ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
フォロー中のブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
野良猫・本音トーク。
よく晴れた土曜、朝10時。自宅から歩いて2分のミニスーパーへの往復途中

b0193316_2161725.jpg
ボク、ホントはデブだにゃん

道で出会った人ゼロ、見かけた野良猫7匹 

ギリシャの島は野良猫が多いですが、その中でもニシロスの猫の多さには驚きます。

島のマスコット的存在でもあり、観光客のレンズの先にはいつも猫達が。

でも、正直結構な困り者なのです。

b0193316_2205530.jpg

ある日の雨上がり。小雨がやんでドアを開けたら鼻を突く糞尿臭。猫の糞尿が水に濡れたことによって悪臭を放ちます。

ちょっと前まで義父の家は野良猫が家の中も出入りしていました。アレルギー持ちの私はくしゃみが止まらず辛かったです。ダンナの息子は義父の家で数泊した後猫から感染病をもらい、コス島の病院に連れていった事もありました。私も妊娠してからはトキソプラズマの危険もあるということで野良猫の出入りする友人宅などは近寄らないようにしています。

掃除してまとめてカバーをかけておいたレストラン用の椅子の上をトイレとして開拓され(涙)ダンナも私も激怒。店を引き渡したにも関わらず、未だに店の前で猫に餌をやる義父と大げんかしたのでした。

義父は店の向かいの家の駐車場で餌をやるんですがいい迷惑を被っているのはその家の住民。餌付けされてそこを住処にしている猫たちによって車は傷だらけ。もちろん苦情を言うも、義父は聞く耳をもたず。「オレの猫じゃない、野良猫だ」の一点張り。ダンナのバイクや私の自転車の座席もびりびりに破られました。

b0193316_231810.jpg

レストランなど飲食店で野良猫に餌を与えるということ。

これがまた困り者なのです。

脂っぽい料理を床に投げられれば石畳やコンクリートだって油染みになりますし、滑って危険です。おもしろがって猫が食べない物を与える人もいるし、そういったものはもちろん掃除の手間を増やします。食べ慣れない物を食べたのか店の床に猫の嘔吐物を見つけることも。

餌付けされれば猫はもちろん住み着きます。一番困るのが猫アレルギーや、「猫は絶対イヤ!」というお客さんが来たとき。「この猫どうにかして」と言われても時既に遅しなんですね。店の真ん前で猫がバイクに引かれたのを目撃したお客さんがパニクる事件も今年はありました。

b0193316_2303420.jpg

週末、ゴミの収集がない日はゴミを荒らされます。ゴミを捨てに行き蓋を開けたら猫が飛び出すなんてことは日常茶飯事。

そんなに多数の野良猫がどうやって生き延びるかといえば、数人の猫好きが養っているのと、ゴミをあさっているのと、あと一部の猫は半飼い猫状態になっています。

b0193316_2412211.jpg

もちろん、生き延びられずに死んでいく野良猫もそれはそれは多いんです。親猫は人の立ち入りにくい場所に子猫を隠すので、生後2週間ほどして外に出てくるまでは子猫の健康状態も分かりません。でも大体、生まれてくる子猫の半数はこんな風に目の病気にかかったり、バイクに轢かれたり、餓死したり。

最も、悪いのは猫じゃなくて人間です。

野良猫達は生きるために当たり前の事をしているだけだからです。

一部の人たちが「じゃあ猫を捕獲して去勢しよう」と提案するも、野良猫達は警戒心が強く捕まえるのもプロに頼むしかありません(もちろん、ぐーたらな役所がこんな事を手配してくれるはずもなく)。普段は野良猫の文句ばかり言っている人たちの中にも「去勢は可哀相だ」なんて言い出す人もいます。今年の夏、ある動物愛護団体からニシロス宛に苦情の手紙が届きました。去勢もせずこんなにほったらかしにしているのは動物虐待に当たる、と。

かと思えば残酷にも毒を撒く身勝手な人もいます。毒を食べた猫を見た事、ありますか?のたうち回り、もがき苦しみながらゆっくり死んでいく姿は本当に無惨な物です。

ダンナの祖母の話だと、一昔前は子猫が生まれるとそのうちのほとんどを水に沈め窒息死させて猫の数をコントロールしていたとの事。年配の方の中には未だにこれをやる人もいます。最も最近は残酷だという見方がほとんどです。

意見の調和、協調的行動が全くできない(これは猫に関する事だけではありませんが...)島の人々。餌をやるなと怒りながらゴミを箱に入れずにおいていく人、子猫をうちの店の前に捨てていく人(ここなら義父が面倒みると知っていて)。文句を言いつつも結局ほったらかしにしているのが一番の原因じゃないでしょうか。野良猫に餌を与えたいなら町や人から離れた場所にするとか、ゴミ収集場を猫が荒らさないような工夫をするとか、そういった気遣いが全く感じられません。「ギリシャの島らしいきれいな町並み」を観光の売りにしているわりには、目につくのは汚いゴミ捨て場、道端の糞と悪臭。これじゃあ自分たちの首を絞めているようなものです。

個人的な意見をいえば、猫アレルギーですし店の事もあるし、食事中は猫には近寄ってきてほしくないし、野良猫にはどちらかといえば被害を被っていると感じます。でも野良猫を徹底的に駆除する必要もないと思います。実際、島から猫が消えたらちょっと悲しいですし。問題は、その数です。猫が好きな人もいれば嫌いな人もいるんです。野良猫は飼い猫じゃないんです。野良猫も人間もうまくやっていくためには、人間がその数をコントロールする以外に方法があるんでしょうか。

自分の愛車の上で誰かがハトに餌をやっていたら、嫌ですよね。そんな感覚をたまに覚えます。

ちょっと立ち止まってこんな事を考えてほしいなぁ、とたまに思うのです。

b0193316_3174286.jpg
隣の家の屋根の上で黄昏れ中を激写。

↓今日も応援ヨロシクお願いしま〜す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-11-21 04:26 | ニシロス
<< 我が家のテレフォンショッピング かまぼこの日 >>