ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ギリシャのリコッタ、ミジスラ
口を開けば暑ーい!とつい言ってしまう今日この頃。でも日本の暑さに比べればカラッとしていてとても快適、文句言ってちゃいけませんね。

今日はおいしいチーズのお届けもの。羊と山羊(ここでは山羊)のミルクで作られたリコッタチーズ(ミジスラ)です。ニシロスでは売るほどの量産はされていませんが、作っている方が義母の知り合いなので手に入る、貴重な一品です。これはフレッシュタイプですが、キツく塩をして水気を抜いたぽろぽろした保存がきくタイプもあります。こちらはそのままだとすごくしょっぱいので、削ってパスタにかけたりするのがおすすめです。

b0193316_2130855.jpg

ニシロス産のタイムの蜂蜜をこれでもか−!っとかけて。作り立てのリコッタはフワッフワ、手間をかけるのがばからしくなるくらいおいしいです。塩もいっさいなしで日持ちがしないので、惜しみながらもどんどん食べます ^^

b0193316_21451681.jpg

パスタのソースにも最適。おすすめはグリーンピース、レモンの皮、お好みのハーブとミジスラを混ぜて塩胡椒したものに熱々を絡めたもの。


b0193316_2157187.jpg

2日もすればかなり水気も抜けてふわふわ感も失われます。残ったのはちょっと気になってたレシピに使ってみました。ヨーグルトとハーブで作ったフィリングを葡萄の葉に詰めて焼いた「パイ」です。北ギリシャはドラマの田舎の料理のようですが、有名な郷土料理というものではありません。元のレシピはヨーグルトだけなんですが、チーズと半々で作ります。参照にしたのはこちら(英語)。下記しておきます。

お味の方は?うーん味より見た目の方がいいかも 笑 マイルドな味で食べ易いですが、ハーブをコレでもか!と入れた方がいいですね。いっその事レーズンとかナッツとか入れてお菓子っぽくしてもいいかも。

ミジスラが手に入らなくてもリコッタで作れます。次はいつ手に入る事やら...今から楽しみです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村



ヨーグルトと葡萄葉のパイのレシピです
[PR]
by yetiherder | 2011-07-30 22:17 | ギリシャ料理
パヴロのイタリア土産
パヴロはイタリア生まれのギリシャ人、義母のいとこです。パスハにニシロスに来て初めて会いましたが、穏やかで優しくて面白い、ジェントルマンです。

b0193316_3223677.jpg
イタリアはアンコナですって。きれいな所ですね

コロンビアの孤児院から養子に迎えたニコラとソフィア(本当の兄妹)、兄のニコラはマイケルジャクソンの大ファン。生のムーンウォーク、初めてみました(そしてめっちゃ感動)!ひょうきんで明るい男の子、ニコラ。来年はソフィアにも会えるかな。

お互い食べるのが大好き!という事で会話は常に食べ物の話に。そして最近、そんな会話を覚えていてくれたのかステキな贈り物が届きました。

b0193316_3264220.jpg

バルサミコ2種ニンニクのオイル漬けペスト

b0193316_328774.jpg

迫力、1kg近いグラナ パダノ。キロで7ユーロちょっとだって、羨ましいわ〜。パルメザンより手頃な値段も関係して、イタリアで実は一番よく食べられるチーズだそう。おいしいグラナ パダノの方が、チマチマ切ってあるパックのパルメザンよりおいしいと思う。チーズは切っちゃうと味が変わりますからね。

b0193316_3351099.jpg

すでに冷凍庫でヒエヒエのリモンチェロ。う〜これはくやしい〜 (T^T) くぅぅ〜

几帳面なパヴロ、手紙にておすすめの食べ方が細かく書かれています。

b0193316_339790.jpg

「バルサミコはポークチョップの仕上げに数滴垂らすとコクがでる」

サラダにもいいけど、この隠し味的使い方もいいですね。そうそう、予々「妊娠したら肉食べる」とダンナと約束してました。1週間に2日はニクの日。今日はガッツリニクの日。

