ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ギリシャのクリスマススウィーツ
ギリシャでクリスマスディナー、と言ってもメイン料理は各地方、各家庭それぞれだと思います。とにかく、各家庭のごちそうが並ぶんでしょう。

でもクリスマスのお菓子、と言ったらこれに決まりですね。

b0193316_21215280.jpg

ΜΕΛΟΜΑΚΑΡΟΝΑ(メロマカロナ)。スパイスの利いたクッキーにしみ込んだ蜂蜜入りのシロップと香ばしいクルミの香り。食感はクッキーとケーキの中間くらい。卵もバターも入っていません。

参考にしたレシピは

ギリシャ版、マスターシェフの優勝者、アキス ペトレジキスのレシピ。朝のテレビ番組でやってるんですが、「えっ!?」っていう怪しい料理を作るテレビシェフが多い中、彼の料理は結構まともで作ってみたくなるものも多いんです。

...好みじゃないけどイケメンなのもポイント 爆

手順としては、シロップを作り冷ましておく

粉(小麦粉とセモリナ粉)をよく混ぜておく

オイルとオレンジジュース、スパイスなどをよく混ぜておく

粉と水分を手早く混ぜる
いつまでも混ぜてるとオイルが分離します

成形して焼く

熱々を冷めたシロップに漬ける

完全に冷めたらできあがり〜

みじん切りのクルミをパラパラとかけるのは、味や食感もそうですがシロップに浸したクッキー同士がくっつくのを防止するためでもあります。

クッキーの生地には元のレシピより少ない量の砂糖を使ってます。シロップに漬ける訳でギリシャのお菓子らしくとっても甘いんですが、シロップに漬ける時間で甘さは大分コントロールできます。このレシピの20秒、だと甘すぎず丁度いい感じ。シロップは砂糖と水と蜂蜜をカップ1:1:1ですが、これだとちょっと甘め。

シロップをよくしみ込ませるコツは、シロップとクッキーの温度差。クッキーを冷ましてから熱々のシロップをしみ込ませる方法も。シロップの中に入れた時にクッキーが「ジュッ」と言うのが理想。

b0193316_22242333.jpg

これは第一弾、試作品。あんまりメロマカロナらしくないルックスはアーモンドとピスタチオなのと、焼きがちょっと甘かったかな。しっかり焼き色をつけます。生地に入れた砂糖は粉砂糖。市販のよりも色が淡い仕上がり。

一番上の写真は第二弾。焼き目はしっかり。生地に黒砂糖をいれたら見た目がちょっと市販のヤツっぽくなりました。

ちょっと大人味に仕上げたい人は、生地の水分(オレンジジュース)の一部をブランデーに替えても。

b0193316_2234617.jpg

もうひとつ、ギリシャのクリスマスクッキーといったらκουραμπιέδες(クラビエデス)。こちらはバターたっぷり、アーモンドたっぷりのサクサククッキー。このお菓子の起源は7世紀のペルシャのようです。他の地域ではわかりませんが、このお菓子は結婚式や洗礼式なんかでも作られます。

粉砂糖たっぷりの分、生地の甘みはかなり控えめにするとバランスよし。

ちなみに、ナッツの皮をとる方法。

b0193316_039425.jpg

アーモンドは熱湯に数分つけただけ。そのあと軽くロースト。

ピスタチオとくるみは、オーブンでローストした後適当な布で包み(私はダンナの古いシャツ 笑)優しく揉みます。少量ずつやるようがやり易いです。最後に篩にかけてやると粉々になった皮もきれいにとれます。

クラビエデスの味はなんとなく想像つくと思いますんで、メロマカロナの作り方を下記しておきます。


↓今日も読んで下さってありがとうございます〜

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村




このスパイスの量は結構控えめです。オレンジの風味はほとんど分からなかったのでお好みで増やしてください。シロップは多少残ります。甘い、柔らかいのが好みなら残ったシロップはかけちゃってもいいです。

材料 (約30個分)

シロップ
はちみつ 1カップ
砂糖 1カップ
水 1カップ
シナモンスティック 1つ


小麦粉 500g
セモリナ粉 100g

水分
オレンジジュース 200g
お好みのオイル 250g
砂糖 25g
粉末クローブ&ナツメグ 各小さじ1/4
粉末シナモン 小さじ1
重曹 小さじ1/2
オレンジの皮 1つ分

刻んだクルミ 少々

作り方

オーブンは190℃で余熱しておく。

1. 蜂蜜以外のシロップの材料を鍋にいれる。
   沸騰したら火を止め蜂蜜をいれてよく冷ます。
2. 小麦粉とセモリナ粉をよく混ぜておく。
3. 水分の材料をボールにいれてよく混ぜる。
4. 2と3を木べらで手早く混ぜ合わせる。
5. 成形して20〜25分、濃いめの焼き色がつくまで焼く。
6. クッキーが熱いうちにシロップに20秒つけて取り出す。
7. クルミをかけて完全に冷ます。
[PR]
by yetiherder | 2011-12-25 01:07 | ギリシャ料理
<< 温まる話、ニシロスのサウナ 魚のスープとクリスマスの思い出。 >>