ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
お気に入りブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
人気ジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ニシロス( 37 )
ぼちぼちと。
店が大繁盛でブログが更新できませんでした。

なんて言ってみたいですが(笑)ラップトップのケーブルがとうとうちぎれて更新できなかっただけです ^^;

ここまで放置してると一体なにを書けばいいのか悩む所。カメラの写真をたどりながら整理をかねて何気ない出来事をちょちょっと。

店の方はぼちぼちです。17日の再選挙が終わりやや落ち着きを取り戻し、観光シーズンもこれからピークを迎える訳ですが、エーゲ海の島々では去年に比べてブッキングが50%ダウンとの事。いや、今年は厳しい。義父も「26年店やってるけどこんなに厳しいのは初めてだ」と言ってますし。

今年の聖人ニキータのお祭りの後の恒例ランチはうちの店でやることに。

b0193316_3371659.jpg

レロス、カリミノス、ロードス、コスなどからやってきた司祭さんがぞろっとそろって面白い風景でしょ。食べる時にヒゲはどうしているのか見ようと思ったら忙しくて見れなかった... (笑)

この写真、一枚目はテーブルの上に見える黄色いタオルを首につけているショットで司祭さんからボツにされましたよ 笑 ま、メニューのなかにビーツもあったし食べこぼしに注意...って黒だから目立たないよね ^^

他の料理は干しタラのフライにニンニクのディップ、ピティア、ギリシャ風サラダにブリアムという野菜のオーブン焼き。〆はスイカ。空っぽになって帰ってくるお皿を見ていると気持ちがいいです。

娘の洗礼のことについてもアドバイスもらえて別の意味でもいい日でした。

b0193316_3491470.jpg

そうそう、町中にあるビーチが拡張されたようです。ここは砂を運んできて作っているちっさなビーチですが、町中にありカフェなども周りにあることから子供や子連れの人に人気です。前は石造りの建物の所まででした。

b0193316_3523097.jpg

ある日は花屋がやってきて花を買いました。花屋という言い方はオカシイか...切り花はないです。こうやってトラックいっぱいに植木やら椅子やらトイレットペーパーやら乗っけて売りにくるんです。バザールの店が一店ずつくる感じですね。

b0193316_3581710.jpg

店用に何点か買ったらカーネーションを安くしてくれました。

ちなみに私の特技は植物を枯らす事 汗
このカーネーションも今瀕死状態です。水あげてるのに... 涙

b0193316_3574272.jpg

あじさいにすりゃ良かったかな...

b0193316_40417.jpg

町で見かけた不思議な顔をしたネコ。小顔なん?デブなん?

b0193316_4125787.jpg
失礼ネ、コレデモ顔ヤセタノヨ!
我が家のプクプクさんはこの通り。ベビーカー暑すぎて氷枕中。

日本は梅雨まっただ中でしょうか。ニシロスは暑いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-07-05 04:18 | ニシロス
ΠΡΟΒΕΖΑ

b0193316_22334562.jpg

ΠΡΟΒΕΖΑ(プロヴェザ)。

ギリシャでも島の方でしか通じない言葉かもしれません。西からやってくる大型の低気圧による嵐のことです。シロッコもそうですが船乗りの言葉ですね。冬には毎年一回はやってきます。

先週の水曜日はプロヴェザでした。


海岸に近いこの通りはタヴェルナやバーがある通り。浸水はもちろん、屋根の上まで波が達していました。



これはその名も「プロヴェザ」というインターネットカフェからの映像。ふさわしい名前だけどインターネットカフェとしての立地条件は最悪 笑

うちの店も海沿いですがちょっと高めなので被害は少なかったです。ただ

b0193316_22423341.jpg

海と同じレベルにあるトイレのドアはこうなりました。

一昨年のプロヴェザでは大きな石が激突しドアの下半分がなくなりました。

不思議なのは...

プロヴェザが来ると分かっていながら全く準備のできていないこの島の住民 !!!

暢気にもほどがある...

