ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
お気に入りブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
人気ジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ギリシャ料理の定番 ムサカ
久しぶりに晴れ間の覗いたニシロスです。週末は子供達がはしゃぐ声で町中が賑やかで、なんだかこっちまで楽しくなってきます。
b0193316_3394512.jpg
ホタテ貝みたいですね
季節外れですが、義父の畑で獲れたナスたち。店では飽きるほど作りますが家ではあまり作らないムサカを作ります。アラブからやってきたこの料理は1920年代にあるギリシャ人シェフによってアレンジされたスタイルが定着し、ギリシャ料理として有名になったようです。それぞれの家庭、店の味があると思いますが、今日は私が唯一知っているウチの店の味です。 素揚げしたナスとジャガイモとミートソースを層に重ね、ベシャメルソースを乗っけて焼いたものです。トルコなんかでは、ベシャメルソースの代わりにヨーグルトと卵黄を混ぜたものを乗せたりもします。
b0193316_3403198.jpg

ジャガイモ、ナス、ミートソース、ジャガイモ、ナス、と重ねます。下の層ができるだけ隠れるようにします。ミートソースはできるだけ汁気を切ったほうがベシャ、っとなりません。層の間には羊のハードチーズ、ケファロティリをぱらり(ない場合は味は違いますがパルメザンでも)。塩気も足してくれます。ミートソースの層とベシャメルにはナツメグを。このスパイシーさが味を引き締めます。
b0193316_3411160.jpg

固めに作ったベシャメルには卵黄を入れて、焼いた時に厚みがある層になるようにします。上にもチーズを乗っけたら200度のオーブンでこんがり仕上げましょう。
b0193316_3461142.jpg

残念ながら、切り分けたとたんに怪獣があらわれて、写真を撮る間もありませんでした 笑 

でも実は、できたてよりも1日くらい置いた方が、切り口が綺麗です。できたては何もかも柔らかくてベチャ〜と流れますが、1日経つと綺麗なキューブに切れます。2、3日は余裕で冷蔵庫で保存可能です。レンジでチン、したら熱々をどうぞ。

ムサカを作るのに一番面倒なのはナスの素揚げだと思います。油を吸うし、油が汚れるし、結構こんがり揚げないとぼやけて脂っこい味になります。店で作る時は、ナスを揚げる人が貧乏くじを引いたような雰囲気が漂います  まあ20人前作る時の話ですので、1家族分なららくちんだと思います。1人前が8〜10cm角の正方形 x 高さ6〜7cm(うち、ベシャメルソースが1〜1.5cmほど)でしょうか。

途中まで作っておく事も可能です。ベシャメルソースを乗っけるまで作っておいて食べる日にソースを作って乗っけて焼けばいい話です。これにサラダでもあったら立派な献立になりますよ。

余談ですが、ベシャメルソースによっては焼けた表面が膜になってペローンとはがれます。やたらと膜がこげてる事もあります。私の勝手な基準としては、ダンナが膜をはがして残したらベシャメルソースは改善の余地あり、すべて食べたら上出来、となっています。

...どうやら今回は上出来だったようです ^^
[PR]
by yetiherder | 2011-02-27 04:18 | ギリシャ料理: 肉類
肉を食べよう ΤΣΙΚΝΟΠΕΜΠΤΗ(チクノ ペンプティ)
今日はチクノペンプティです。「チクナ」は肉の焼けるあの香ばしい香り、「ペンプティ」は木曜日のことです。
b0193316_3101093.jpg

キリスト正教の大斎(西方教会の四旬節)の40日間の食事制限(一般的に菜食、ギリシャでは貝やイカ、海老など“血の通っていない”食べ物はOKです)を前に、肉を思いっきり食べて肉のストックも処分しよう、みたいな感じでしょうか。義母はやってますが、実際に食事制限をする人は限られていますね。ドイツののFetter Donnerstagや、イギリスのPancake Tuesdayと似たようなものですが、パンケーキどころか肉を山ほど焼いて飲んで踊って(笑)、最近ではお祭り騒ぎの口実と言った方が正しいですね。家族、友人で集まったり、地方自治体が太っ腹にもタダでサービスする所もあるみたいですね。もっとも今年は悪天候もあり、例年よりずいぶん静かな気がします。テレビのニュースでも山ほどの肉が写り、外からは炭のスモーキーな香りも漂っていたり。