ニンニクのオイル漬けは「そのまま、おつまみ」もいいけど、スライスして漬かっているオイルと茹でた青菜でサラダに。

b0193316_3441889.jpg

バジルは町の至る所にあるのに、観賞用と蚊避け(効果ないけど)です。食用とは種類が違って、食べられなくないですが舌が麻痺するような苦みがあります。という訳でバジルの味、久々です。パスタもいいけど、豆とあえてサラダにするのが好きです。フォークで軽くマッシュしながらグラナ パダノで作ったチップスに乗っけて食べると最高。パンに塗ってチーズとトマトでサンドイッチはお手軽でついつい食べちゃう一品。

b0193316_3482278.jpg

グラナ パダノと、塩揉みしておいたフェンネルとオリーブオイルでサラダ。漬け物感覚。パリっとした食感がいいフェンネルも田舎の八百屋ではしおれ気味、塩揉みした方がおいしくいただけます。

そんなこんなでイタリアの味を満喫しています。パヴロ、グラッツィエ〜 ボニッシモ〜♪

...なにかお返ししたいけど、面白いものないかなあ。イタリアとは食材も似ているし、コレ!っといった物が思い浮かびません。いいアイデア、募集中!


↓今日も応援、ありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-07-26 04:11 | 他の料理
ギリシャを被う黒い影


歌手のエイミーワインハウスが亡くなりました。デビュー当時の初々しい姿をあるコンサートで見た時はその迫力あるボーカルに圧倒されたのを覚えています。

英ガーディアン紙BBCでも「信じられない」、「ショックだ」など友人、有名人のコメントが乗せられていますが、信じられない訳ないでしょう。ここ数年薬、アルコール中毒と奇行、公共の場での醜態しか報道されてないというのに。

おまけに同じく27歳で死んだ過去のミュージシャンたち(ヘンドリックス、ジャニス ジョップリン、ジム モリソン、カート コーベイン)を美化するように「27クラブ」なんて呼び、まるでヒーロー化しています。BBCの世界ニュースでも前日にノルウェーで起きた惨事と同格の取り上げよう。

薬が簡単に入る環境にいれば手を出すなんて簡単です。手を出したらやめられなくなるのも簡単です。若い頃から常習していれば27歳は体が悲鳴をあげる頃。薬に手を出したり中毒になるのは弱いからだ、なんて言って終わる問題ではありません。中毒の本当に恐ろしい実態への理解は非常に低いと思います。

b0193316_4422645.jpg

海外では知られていませんが、ギリシャの都市では今ヘロインが溢れています。雇用率も最低、犯罪率も急上昇、中毒者もうじゃうじゃ。昼間は平和な遺跡や広場も、日が沈めば中毒者のたまり場に。この辺ではカリミノスやロードスで多く出回っていると聞きます(いとこのダンナさんが警察官なんで...決してインサイダーではありませんよ 汗)。

ロードス島にいるダンナの幼なじみ。一目見て中毒者だと分かりました。売人である彼のもとにひっきりなしにかかってくる催促の電話。何を言っても何を見ても、遠くを見ているような目。先月捕まり、2度目の刑務所行き。

最近店で雇い始めた男の子。ロードス島でヘロインの魔の手に落ち、両親から「ここにいたらアンタは死んでしまう」と追い出され、叔父さんの住むここニシロスにやってきました。しかし「元ジャンキー」の名は彼につきまとい定職も見つからず、叔父さんとの仲も悪化。そんなとき、うちのダンナ何か思う所があるのか面倒を見始めました。ペンキ塗りや宅配、雑用の代わりに店でご飯をおごるようになりました。私の妊娠により人手が必要になり、今ではウェイターとして働いています。たまに魔が差すのか手を出してしまうのでまだ完全に克服できたとはいえませんが、ゆっくりでも確実にいい方向に向かっています。

そんな彼の元には「友人が過剰摂取で亡くなった、知人の売人が捕まった」という電話がこの数ヶ月で数えられないほどありました。信じられないかもしれませんが、職もない金もない不満な若者の間では、薬という選択肢はあまりにも身近で簡単、というのが悲しい事実です。

最近やっと密売の取り締まりが厳しくなったようですが、ギャング絡みなので問題は深いです。中毒になってしまった人たちをサポートする団体もあるものの、資金不足もあり活動の幅は限られています。