男8人がバケツや箒などで浸水を一生懸命食い止めようとしている姿は

「がんばれ!」

よりも

「っていうか経験から学ぼうネ...」

となります ^^;

台風のある日本では結構普通のことかもしれませんけどね。

嵐の去ったニシロス、今週の予報は25℃と夏の到来のようです。


↓今日も応援よろしくおねがいします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2012-04-22 22:51 | ニシロス
野良猫・本音トーク。
よく晴れた土曜、朝10時。自宅から歩いて2分のミニスーパーへの往復途中

b0193316_2161725.jpg
ボク、ホントはデブだにゃん

道で出会った人ゼロ、見かけた野良猫7匹 

ギリシャの島は野良猫が多いですが、その中でもニシロスの猫の多さには驚きます。

島のマスコット的存在でもあり、観光客のレンズの先にはいつも猫達が。

でも、正直結構な困り者なのです。

b0193316_2205530.jpg

ある日の雨上がり。小雨がやんでドアを開けたら鼻を突く糞尿臭。猫の糞尿が水に濡れたことによって悪臭を放ちます。

ちょっと前まで義父の家は野良猫が家の中も出入りしていました。アレルギー持ちの私はくしゃみが止まらず辛かったです。ダンナの息子は義父の家で数泊した後猫から感染病をもらい、コス島の病院に連れていった事もありました。私も妊娠してからはトキソプラズマの危険もあるということで野良猫の出入りする友人宅などは近寄らないようにしています。

掃除してまとめてカバーをかけておいたレストラン用の椅子の上をトイレとして開拓され(涙)ダンナも私も激怒。店を引き渡したにも関わらず、未だに店の前で猫に餌をやる義父と大げんかしたのでした。

義父は店の向かいの家の駐車場で餌をやるんですがいい迷惑を被っているのはその家の住民。餌付けされてそこを住処にしている猫たちによって車は傷だらけ。もちろん苦情を言うも、義父は聞く耳をもたず。「オレの猫じゃない、野良猫だ」の一点張り。ダンナのバイクや私の自転車の座席もびりびりに破られました。

b0193316_231810.jpg

レストランなど飲食店で野良猫に餌を与えるということ。

これがまた困り者なのです。

脂っぽい料理を床に投げられれば石畳やコンクリートだって油染みになりますし、滑って危険です。おもしろがって猫が食べない物を与える人もいるし、そういったものはもちろん掃除の手間を増やします。食べ慣れない物を食べたのか店の床に猫の嘔吐物を見つけることも。

餌付けされれば猫はもちろん住み着きます。一番困るのが猫アレルギーや、「猫は絶対イヤ!」というお客さんが来たとき。「この猫どうにかして」と言われても時既に遅しなんですね。店の真ん前で猫がバイクに引かれたのを目撃したお客さんがパニクる事件も今年はありました。

b0193316_2303420.jpg

週末、ゴミの収集がない日はゴミを荒らされます。ゴミを捨てに行き蓋を開けたら猫が飛び出すなんてことは日常茶飯事。

そんなに多数の野良猫がどうやって生き延びるかといえば、数人の猫好きが養っているのと、ゴミをあさっているのと、あと一部の猫は半飼い猫状態になっています。

b0193316_2412211.jpg

もちろん、生き延びられずに死んでいく野良猫もそれはそれは多いんです。親猫は人の立ち入りにくい場所に子猫を隠すので、生後2週間ほどして外に出てくるまでは子猫の健康状態も分かりません。でも大体、生まれてくる子猫の半数はこんな風に目の病気にかかったり、バイクに轢かれたり、餓死したり。

最も、悪いのは猫じゃなくて人間です。

野良猫達は生きるために当たり前の事をしているだけだからです。

一部の人たちが「じゃあ猫を捕獲して去勢しよう」と提案するも、野良猫達は警戒心が強く捕まえるのもプロに頼むしかありません(もちろん、ぐーたらな役所がこんな事を手配してくれるはずもなく)。普段は野良猫の文句ばかり言っている人たちの中にも「去勢は可哀相だ」なんて言い出す人もいます。今年の夏、ある動物愛護団体からニシロス宛に苦情の手紙が届きました。去勢もせずこんなにほったらかしにしているのは動物虐待に当たる、と。