さて、肉気ゼロの私と最近ずいぶん肉を食べなくなったダンナ、バーベキューどころか外は大シケ。停電もちょこちょこあり、チクノペンプティとは全く無縁な二人です。

という訳でひるごはんは手打ちラーメンよ!
b0193316_3273820.jpg

なんでって?

それは、日本で麺(ラーメンと特にうどん)に目覚めたダンナのために打ってみたら結構楽しくて。それに、停電中の暇つぶしにもってこいなのでした ^_^;粉ものってなんか捏ねてて落ち着くというか無心になれるというか、作るの好きです。「手打ち麺って結構手あかとか入ってるのかなあ」なんて、椎名誠的な事を考えてみたり 椎名誠さん、ごめんなさい

粉400g、水160ml、卵黄1個、塩小さじ1、かんすいの代わりに炭酸ナトリウムとみょうばんを。炭酸ナトリウムだけだと独特の味が気になりますが、みょうばんをいれるといいみたいです。パスタマシーンがあれば楽なんでしょうが、暇人には包丁で切るのもいい練習。これで4食分ですが、ウチのダンナだと2食分ですね 汗

b0193316_336667.jpg
モタモタしてたら麺がスープを吸って...

これは私用。そういえばラーメンを食べるのは数年ぶりです。

突然ですがラーメンのトッピングってなんですか?お恥ずかしながら、いわゆる今の日本の「ラーメン」って食べた事がありません。背脂だの魚介系ダシだの替え玉だの専門用語はテレビで聞くくらいでちんぷんかんぷんです。ラーメン1杯に一時間並ぶ、なんて我が辞書にはない!のでした。

むかーし父親と外で食べていた私の中の王道ラーメンは、なるととかうっすーいチャーシューとかメンマの乗った、鶏の澄んだスープの今で言う中華麺と言えばいいのでしょうか。地元の中華料理屋の麺、的な存在の。もっとも、家でよく食べていた母の作るラーメンは冷蔵庫にある野菜を炒めたのがたっぷり乗ったやつでした(ウチのダンナもそれがラーメンだと信じていると思われます;^_^A )。メンマ好きの私としては幼心にも納得いかなかったのを覚えています。結局好きなもの乗っければいいんですよね...?

フダンソウを茹でたの、ラディッシュ、椎茸の中華風甘辛煮、茹で卵と海苔、あるもの乗っけてみました。スープは日本でいただいた出来合いのヤツを使ったので、肉気5%くらい? 笑 これをラーメンと呼んだら日本のラーメン愛好家に怒られそうですが、これはこれでとてもおいしかったです。手打ち麺、意外に上手くいくものですね。ハマってます。服も台所も粉だらけになりながらも、改良していきたいです。

話が大幅にそれましたが、ラーメンをズルズルすすりながら過ぎていく、私たちのチクノペンプティでした。
[PR]
by yetiherder | 2011-02-25 04:13 | ご飯 麺 粉もの
帰ってきました。
b0193316_21411063.jpg

ニシロスは丁度アーモンドの花が満開です。

道で会う人が「καλώς ορίσατε!(カロス オリサテ − ようこそ、お帰り)」と挨拶してくれるのが暖かいですね。アテネに1週間滞在し、コス島に飛んで一泊してからようやくたどり着きました。ちょっと湿気臭い我が家の掃除、洗濯、スーツケースを空けてお土産を渡して...完璧に落ちつくにはもう少し時間がかかりそうです。

