ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ニシロス( 37 )
雨と言えば...?
b0193316_17473336.jpg


恵みの雨。日本ではこの時期台風などもあって大変ですね。風がビュービュー曇り空で蒸し暑く、家の外はこのようにどんより。

この島ではこの時期、雨といったら...

b0193316_17482130.jpg








停電です  

雨のない夏の数ヶ月に積もった埃や土が水で流れて、ケーブルのつなぎ目に水が入り電流が流れてしまう、といのが原因らしいのですが。

料理は簡易コンロ、洗濯物がたまる、ネットが繋がらないなどは我慢できても、一番辛いのは水が出ない事です。各家の地下にある貯水タンクから電気パンプで使う分だけ水がくみ上げられる仕組みなのです。

実はこの2日、コス島から友人が遊びにきてくれていました。が、運悪く海は大荒れ、初日の夜はろうそく1本を囲んでレストランでディナー、2日目の夜はぷつぷつと停電があり料理中の私はハラハラ。今日も海は大シケ、無事に帰れたと祈っています...こんな不便な田舎に招待してしまってなんだか申し訳なかったです(汗)

今朝も起きたら電気がない。電気のある生活に慣れすぎてしまった自分を恨みながら、やる事がないので二度寝をしたのでした 注:単なる怠け者ともいう
[PR]
by yetiherder | 2010-10-14 18:10 | ニシロス
秋の気配
人気のすっかり減ってきたニシロスです。シーズン終わりまであと1ヶ月弱、今年の観光シーズンはあっという間でした。

仕事が減りあまりあまる体力を消費するべく今日はお散歩。
b0193316_15125755.jpg

町の中心から1分も歩けばこんな小道にでます。この道の両脇には今は使われていない畑がたくさん。春にはハーブ、ホルタ(葉っぱ野菜)に野生のアスパラガスなどを穫りに来ます。

雨の降らない事数ヶ月、すっかり枯れきった土地。5月頃はここもハーブや花で緑一色だったんですけどね。
b0193316_151615100.jpg

唯一咲いていた花。
b0193316_1516404.jpg

日本は紅葉の季節でしょうか。ここはこれから冬にかけて雨が多くなり、春にはまた緑を取り戻します。でも秋を通り越して景色はもう冬、っていう感じですね。
b0193316_15225921.jpg

お、オリーヴ頑張れ!去年は豊作、今年はどうでしょうか...
[PR]
by yetiherder | 2010-10-04 15:27 | ニシロス
貧乏クルーズ!
b0193316_2254431.jpg

白い砂浜はとてもひさしぶり。

観光客も減りはじめ、ちょっと空いた時間で「海に行こう!」となり...最近結婚1周年だった私たち、ドタバタしていて何もできなかったので自分たちへご褒美。
b0193316_22551262.jpg

サンアントニオ島にやってきました。地図には載っていないであろうサイズの島。ニシロスから見ると後ろのヤリ島(真ん中左の白い山は軽石)と一緒に見えます。(どこだかわかります?)ヤリ島は丁度立体感のある三角ビキニのような形で、下の写真では右の胸(笑)のあたり。
b0193316_23112315.jpg
イヤ〜今日は秋晴れでした
少し冷たくなった海で30分も遊んだらお迎えが。
b0193316_23182534.jpg

とってもお茶目な漁船とキャプテン。風がでてきたので引き上げます。

乗り心地は最悪ですが(笑)海の上にいるだけでリフレッシュできます。船を持っていないとここまでこれないですしね。ちょっとした「クルーズ」ってことで。
b0193316_23185168.jpg

???カツオの仕掛けを仕掛けてみたものの結果の方は...まあ楽しかったからいいね。

そんなこんなでつかの間の休息でした。


夜はこの時お世話になった歯医者さんと一緒にディナー。

2.5キロ、80ユーロで買ったロブスターを持ってクレアンシスへ。自分のレストランでもいいのですが、たまには外食気分をということでお隣サンへ。まあ、同業者といえども友人通しですからね(^^)
b0193316_23274611.jpg

これは私の1匹目、卵持ちでした。手で、失礼〜ちなみに3人で6匹食べ尽くしました(爆)ロマンチックとはお世辞にも言えないですが、私たちらしくてよし!