かと思えば残酷にも毒を撒く身勝手な人もいます。毒を食べた猫を見た事、ありますか?のたうち回り、もがき苦しみながらゆっくり死んでいく姿は本当に無惨な物です。

ダンナの祖母の話だと、一昔前は子猫が生まれるとそのうちのほとんどを水に沈め窒息死させて猫の数をコントロールしていたとの事。年配の方の中には未だにこれをやる人もいます。最も最近は残酷だという見方がほとんどです。

意見の調和、協調的行動が全くできない(これは猫に関する事だけではありませんが...)島の人々。餌をやるなと怒りながらゴミを箱に入れずにおいていく人、子猫をうちの店の前に捨てていく人(ここなら義父が面倒みると知っていて)。文句を言いつつも結局ほったらかしにしているのが一番の原因じゃないでしょうか。野良猫に餌を与えたいなら町や人から離れた場所にするとか、ゴミ収集場を猫が荒らさないような工夫をするとか、そういった気遣いが全く感じられません。「ギリシャの島らしいきれいな町並み」を観光の売りにしているわりには、目につくのは汚いゴミ捨て場、道端の糞と悪臭。これじゃあ自分たちの首を絞めているようなものです。

個人的な意見をいえば、猫アレルギーですし店の事もあるし、食事中は猫には近寄ってきてほしくないし、野良猫にはどちらかといえば被害を被っていると感じます。でも野良猫を徹底的に駆除する必要もないと思います。実際、島から猫が消えたらちょっと悲しいですし。問題は、その数です。猫が好きな人もいれば嫌いな人もいるんです。野良猫は飼い猫じゃないんです。野良猫も人間もうまくやっていくためには、人間がその数をコントロールする以外に方法があるんでしょうか。

自分の愛車の上で誰かがハトに餌をやっていたら、嫌ですよね。そんな感覚をたまに覚えます。

ちょっと立ち止まってこんな事を考えてほしいなぁ、とたまに思うのです。

b0193316_3174286.jpg
隣の家の屋根の上で黄昏れ中を激写。

↓今日も応援ヨロシクお願いしま〜す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-21 04:26 | ニシロス
秋晴れ
b0193316_2472070.jpg


昨日の早朝は激しい雷とともに、春以来初めての雨が降りました。

夜が開けて外に出るとまあ空気の澄んでいること!
4ヶ月分のチリとモヤが取り除かれた気分です。
こんな秋らしい雲も新鮮。

b0193316_2512336.jpg

トルコがこんなにはっきり見えるのも久しぶり。右に写っているフェリーはキプロスから来たカリプソス号。朝からじいさんばあさんで賑やかな日でした ^^;

b0193316_313744.jpg

もうそろそろ冷たい麺より温かい物が食べたくなります。この夏のお昼は麺、特にそうめんをよく食べた気がします。何てったってあっという間に作れちゃいますからね。左上はスルメとネバネバ昆布、右上はエビのグリーンカレー、下はタコキュウ。海苔の切り方に性格が現れてますね(苦笑)にゅうめんもいいけど素麺完食しちゃいました...

b0193316_353611.jpg

よく食べていた桃やネクタリンもスカスカでもう食べ納め。固かったネクタリンはカラメルソースでソテーしてギリシャ風ヨーグルトとバジルで。作り置きしておけるし、朝食にもぴったりですよ。

b0193316_3143584.jpg

この植物、ギリシャではΝΥΧΤΟΛΟΥΛΟΥΔΟ(ニヒトルルド)、「夜の花」と呼ばれているもの。夜になるとつぼみの先っちょが開いて、それはそれはいい香りがするんです。甘いジャスミンのような。昼間はきっちり閉まっていて匂いは全くしないから不思議。今が季節のようです。

b0193316_317571.jpg

常夏のイメージのハイビスカスですが、今が一番綺麗な時期です。これからイチジク、ザクロなどのフルーツも旬ですね。楽しみです。

以上、最近のニシロスでした!