しかし、冬のニシロスの静けさを忘れていました 笑

人口はおそらく500人ほど、いつもはにぎわうカフェもガラガラ、八百屋も品薄だし(今ニシロスーコス間の船が修理中でないので、それもあるのかと...)魚屋に至っては来ません おい! 人がいないと働く気も起こらないのか、皆さん怠け気味ですね。アテネから船で送った私たちの荷物なんて、家まで届けてもらうはずが1日中港に放置されてました 爆 雨が降らなかったのが不幸中の幸い、島のこういう事にはもう驚かなくなりましたが、日本から帰ってくるとギャップが激しすぎで笑うしかありません。

そんな中、義父の届けてくれた野菜に本当に助けられています。ラディッシュ(二十日大根)、ナス、レモン、ほうれん草に大量のレタス。洗ってから冷蔵庫に入れないと、冷蔵庫の中にカタツムリが、なんて事も過去にあったので流水できれーいに洗います。 「無農薬でおいしいから君に先超されちゃったよ」なんてぶつぶつ独り言をいいながら虫、雑草、石なども取り除きます。虫に弱い方にはキビしいかな...

b0193316_225773.jpg

ギリシャのサラダというとこんなトマト、キュウリ、フェタチーズなどの”ホリアティキ(田舎風)”が有名ですが、この時期になると旬のレタスのサラダなんかもよく食べます。レタス、ディル、スプリングオニオンにレモンとオリーブオイルのサラダはこってりした料理にもよく合いますよ。八百屋が品薄のためスプリングオニオンがないのが玉に傷ですが、ラディッシュを加えてしゃきしゃき、野性味溢れる野菜の味、季節を感じさせるサラダになりました。

b0193316_22143892.jpg

ところで、家計にも体にも優しいキャベツのサラダ(これはポリティキサラタ、イスタンブール風キャベツのサラダです)も冬はよく食べるサラダです。もっとも真冬でもホリアティキは食べれるんですけどね。実際うちのダンナは冬でも頑にホリアティキをオーダーします。体がとても冷えそうなので私は控えますが。

今日のダンナのメインは、ギリシャ風スパゲッティーボロネーズ。日本でも作ったのですが、なんか肉の味が違って同じ仕上がりにならないんですね。ちなみに私のメインはお粥 涙 でした。好きですけど...アテネで高熱を出しまして。湿気の高いヨーロッパの冬って体とあまり合わないようです。太陽が恋しいです。
[PR]
by yetiherder | 2011-02-22 22:20 | ギリシャ料理: 野菜
立春。
b0193316_2091367.jpg

気が付けばもう2月。皆様どうお過ごしでしょうか。

3か月近くにも及ぶ日本滞在も終わり、明日ギリシャに帰ります。

昨年のゴタゴタ(そのうちお伝えすると思いますが…)、将来のことそして今年のこと、いろいろと話し合って過ぎた3か月でした。

ゆっくりと考えてエネルギーも貯蓄した分、ギリシャに帰ってからが忙しくなりそうです。

日本に来たらあれもしたいこれもしたいと思っていましたが意外とできないものですね (笑)

ニシロス時間に慣れたぶん、日本での生活はせわしく感じ、電車ひとつ乗るのも目が回るようになり…^^;


まぁまた人ごみからかけ離れた生活に戻れるのはうれしいような悲しいような。

住めば都、でも先月の嵐の影響で荒れているであろう我が家に帰るのがうれしいような悲しいような。

複雑な気持ちです。


さて話は変わりますが、食いしん坊の私、ギリシャに帰って恋しくなる食べ物は。

b0193316_2010026.jpg

浸し豆とか

b0193316_20125917.jpg

大根の葉とじゃこのふりかけとか

あ、いえ、金目鯛も寿司もあんこうもおいしかったです。

でも、実家の母が作る、子供の頃何とも思わず食べていたこんなものが

一番おいしい気もします 安上がり~

次の投稿はギリシャからでしょうか。

これからもよろしくお願いします!
[PR]
by yetiherder | 2011-02-07 20:13 | つぶやき