自分の意志で自分を救う以外に道のない薬物中毒の克服。

低迷するギリシャに重くのしかかるその影。

そんな事を考えさせられたのでした。


**************************************

話は変わって、ギリシャ通、フムフムさんが去年ニシロスを訪れたときの事をこちらのブログに書かれています。マンドラキ、火山の様子が数々の写真とともに綴られていますよ。

↓ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by yetiherder | 2011-07-25 05:57 | つぶやき
つわり脱出! & うれしいお届けもの
数日前から眠気も軽減し、つわりも峠を越えたようです。軽く済んでラッキーでした。

おとといの検診でもすべて順調との事。
b0193316_2524462.jpg

この産婦人科さんはロードス島でも有名なようで対応もとても親切。毎回こうやって映像をCDに入れてくれるんです。現在3.14cm、足をウニョウニョ動かしててちょっと感動。

んが、ちょっと気になる事が。

朝非常にだるく、動けないんです。それもそのはず、超低血圧でした。

50〜80(ギリシャでは0をとって5〜8、と言うようです)、もともと低いほうなのですがこれは異常に低い、とのこと。じゃあどうするかと言うと、「塩をもっと取りなさい」と言われました。

実はここ数ヶ月妊娠のかなり前から塩を控えるように心がけていたんです。むくみがちになるし、塩分の取り過ぎが良くないのはよく知られている事。今は薄味にも慣れた所なんで、ちょっと躊躇してます。

日本語のサイトでは、とにかくバランスのよい食生活、飲酒を控える、軽いウォーキングなど、いわゆる「健康的な生活」を心がけろ、とあります。塩は特に気にして摂取量を増やさなくていいと。

ただ、ここがちょっと落とし穴なのかもしれません。日本では塩分摂取量の目安は1日10gと言われていますが、ギリシャを含めたヨーロッパでは6gなのです。汗っかきですしこの暑さですしちょっとは増やしてもいいのかも。この4gの差が関係しているのかは分かりませんが、様子を見ながらやっていこうと思ってます。

*******************

さて、うれしいお届け物の紹介。

noreizokoさん!昨日届きました!
b0193316_338093.jpg


松山あげ。カリカリに揚げてあって冷蔵不要のお揚げなんです。noreizokoさんのブログで見て気になっていたのですが、ご親切にも送ってくださるとの事。お言葉に甘えてしまいました。

b0193316_340256.jpg

ちょうど実家の母が送ってくれた切り干し大根と煮付けに。

あ〜...生き返りますこの味。本当にありがとうございました。まだまだいろいろ料理してみます!長旅で粉々になってしまった部分はお味噌汁にいれたり、から煎りして麺のトッピングにしてもいいかも。それにしても母が送ってくれた小包は、服から本からすべて切り干し大根のにおいが染み付いてます 爆

b0193316_3482490.jpg

梅干しを一日一粒食べられること。これ、贅沢の定義 ^^;
あ、塩分も気にしなくていいんだった〜♪

もともと朝食なしなんてあり得ない!という私ですが、現在さらに力を入れております。といってもすべて前日の夜に準備します。情けない事にそれくらいだるいんです ^^;起きたらジュースで緊急糖分補給&温めるものはチンして、ノロノロと食べて30分くらい休んでから1日の始まり。

b0193316_356224.jpg

今朝は切り干し大根の煮付けが食べたくて和風。ギリシャで和風の朝食、実は初めてかも。

写真下、箸がチグハグなの分かりますか?食べ終わって洗うまで気がつきませんでした(笑)

どんだけ寝ぼけてんだか、我ながら呆れます  (-。ー;

↓ポチッとしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by yetiherder | 2011-07-24 04:15 | 他の料理
ロードスの郷土料理:ピタルーディア
b0193316_4141846.jpg