↓ポチッと応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-09-24 03:23 | ニシロス
出会いの秋?
b0193316_364329.jpg
この役立たずっ!!

ニシロスの船が大変な事になってます。

事の発端は先週の日曜日。ピレアスにあるロシア系の船の登記所がニセの書類を発行していた事が発覚。そして火曜日、その登記所が関係しているギリシャ中の270の船にストップがかかりました。

...そう、そのときワタシは歯医者通院でコスにいたんです 涙

行きはよいよい帰りはこわい、乗客を乗せられない船は空っぽで出発港に戻り乗客は置いてきぼりという事態に。ワタシは数時間後迎えにきたオンボロ船に乗り、数年ぶりに船酔いになりながらヨテヨテと帰ってきた訳です。最近、船と相性が悪いわ...朝の7時に家を出て帰ってきたのは夕方の6時。丸1日かけて歯医者に行く人ってそうそういないですよね...

b0193316_3143196.jpg

この事態、収集の目処がたっていないんですね。ニシロスへの大型(200〜300人収容サイズ)の観光船はすべてストップで、上のカマリ号のような小ちゃい船が一生懸命行き来しているものの、観光に与えるダメージは大きいです。毎日3000人近い日帰り客が訪れるシミ島では1000人以上が島で足止めを食らったそうです。

それにこのミニサイズの船ってプラスチック製が多くて、めっちゃ揺れるんですよ〜。船酔いする人は絶対無理ですね...

9月に入り都会でのストも本格化してますし、旅行者にはとんだ大迷惑でしょうね...

そんな中先週の日曜日、ギリシャ旅行の達人、フムフムさんがニシロスに来てくれたんです〜♪

b0193316_3291632.jpg

初めてお会いしましたがいや〜ステキな方でした。早朝に到着し、午後の船の出発までうちの食堂でおしゃべり。去年の夏にニシロス観光は済ませてるし、本当にする事のない島なんでね... 汗

ギリシャの島、ほとんど制覇されているんですよね〜すごいです。

タイトなスケジュールの中わざわざ回り道してよって下さったのに大したもてなしもできず、すみませんでした。今回の船の一件に巻き込まれていないことを願いながら、どうぞ残りの旅も楽しんでください♪

そうそう、昨日はちょっと遅れた4ヶ月検診でお腹の中の方とも会ってきました。相変わらず低血圧などはあるんですが調子はいいのでまぁよし、だと。性別も分かったんですよ〜ダンナ待望の女の子です。ワタシは...家系がオンナばっかなんで女の子だろうなあと予想はしていました。島の人には性別は言わない、ということで(もう噂されるのホントに嫌なんですよ...)義父母にも伝えてないんですけどね。

さて、これから名前を考える毎日になりそうです。

↓今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-09-10 04:30 | ニシロス
でかぺんで・あうぐすと。
8月15日といえば終戦記念日ですが、ここギリシャでは聖母マリアのお祭りの日。

b0193316_22244241.jpg

ここニシロスの修道院は聖母マリアを祭ったもので、コス島やロードス島からも多くの人がお参りにきます。

その数、ニシロスの人口の5倍以上。
b0193316_22265449.jpg

前日の14日の夕方から1時間ごとに船が到着し、丘の上にある修道院に達するこの階段もすごい行列。雰囲気的には、お正月の初詣みたいな感じです。

b0193316_22284962.jpg

この日は飲食店経営者にとって年に一番の稼ぎ時。

14日の昼から15日の朝5時まで働き...

...9時にはまた店へ。夕方の6時に店を閉めるまで働き通しです。閉めたら外のお祭り騒ぎとは無縁に家で涼みながら眠りに落ちたのでした。

13日から猛烈な偏頭痛に襲われ立ってもいられなかった私、でも働かない訳にはいかなく(何より皆の冷たい目線が怖い 苦笑)、頭痛薬を飲みなんとか乗り切りました。首の後ろに氷を当てるといい、というのを偏頭痛持ちの友人に聞いて試したらすっごくよかったです。助かりました♪

立ちっぱなしでお腹がパンパン、お腹の中の方には悪い事しました...