でもしばらくロブスターはいいや...(^^);
[PR]
by yetiherder | 2010-09-28 23:29 | ニシロス
Αγιος θεολογος(聖ヨハネ)のお祭り
b0193316_22225878.jpg

昨日は丘の上にそびえ立つニキア村のすぐそばにあるアギオスセオロゴス修道院のお祭り。写真はクレーターからみた写真。風のある日は結構硫黄くさい。

中には古くから伝わる絵画が祭られている。
b0193316_22255325.jpg

この島のお祭りは少なくとも年に10回はある。内容はどこもあまり変わらなく、飲んで食べて歌って踊る、というもの。
b0193316_2224414.jpg

みな顔見知り、いつもの音楽にいつもの踊り。
客寄せのためでもなく、毎年なにを変える訳でもなく。
お年寄りも子供達も、金持ちも貧乏もみんな一緒に、自分たちが楽しむためのお祭り。
それは昔とかわらぬ風景。

島の人による、島の人のための大切なイベント。

お祭りのある生活、っていいですね。
[PR]
by yetiherder | 2010-09-26 22:26 | ニシロス
Σταυρος(スタヴロス)修道院のお祭り
14日の夜は毎年恒例のお祭りでした。島で一番大きいお祭りではないでしょうか。

場所は火山の近くの山の中。砂利道で行きにくい場所ですが、この日はバスもでています。

ちょっと遅れて到着した私たち。既に人でいっぱいです。
b0193316_2395474.jpg

伝統的な音楽が鳴り響き、せまい通路を手をつなぎ合って陽気に踊る地元の人たち、目が合うものならダンスの輪の中へ引き入れられます。何種類かステップがあって、それを覚えてしまえば結構簡単です。
b0193316_2423120.jpg

ちょっと見難いかもしれませんが、ダンスの先頭に立つ人は赤いハンカチを手に持ちます。基本のステップに自分でアレンジを加えて見ている人を魅了する、だいたい踊りが得意な人が先頭に立ちます。ダンスに参加したい人は列のどこにでも割り込めますが、先頭の人は曲が終わるまで交代しません。
b0193316_2453683.jpg

さあ、踊ってお腹もすいてきた頃に料理ができ始めます。今日は毎年恒例のヤギ料理。キッチンは大釜で炊き出し、山のようなギリシャ風サラダ、ポテトサラダにパンもすごい量です。トマトソースで柔らかく煮られたヤギとお米がメイン、またヤギのレバーの煮付けもあります。
b0193316_2482744.jpg

そういえば一応修道院でのお祭りでしたね(笑)ここ、スタヴロス修道院のアイコンが運ばれ、皆さん胸で十字架を切り、アイコンにキスをします。元々はどういうお祭りなのかは実は謎です。ダンナに聞いても知りませんでした。宗教的な意味はかなり薄れているように感じます。
b0193316_2515114.jpg

こんな古い写真も中に飾られています。

そうして飲んで食べて踊っている間に夜は老けて行くのでした。ちなみに朝の4時に帰宅。次の日の仕事は辛かった...自業自得ですね(笑)

以上、超短いですがお祭りレポートでした!
[PR]
by yetiherder | 2010-09-16 02:55 | ニシロス
ΚΑΛΟ ΜΗΝΑ(よい月を!)
b0193316_844655.jpg

早くも9月ですね。昨夜の船で大半の長期滞在者が去り、ニシロスはいつもの静けさを取り戻しつつあります(さみし〜)。今年の観光シーズンは本当に短く、今日のギリシャの、またヨーロッパの経済危機のダメージの大きさをひしひしと感じます。

そんなギリシャ、今日からレストラン、バー、公共の場での全面的な喫煙禁止とタバコ広告の禁止令が施行されました(屋外では喫煙可能、またカジノなどの大型娯楽施設も免除)。去年施行された一部的な喫煙禁止令は全く効果がなく、今回の禁止令もどれだけ守られるのか?疑問です。特にここのような田舎は、警察官も法律を守っていない事が多いのが現状です(ってこんなこと暴露しても...いいですよね?)