今日の主役はひよこ豆です。

ΚΕΦΤΕΔΕΣ(ケフテデス)と分類される料理は、ギリシャ各地のタヴェルナのメニューにありますね。

揚げた肉団子がケフテデス、ですがいろいろな野菜をつないで揚げた「ホニャララケフテデス」は数知れず。

ナスで作ったΜελιτζανοκεφτεδες (メリツァノケフテデス)やズッキーニ、トマト、かぼちゃ、葉もの、どんな野菜でも作れます。ひよこ豆で作ったレヴィソケフテデスはニシロスではΠΙΤΙΑ(ピティア)と呼ばれてますが、お隣ロードス島ではΠΙΤΑΡΟΥΔΙΑ(ピタルーディア)と呼ばれています。

b0193316_3545631.jpg

レシピはΠΙΤΙΑ(ピティア)のレシピとほぼ一緒ですが、料理好きの叔母によると、ロードス島のはミントが入っているのが特徴のよう。私は小麦粉はできるだけ少なく入れて作りますが、小麦粉が多めでちょっとフニャ、っとした食感の物もあります。まあ、村によってもレシピが違うようで、とあるピタルーディアはタマネギとクミンに小麦粉たっぷり、ひよこ豆の全くないっていない「クレミドケフテデス」でした(そして不味かった 爆)。叔母が作るのは生のミントたっぷりで緑が濃くてきれいなんで、茹でたほうれん草で緑を足しました。

b0193316_3593142.jpg

春に収穫して乾燥させておいたミントを大さじ2ほど。ダンナの祖母はミントを乾燥させるのに、こうして束にしたものを枕に入れて寝て乾燥させたそう。目がスースーしそうだけど...乾燥している今の季節、台所にほっておいたって数日でカラッカラに乾きますけどね、そんなに頑張らなくても... ^^;

フムスとヨーグルトのディップも用意したら味に変化が出てまたおいしいです。

b0193316_48933.jpg

もともと大好きな豆、特に今はクセのなくさっぱりした味で食べ易いのと栄養価が高い事もありよく食べてます。これはダンナの祖母が作ってくれたスープ。アレもコレも駄目な食事制限が多い祖母の作るこのスープはあっさりしてて塩分も控えめ、正直普段は物足りないスミマセン...味なんですが、今はもう、最高!節電中の日本の皆さんには申し訳ないんですが、クーラー効かせた部屋でフーフーしながら食べました。

また明日、ロードス島へ行きます。早朝の出発まで7時間ちょっと。長い一日になりそうです。

↓今日も応援、ありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-07-21 04:39 | ギリシャ料理: 野菜
自家製ΤΣΙΤΣΙΜΠΥΡΑ(チチビラ)
さて。チチビラって何でしょう?ビラ、はみんな大好きビールの事。乳ビール?父ビール?

日本人が言いにくい外国語ってありますよね。LとRの区別がつかなかったり、舌を噛む発音がなかったり。実家の母に言わせれば英語のthrowもslowも同じ発音ですし(笑)

でもギリシャ人が言いにくい英語もたくさんあるのです。上のチチ、実は英語のGINGER(ジンジャー、ショウガ)が訛ったもの。確かにジンジャーはギリシャ人には発音が難しいかなあ。つまり、ジンジャービールなのです。

もともと好きなジンジャービールを作れないかな、と調べていたらイオニア海に浮かぶコルフ島で作られているチチビラのレシピにたどり着きました。19世紀中頃にイギリスに支配されていた名残りで、今でもポピュラーな飲み物だとか。

b0193316_4124997.jpg

そして作り方がとても簡単(レシピは下記)。イーストを入れて発酵させて炭酸ができるので、炭酸が抜けて不味い、ということもなし!砂糖もちょっと多めですが発酵して分解されるのでそれほど甘くありません。発酵が進むほど甘みが抜けて辛口になりますが、酸っぱくなるということはありません。

とーっても爽やかな飲み心地でおすすめです!