それにしても我ながら体力あるじゃん!と思っていたら、

今朝は腰痛で起きるのも一苦労 (´ω`;)



ここでちょっと我が店の料理の紹介を...

b0193316_22454611.jpg

これは普段はない今年初のメニュー。ムール貝のピラフ、ΜΥΔΟΠΙΛΑΦΟ(ミドピラフォ)です。宗教関連のお祭りのときは肉や乳製品を食べない人もいるので、カラマリ、エビ、タコなどは人気ですが米料理があってもいいかなあ、と作ったもの。ディルがたっぷりであっさりしてます。

b0193316_22491464.jpg

イワシのオーブン焼き。安い、体にいい、おいしい、知名度が高い、といいとこ取りのイワシ、国籍を問わず大人気です。小振りのイワシをニンニク、レモン、オレガノとオリーヴオイルで焼きます。レモン効果で骨まで柔らかいんです。

b0193316_2255251.jpg

地味〜においしい、ΜΠΡΙΑΜ(ブリアム)は野菜のオーブン焼き。これをフェタチーズとパンで食べるのがギリシャ風。ヨーロッパからのお客さんの中にはヴェジタリアンも結構いますが、そんな方にもおすすめ。大勢でシェアする時にはつけ合わせとしても。

この3品は実はこの2日間、自分が食べたもんだったり (笑) 

観光シーズンピークも残す所あとちょっと、しっかり食べて乗り切りま〜す♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-08-16 23:04 | ニシロス
海の向こうは古代都市だった
ニシロスはトルコに近くて、空気が澄んでいる日はトルコが見えます。

見える部分は

b0193316_245362.jpg

夜も明かりが灯る訳でもなく、特に町があるようでもない。で、思い立って調べてみました。

地図で見ると

b0193316_2525686.jpg
グーグルマップより

このYazikoyはちょっと内陸の町の名前でした。私が知りたいのは名前のついていない、この半島の左端っこ。サテライト地図で拡大してもビーチくらいしかないよう。

この地域の名前(Muğla:なんてヨムンダロウ...)が分かったらもう一息。

b0193316_345141.jpg
地図はこのサイトから

おっ!?

クニドス?



アナトリア半島にあった古代ギリシアの都市で、ドーリア人のヘクサポリス(6都市連合)の1つ。場所は、現在のトルコの、 ギョコヴァ湾(Gökova)に面したダッチャ半島(Datça Peninsula)にあり、地元ではテキール(Tekir)と呼ばれている。
 wikipediaより

b0193316_4174867.jpg

紀元前5世紀ごろから栄えていたこの都市は有名なギリシャの彫刻家、プラクシテレスの代表作であるクニドスのヴィーナス(アフロディーティ)が有名だとか。オリジナルは現存しないものの、文献や古代のコインからメディチ家のヴィーナスなどの有名なヴィーナス像の原型であることが分かっているそうな。

ちなみに一番最初の写真のコス島の更に上に見えるのもトルコ。



ボドルムという、今は有名なリゾート地。夏の間はコス島から毎日船が出ています。30分で外国に行けるお手軽さが魅力。真夏は暑いようで、あるガイドさんの話だと50℃を超える日もあるとか。

5月から10月の終わりまでは休暇なんてあり得ない私たちの生活。でも冬の間も週に数回船がでてるようなんで、今年の冬はボドルム、行ってみたいなあ。いい噂、いろいろと聞きます。出産したら旅行なんてしばらくおあずけだろうし。

謎が一つ解けて、ちょっとスッキリしたのでした ^^

↓今日も応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-08-12 05:21 | ニシロス
スマダ祭り
昨日の夜はスマダ祭りでした。

ちなみにΣΟΥΜΑΔΑ(スマダ)とは
b0193316_0343838.jpg


こういう飲み物です。

b0193316_036124.jpg

昔からアーモンドで有名なニシロス。苦くて食用にはならないが香りの強いビターアーモンド(アーモンドエッセンスもこちらのアーモンドから作られます)を発酵させて砂糖を加えたシロップを、カルピスのように水で割って飲みます。