喫煙率がヨーロッパで一番高いと言われるギリシャ。ヨーロッパの平均喫煙率は29%。ギリシャはそれをかなり上回る40%といわれています。ギリシャに住んでいる方、または旅行に行った事がある方は日常的にそう感じるシーンも多いと思います。当のギリシャ人は既に文句タラタラ。若い人のあいだではまだ理解があるものの、カフェニオで一日中コーヒーを飲みながらトランプをやり片手にはタバコ、というのがお決まりのお年寄りには特にきついのではないでしょうか。

パパンドレウ首相はこの喫煙禁止令について

"It will contribute to the work we're doing that's aimed at changing attitudes, norms and behaviour to improve our quality of life"

国民の健康を守るため、そして自分たちの行動に責任を持つため、という、今のギリシャの経済危機対策を反映する発言をしています。正直、外務相だった頃大麻の個人利用を推進していた人の発言とは思えませんが(笑)

喫煙禁止が成功している国(イギリスなど)や地域(ニューヨークなど)の前例を見ると、まずタバコの値段がとても高いことが分かります。今年始め(だったかな?)税金の値上げ(といってもひとパック20円ほどですが)あったものの、ダンナいわくまたタバコが安くなったそうです。この矛盾はいったい...まずはタバコ税の増税が先、という気がするのはわたしだけでしょうか。

うちのレストランも含めほとんどのレストランは幸いに(というのか?)全席屋外なので、この法改定でそう変わる事はなさそうです。是非とも成功してほしいと思う反面、時期的にも施行のあり方にしてもちょっと無理があるのでは、と感じます。

そんな話題で持ち切りのギリシャです(もちろん、ここでは誰も気にかけていません!)。やれやれどうなる事やら...

ということで、9月のはじまり〜残り少ない観光シーズンですが、全速力でいきます!

***訂正***

前回の記事について。

ギリシャでのフリーキャンピングは全面的に禁止されています。「許されている」のは、その地域での取り締まりが手ぬるいだけだそうです...と、言う事で、物を盗まれても警察に行けない事情がある訳ですね。訂正とお詫びを申し上げます。
[PR]
by yetiherder | 2010-09-02 08:16 | ニシロス
ニシロスのビーチ:παχια αμμος (パヒャ アモス)で事件
b0193316_3332850.jpg

「厚い砂」という名前のビーチです。大粒の茶色い砂はやはり火山の島のビーチという感じがします。島の南東の道の終点(行き止まり)から、細く険しい道を1キロくらい歩いた所にあります(ビーサンはかなり危険です(^^);)。全長350mほどの無人島にいるような気分になれるビーチです。

ニシロスはギリシャ国内でフリーキャンプができる数少ない島のひとつです。指定された地域以外でのキャンプは法律違反となります。そしてニシロスでのフリーキャンプ指定地域はこのパヒャアモスビーチです。***9月1日訂正***フリーキャンプは法律違反です!8月の間に1000人近いギリシャの若者たちが訪れます。今年からはシャワーが設置され、ますます使い勝手がよくなったそうです。

しかし日陰もない、店もない、車かバイクがないと行けない(バスもなし)、そういった環境で一緒にキャンプをする中でお互いに助け合ったり気の合う仲間ができたり、それもフリーキャンプの楽しみのひとつだと思います。

