりの私は最初の3分はもう笑いが止まらなくて無理かと思いました^^;

そのうち「ブズズ」という振動に変わりくすぐったさはおさまります。指と指の間から固くなってた皮膚までツルツルに!ヤスリでゴシゴシのような皮膚への負担もないし、強いケミカルもないので、敏感肌の人にもおすすめなんじゃないでしょうか。

コス島にも似たようなお店がオープンしたそうで、意外に人気が出てるのかしら?ロードスのこのお店は来年から全身用のタンクもそろえるそう。こちらもまたくすぐったそうですネ...ダンナが妙に気に入って、これからもロードス訪問の時はちょこちょこ寄りそうです。

ちなみにこの魚達、ものすごく新陳代謝がよいらしく、食べても食べても太らずずっと食べ続けていられるそうです。

うらやまし〜 笑


↓今日も訪問ありがとうございます〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-01 22:26 | ロードス島