毎年8月上旬にこのスマダが振る舞われるお祭りがあります。歌って踊れる言い訳みたいなお祭りですが 爆

b0193316_0463571.jpg

出店が出てると気分が盛り上がりますね。たこ焼き食べたくなっちゃったよ...

b0193316_0555171.jpg

もっと早く行けばいろいろなお菓子があったんですが、乗り遅れたためのこっていたのはルクマデスだけ。シロップを大量に吸い込んだこの揚げ菓子、甘すぎて苦手です。

これがたこ焼きだったらなあ... ←しつこい

b0193316_105883.jpg

今日の歌姫はなんと、89歳のおばあちゃん

b0193316_133333.jpg

ΑΝΝΑ ΚΑΡΑΜΠΕΣΙΝΗ(アナ カラベシニ)さん、上写真の左から2番目の小さなおばあちゃんです。アルバム写真の右側。これは何年前でしょうかね...左は昔一緒に活躍していたお姉さん(か妹さん)のエフィさん。νησιώτικα(ニシオティカ)と呼ばれる、エーゲ海の島々の伝統的な音楽を中心にCDもいっぱい出されている有名な方らしいです。座ったままでしたがそれでも1時間半以上歌い続けていました。深みのある彼女の歌声にちょっと感動してしまったのは私だけじゃなかったハズ...

**************************************

こういうお祭りが夏は頻繁にあります。この島の人にとって、お祭りは観光客寄せでも金儲けでもなく、最大の娯楽。ほんの数十年前は車なんて数えるほどしかなく、船も定期便はなし。村から村までは歩いて半日という距離。テレビと言う娯楽が広まったのは80年代後半ですし、冬は雨が多く暖をとる資源も少なくお祭りどころではなかったでしょう。そんな島での楽しみ、皆が集う機会といったらお祭りくらいのもの。こういうお祭りになると、特に普段は家でじっとしている中高年の方たちが本当に楽しそうに踊るんですよ。今の世代とは「お祭り」の持つ意味が違うんですね。実際義母と義父の出会いもお祭りだったそうですよ ^^

ニシロスのよさ、日帰り旅行では味わえない島の楽しみです。

あ、でも訂正します。島での最大の娯楽は井戸端会議でした ^^;


↓今日も応援、ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-08-08 03:13 | ニシロス
映画で見るニシロス
おとといnovacinema2で放送されていたので思い出しました。

b0193316_4315641.jpg

ΚΑΛΑ ΚΡΥΜΜΕΝΑ ΜΥΣΤΙΚΑ, ΑΘΑΝΑΣΙΑ (カラ クリメナ ミスティカ、アサナシア)、英語ではWell kept secrets, Athanasia、訳すと「包み隠された秘密、アサナシア」といったところでしょうか。

ギリシャ系アメリカ人のアンジェラが本当のお父さんと探しに、育ての父とギリシャの島へ旅に出るという話。母、アサナシアの辿った暗い運命を解き明かす事になります。現代と30年前を交差しながらストーリーは進んで行きます。



ストーリー性はあまりないのですが(一応実話に基づいているそうです)、映像がとてもきれいです。「ニシロスもきれいね〜」と思って見てくださればうれしいです ^^ 会話も少ないのでギリシャ語が分からなくても楽しめるはず。当時の生活や文化も上手く再現されているように思います。「エ〜男女差別ひどい!」と思わずにはいられない当時の風習、質素な生活、でも本当にこんな感じだったようです。

前にここでも紹介したギリシャの俳優ΓΙΩΡΓΟΣ ΚΑΡΑΜΙΧΟΣ(イヨルゴス カラミホス)が姉妹を手にかける色男を演じます。この映画の撮影は山奥のエンポリオスという村で撮影されたのですが、その後実際にエンポリオスに別荘を買って今でもちょこちょこニシロスに訪れています。文句を付けるとすれば、現在の年老いた役を演じる彼の特殊メイクがドリフ並みにベタ 笑