話は一転して全然爽やかじゃないんですが 汗...

b0193316_4262781.jpg
死んでませんよ、ボク。

...仕事中の出来事。

知り合いと妊娠の話で盛り上がっていた時に義父が言った卑怯で、冷酷な一言。

悔しくて虚しくて涙がでそうになりました。「もしかして私のギリシャ語の理解が間違っているのか」と耳を疑いましたが、周りで聞いていたみんなもドン引き。超険悪ムードが漂う中、当の本人はシラッと知らん顔。

お腹の中のアンタ、耳まだ無くてよかったね。どうも、オジイチャンとは一生分かり合えそうにないよ。はあ。

...そんなこんなでトボトボと帰宅中、すやすやと眠るこの子猫ちゃんに癒されたのでした。


↓今日もポチッとよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村



自家製ジンジャービールの作り方です
[PR]
by yetiherder | 2011-07-19 05:05 | ギリシャ料理
一体何が食べたいのやら...
1. お腹が空くとちょっと気持ち悪い
2. 腹6分目でやめた方がいい
3. 脂っこい物は駄目

というのが私のつわりのようです。

問題は...「何を食べたいのか分からない!」

よく言われる事ですが、酸っぱい物は食べ易いですね。

b0193316_503896.jpg

イカとキュウリのマリネはコレでレモン1個分のジュース。

b0193316_4575555.jpg

ちらし風の酢飯も2倍くらい酢が入ってるはず。

b0193316_4592813.jpg

ちっちゃいイカ、ゴノスで酢みそ和え。酢が多いので衣が緩い 汗

b0193316_521736.jpg

浸し豆。こういう単純な味付けがありがたい。ふと思ったんですが、お酢を使うと料理に使う塩の量が減らせる気がします。普通の塩加減だとすごくしょっぱく感じるので、醤油はほんの色づけ程度。

b0193316_555862.jpg

青大豆で作った豆乳で寒天寄せ。味付けは粉昆布と塩のみ。なぜかムースのようにふわふわに仕上がりました。これは普通に、おすすめです!

b0193316_59535.jpg

残ったオカラは好物の卯の花。

それにしても、単に夏バテなのかもね 爆

おまけ
b0193316_5125263.jpg

今の時期、風呂場から見える夕日がきれいです。

↓今日も応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-07-16 05:18 | 他の料理
映画で見るニシロス
おとといnovacinema2で放送されていたので思い出しました。

b0193316_4315641.jpg

ΚΑΛΑ ΚΡΥΜΜΕΝΑ ΜΥΣΤΙΚΑ, ΑΘΑΝΑΣΙΑ (カラ クリメナ ミスティカ、アサナシア)、英語ではWell kept secrets, Athanasia、訳すと「包み隠された秘密、アサナシア」といったところでしょうか。

ギリシャ系アメリカ人のアンジェラが本当のお父さんと探しに、育ての父とギリシャの島へ旅に出るという話。母、アサナシアの辿った暗い運命を解き明かす事になります。現代と30年前を交差しながらストーリーは進んで行きます。



ストーリー性はあまりないのですが(一応実話に基づいているそうです)、映像がとてもきれいです。「ニシロスもきれいね〜」と思って見てくださればうれしいです ^^ 会話も少ないのでギリシャ語が分からなくても楽しめるはず。当時の生活や文化も上手く再現されているように思います。「エ〜男女差別ひどい!」と思わずにはいられない当時の風習、質素な生活、でも本当にこんな感じだったようです。

前にここでも紹介したギリシャの俳優ΓΙΩΡΓΟΣ ΚΑΡΑΜΙΧΟΣ(イヨルゴス カラミホス)が姉妹を手にかける色男を演じます。この映画の撮影は山奥のエンポリオスという村で撮影されたのですが、その後実際にエンポリオスに別荘を買って今でもちょこちょこニシロスに訪れています。文句を付けるとすれば、現在の年老いた役を演じる彼の特殊メイクがドリフ並みにベタ 笑

...しかし、ニシロスを知る人にとって一番の見所は、エキストラが地元人であること。

うちのダンナも出てるんです♪ 役は、身ごもり髪を切られた哀れなアサナシアを島から追放する強面の男 汗 最後のほうに、ちらっと。他にもいろんなシーンがあったらしいのですが、テッサロニキ国際映画祭に出品する際、放映時間の関係でかなりカットされたそうです。結局FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞を受賞しています。