そんな中、盗難事件がありました。被害にあった私たちも知っている二人は夏の間この島に働きにきていた長期滞在者で、家賃もタダなのでこのビーチで生活していました。一人はラップトップに船のチケット、もう一人は洋服を大量に盗まれました。怪しまれるのは今朝の船で発った10人ほどのグループです。

「そんな事はよくある」と思われるかもしれません。今都市では毎日のように銀行強盗、窃盗のニュースを聞きます。しかし、この島は幸い盗みや泥棒とは無関係の島です。多くの家は鍵はドアにつけっぱなし、届け物が家の外に置かれていても盗まれるようなことはありません。強盗なんてもってのほか。だからといって油断は禁物ですが、そんなのどかさと安全さがこの島のいい所です。1つの盗難事件で評判が悪くなるのは非常に悲しい事です。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-30 03:34 | ニシロス
ニシロスのビーチ:Αυλακι(アブラキ)
今日は、ニシロスに数あるビーチのひとつ、Αυλακιの紹介です。

島の南に位置し、島で一番行きにくい場所のひとつです。しかも、ビーチというよりは岩場、ですね。
b0193316_1994115.gif

遠い、日陰がない、店もない、それでも行きたくなる理由は水がきれいだからでしょうか。ザブーンっともぐれば、底にはウニ、魚、運が良ければロブスターも見えます。昔は港があったそうですが、今は家ひとつありません。海辺に温泉が湧き出ている所もあり、昔はにぎやかだったんでしょうね。

波も穏やかで、南に位置しているせいか、水も暖かめに感じます。岩場の陰でごろーりとビールを飲みつつ本でも読んで、暑くなったら泳いで...なんていう一日、最高です。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-19 19:34 | ニシロス
Παναγια つながりで
お祭りも終わり、ずーっと寝てたのですが復活しました(笑)

写真は撮れませんでした。一晩中汗だくになってひたすら働いたことしか記憶にないです^^;朝の5時に家に戻って自分の顔を見たら、スッピンにマスカラのみの顔が映っておりました... ウォータープルーフでよかった
b0193316_21182215.jpg

さて、この船の名もパナギアスピリアニ。ニシロスとコス島をつなぐ、重要な役割があります。観光船があるのは5月から10月まで、この船は冬の間も毎日(悪天候以外は)行き来します。車も4台くらいなら乗せられます。

今までは島の住民の利用はタダだったんですが、今月から片道4ユーロ取られる事になりました。ちなみに正規の値段は片道8ユーロ。これはかなりの痛手です。

最近値上げのニュースばかりで嫌ですね〜。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-17 19:04 | ニシロス
お祭りを控えて
暑い日が続いています。

今週末は、この島で一番のお祭りともいえる、Κοίμησις(キミシス)、ギリシャ正教では生神女就寝祭(カソリックでは聖母被聖天)。聖母マリア(ギリシャ語ではπαναγιαパナギア)が永遠の眠りについた事を祝う日です。自分宗教には疎いのでよく知りたい方はここから。
b0193316_21194293.jpg

島の北西の丘の上に建つ教会(もとは修道院)がパナギア.スピリアニ、「洞窟のマリア」、聖母マリアを祭った教会です。

b0193316_2120998.jpg

中はこんな感じ。洞窟です。18世紀から伝わる、キラビやかなアイコンや装飾品でいっぱいです。

15日の前夜からミサが夜通し行われ、毎時間船がコス島との間を行き来します。訪れる人の数は3000人くらいでしょうか(島の人口は1000人以下です)。

この日、レストランは一年で一番の稼ぎ時。夜中の4時だって5時だってお客さんは来ます。15日の昼に最後の船が立つと、私たちの長い1日も終わり後は寝るだけです(笑)

写真撮る時間があるかどうか?ですが、是非とも紹介したい、ニシロスのお祭り騒ぎです。
[PR]
by yetiherder | 2010-08-13 20:41 | ニシロス