...しかし、ニシロスを知る人にとって一番の見所は、エキストラが地元人であること。

うちのダンナも出てるんです♪ 役は、身ごもり髪を切られた哀れなアサナシアを島から追放する強面の男 汗 最後のほうに、ちらっと。他にもいろんなシーンがあったらしいのですが、テッサロニキ国際映画祭に出品する際、放映時間の関係でかなりカットされたそうです。結局FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞を受賞しています。

2008年、北野たけしの「アキレスと亀」が同映画祭に出展された年です。

そして同2008年、もう一つニシロスで撮影された映画、Ο ΑΡΣΙΒΑΡΙΣΤΑΣ ΚΑΙ Ο ΑΓΓΕΛΟΣ(オ アルシヴァリスタス ケ アゲロス)。英名は"Angel and the weightlifter", 直訳すると「天使と重量挙げ選手」というとんでもない名前になっちゃうんですが、アゲロスは男性の名前、重量挙げ選手はニックネーム。

b0193316_5103137.jpg


これは途中からしか見てないんですが、火山の管理人である「重量挙げ選手」と、アテネからやってきた演劇プロデューサー、アゲロスの話。クレーターでのショーを企画するアゲロス、彼女と暢気に暮らす「重量挙げ選手」、性格の全く違う二人の間にいつの間にか亀裂が入り始める。古くから伝わる暗い伝説の存在、そしてある日それは起こる...



こちらもニシロス人には別の意味で面白い映画です(笑)。「重量挙げ選手」を演じるシデリス(ロン毛のほう)は実際にクレーターそばでカフェをやってるんです。冬の間はアテネでバーマンですが。

日本では見るチャンスが無いかもしれませんが、ギリシャにお住まいの方、ちょこちょこテレビでやってますんで、よかったら見てください!アサナシアの方は、ヨーロッパなら手に入るかもしれません。


↓食べてばかりじゃないです 爆 ポチッとよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yetiherder | 2011-07-13 05:32 | ニシロス
聖人ニキータスのお祭り
b0193316_4413624.jpg


今日は、ニシロス島の守護聖人、ニキータスのお祭りでした。

b0193316_4445747.jpg

港から歩いて2分の所にあるこの教会に祭られています。時代の流れにも負けず正教を信じ続け最後は火あぶりの刑となった彼はどうもこの島の出身であると信じられているようです。彼が生まれたという洞窟は、今年発掘の許可がおりましたが、まあ今の財政状態ではいつになる事か...

b0193316_453146.jpg

子供達の後ろから聖人ニキータスのアイコンがやってきて...

b0193316_4545295.jpg

その後ろから、ニシロスとコスの村からやってきた8人の司祭が。

右の白い服を来ている司祭が持っている箱の中に、聖人ニキータスの骨(っていうかミイラ?)の欠片が入っています。

...説得力があるような無いような 笑

...という事で今日店はギリシャのやかましいおしゃべりなジーさんバーさんで溢れかえりました。とても暑かった今日、日陰と冷たいビールを求める人で賑わいました。

ギリシャ人のお客さんが多い時、特に思うのですが...

どのテーブルも必ずオーダするもの。

b0193316_520610.jpg

それはサラダとΠΑΤΑΤΕΣ ΤΗΓΑΝΙΤΕΣ(パタテス ティガニテス、フライドポテト)。

初めてギリシャに来た時、ギリシャでこんなにフライドポテトが人気とは知りませんでした。もっとアメリカンか西ヨーロッパ的なイメージだったんで。個人的には5本もつまめば十分だし。うちは観光客も多いのでかりっと揚げてますが、低温でじっくり揚げたしっとりとした物をだす店もあります。イギリスのフィッシュアンドチップスのチップスみたいに。こちらは、日本人にはちょっと重いかな...

とにかく、ギリシャ人のお客さんが多い日は、ポテトは多めにカット、パンも多めに仕入れます。これにお米料理がメインのトリプル炭水化物もありだから、すごい 笑 見てるだけでこっちはお腹いっぱいです ^^;

ギリシャ人の食欲...おそるべし。

今ふと思ってチェックしたんですけど、最初の写真、この時の写真と瓜二つ... 汗


↓今日もポチ、っとお願いします☀

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-06-22 05:33 | ニシロス