2008年、北野たけしの「アキレスと亀」が同映画祭に出展された年です。

そして同2008年、もう一つニシロスで撮影された映画、Ο ΑΡΣΙΒΑΡΙΣΤΑΣ ΚΑΙ Ο ΑΓΓΕΛΟΣ(オ アルシヴァリスタス ケ アゲロス)。英名は"Angel and the weightlifter", 直訳すると「天使と重量挙げ選手」というとんでもない名前になっちゃうんですが、アゲロスは男性の名前、重量挙げ選手はニックネーム。

b0193316_5103137.jpg


これは途中からしか見てないんですが、火山の管理人である「重量挙げ選手」と、アテネからやってきた演劇プロデューサー、アゲロスの話。クレーターでのショーを企画するアゲロス、彼女と暢気に暮らす「重量挙げ選手」、性格の全く違う二人の間にいつの間にか亀裂が入り始める。古くから伝わる暗い伝説の存在、そしてある日それは起こる...



こちらもニシロス人には別の意味で面白い映画です(笑)。「重量挙げ選手」を演じるシデリス(ロン毛のほう)は実際にクレーターそばでカフェをやってるんです。冬の間はアテネでバーマンですが。

日本では見るチャンスが無いかもしれませんが、ギリシャにお住まいの方、ちょこちょこテレビでやってますんで、よかったら見てください!アサナシアの方は、ヨーロッパなら手に入るかもしれません。


↓食べてばかりじゃないです 爆 ポチッとよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-07-13 05:32 | ニシロス
タコは自分で茹でるにカギル
日によって獲れる種類もその量も違う魚は基本的に早い者勝ち。

港を出発した三輪自動車が我が家の前を通る頃には、「あーアレもあったんだけどねー、〜が買っちゃったよ」ということもしばしば。幸い店は港に近いので、その日のお目玉商品が買えるチャンスは大。

これはずいぶん前になるのですが、最近全くお目にかかってなかったタコを1匹ゲットしました。
b0193316_20371095.jpg


そんなに大きくなくとも、一人で食べるには十分ですよね。

ところで、日本の茹でタコはどうも歯ごたえがありすぎると思うのですが、あれがいいんでしょうかね?寿司のタコなんか、最初の一口でネタを完食、2口目はシャリだけ、みたいな 笑 「それはおいしい寿司を喰った事がないんだ!」 「寿司は一口で喰え!」といわれればそれまでですが...

柔らかく茹でたギリシャのタコの美味しさはココでも書きましたが、やはりタコは自分で茹でた方がおいしいです。柔らかくする方法は叩いたり、一旦冷凍したり、コルクを入れて茹でたりとそれぞれ「秘訣」があるようですが、一番の秘訣は火加減だと思ってます。

塩で洗い水で流したタコは、少量の沸騰した湯にまず足を3回ちょん、ちょん、ちょん、とつけてからゆっくり入れます。蓋をしたらごくごく弱火で、やっと沸騰を保っている状態でゆでてます。ゆで汁に香味野菜やスパイスをお好みでいれても。

b0193316_20544753.jpg

グリルする場合も一旦茹でた物のほうが私は好みなんです。ギリシャの島の定番、干したタコの焼いたのは逆にちょっと苦手です。顎、悪いんで...

茹でたらそのまま食べてもおいしいですが、今回はさっとひと手間加えました。

b0193316_2057163.jpg

テレビで見てておいしそうだったので、まねっこ。フライパンにオリーヴオイルを熱し、唐辛子を入れて蜂蜜を加えます。ブクブクいっている所に白ワインをほんの少しいれ、タコを入れて和えたらできあがり。

...ひと手間じゃなくて1/4手間でした ^^;

でも蜂蜜にもちょっと工夫が。
b0193316_210363.jpg

レモンのスライスとオレガノを1ヶ月ほど漬けておいたんです。これで安い蜂蜜も風味豊かになります。他におすすめはショウガ(これは甘い物におすすめ)、ローズマリー。シナモンやオールスパイス入りは肉の下味付けにも便利です。

さて、ビールに枝豆なら、ウゾにタコ。

アニスの風味は好きなんですが飲むのは苦手。なので、料理にウゾを使います。
b0193316_218422.jpg

上の方法と同じなんですが、蜂蜜抜き、ディル入り、白ワインの代わりにウゾで。

アニスの香りが苦手な方は向いてませんが、ウゾを飲むよりはよっぽどまろやかです。

加熱されていないタコが手に入ったら、是非どうぞ。

余談ですが、日本に行った事のある元船乗りが、「日本人はタコが好きなんだ!日本ではタコのスヴラキ(串焼き)を食べるんだ」と豪語してたんですけど、日本でもギリシャでもタコのスヴラキって見た事無いなあ... 汗



↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村




[PR]
by yetiherder | 2011-07-10 21:24 | ギリシャ料理
メゼを堪能 @ Η ΑΓΟΡΑ
ちゃんと産婦人科に行って、妊娠を確認するまで周りの人に知られたくなかったんですよ。

万が一...という事もあるし、それに井戸端会議♡命のこの島の住民には、なぁんとなく知られたくなかったんです 爆 いずれバレるんだから、わざわざ自分から言いふらさなくてもね、と。

しかし

薬局で検査薬を買ったからか

おすすめの産婦人科のクリニックをダンナのいとこに教えてもらったからか

最近自転車通勤をやめてトロトロ歩いているからかは分かりませんが、

見知らぬオバちゃんに「妊娠してるの!?」と聞かれたときはビビりました。

夫婦揃ってロードス島に行く = 妊娠

みたいな方程式もあるので、ロードス島行きの船に乗る時点でバレバレでしたが。

とにかく、無事8週間である事が分かってほっとしました。

b0193316_342422.jpg

ほっとしたらお腹空いた♪ 飲めない私への仕打ちとしか考えられませんが(笑)、ダンナがメゼ、ウゾ、メゼ、ウゾとうるさいんでお昼はメゼを堪能。Η ΑΓΟΡΑ(イ アゴラ)は観光客相手のギロス屋に挟まれていますが、地元の人がほとんどでお値段も良心的。

b0193316_347495.jpg

付け出し(無料)はピクルス、オリーヴ、ケッパーの葉とカルダモスの葉の酢漬けなど。前に来た時は豆のサラダ3種盛りだったので、その時によって変わるよう。

b0193316_3511816.jpg

とりあえずカンパ〜イ...

b0193316_3533993.jpg

って私はこっちこっち 汗 料理が出てくる前にウゾに切り替えたダンナの残りビールはちゃっかり味見しましたが。いや、本当に暑い日でした。言い訳?

b0193316_3541716.jpg

ギリシャ風サラダがおいしいのは、ギリシャ人が食べにくる証拠というのが持論。やたら小さくカットされたトマトとフェタが入ったのや、トマトとキュウリの下はレタスで3センチ底上げみたいのは、次の料理が思いやられる。

b0193316_412226.jpg

すっごくおいしかったビーツのサラダ。スモーキーな香りのするビーツにニンニク、パセリ、お酢とオリーヴオイル、アーモンドのスコルダリャを添えて。まじめに作った味がしました。

b0193316_435067.jpg

定番のファヴァは、ツブツブが残っていて手作り感満載。

b0193316_451523.jpg

「日本のマグロが...」とダンナが友人に熱弁しているのを盗み聞きしたイケメンウェイターから差し入れ、ツナのサラダ。缶詰の味とは違いますね、やっぱ。ごちそうさまでした。

b0193316_47541.jpg

この店、定番の揚げカラマリはないんです。ΓΟΝΟΣ(ゴノス:子、子孫の意)というホタルイカより小さいイカの揚げ物か、普通サイズのイカはこのグリルのみ。程よい焼き具合でハズレの無い味。

これに写真を撮り忘れたグラヴィエラチーズとタコのグリル、ウゾのカラファキを2本にビール大1杯で60ユーロ。観光の中心であるオールドタウンにありながらこの値段はうれしいですね。他にもいろいろな魚介のおつまみ(ウニ、マリネやスモークなど)、肉類、サラダや茹で野菜も種類豊富です。変わったメニューはないですが、定番の料理を丁寧に作っている、とても好感のもてるお店です。

Η ΑΓΟΡΑ
Νέα αγορα
Μανδράκι
Ρόδος
0030 2241022273

ブログでレストラン紹介するの初めてなんですが、結構難しいですね...「写真撮る前に食べちゃ駄目!」とか言っておきながら、自分が食べてました ^^;


↓今日も応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-07-09 04:35 | 外食