ギリシャの隅っこから、のんびり島暮らし、美味しい話、ギリシャ情報、お届けします。
by yetiherder
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニシロス
つぶやき
ギリシャ料理
ギリシャ料理: 魚介類
ギリシャ料理: 野菜
ギリシャ料理: 肉類
他の料理
魚料理
野菜料理
肉料理
卵料理
ご飯 麺 粉もの
保存食
野草を食す
果物
外食
食堂
ギリシャの音楽
ドデカニソス諸島
コス島
ロードス島
お祭り・お祝い
最新の記事
ちょっとお休みします
at 2012-09-03 15:12
サソリ魚はおいしいぞ。
at 2012-07-10 05:44
ぼちぼちと。
at 2012-07-05 04:18
強いぞおばあちゃん。
at 2012-06-08 04:27
最近のお魚さん
at 2012-05-25 04:01
以前の記事
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
パプリカケチャップとシシ..
from これ旨いのか?
いただきものレシピの豆バ..
from これ旨いのか?
白きのこ入りオムレツ 美..
from これ旨いのか?
ロドス島
from ギリシャのごはん
ビーツの塩漬とボルシチ
from これ旨いのか?
エキサイト以外のブログ
お気に入りブログ
うろうろ、ごそごそ。
ハギスはお好き?
ユーラシア大陸果ての定置網
あぶかも
..., and trips
ギリシャの光あふれる暮らしと旅
In the town ...
お茶にしましょう*
Osteria popp...
これ旨いのか?
JJと歌の日々
検索
タグ
(46)
(45)
(35)
(33)
(30)
(29)
(24)
(15)
(14)
(14)
(13)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
人気ジャンル
ブログパーツ
株の取引の方法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ニシロスと言えば、火山!
b0193316_5263813.jpg

これだけはギリシャで一番!と誇れる物があるとすれば、それはカルデラです。他に火山で有名な場所はギリシャではサントリーニですが、火山に関してはサントリーニより地層学的にも地球物理学においても個人的には興味深いです。

b0193316_5343049.jpg

こうやってみると島がカルデラを中心にドーナッツ状になっているのがわかります。上の大きな島はコス島です。

タイトルの自己紹介にも書いてますが、もともとニシロスに来たときは火山研究者のはしくれでした。火山学と一口に言っても全く別の分野の研究をしていたんですが、なんせ「エーゲ海の島だし一回は行ってみたいな〜」と言う軽い気持ちで教授に連れてってもらったら結局居座ってしまったのです ^^;

あんまりオタクな事を書くとすぐ眠くなるzzzと思うのでサクッと書きますね 笑

約15万年前の海底噴火によりニシロス島は誕生し、約2万年前の噴火によってカルデラ(要するに噴火の勢いで地上が陥没し穴があいた状態です)ができたと考えられています。カルデラ(クレーターが5つほどあります)の全直径は3.8キロ、島の直径は8キロほどです。

その後何度か水蒸気爆発を繰り返し、現在は「休眠中」です。システムの中に水があると地層の変化が激しくいろいろ時代の特定が難しくなるのですが、それもまた面白みの一つ。カルデラの雰囲気的には箱根の大湧谷とちょっと似ています。穴がポコポコ開いていてそこから水蒸気と硫黄、ミネラルの化合物が吹き出しています。

b0193316_558261.jpg

現在地下数十センチは100度以上、マグマの深さは3〜4kmと浅く、地下1.7キロでは500度以上に達します。硫黄が結晶化して黄色くなっているの、わかりますか?めっちゃ臭いです 笑 

ココで注意!

b0193316_611184.jpg

直径150〜200mのクレーター、ステファノスクレーターは入る事ができますが、近年足場が悪く火傷を負う観光客が増えています。クレーターを歩きたい方は是非ブーツを(運動靴は平気ですがサンダルは駄目です!)着用して下さい。クレーターまでくだる道も足場が悪いので。そして、薄い氷の上を歩いてる感じがしたら(行けばすぐ分かります)その場からゆっくり離れてください。

もう一つ。何があってもクレーター内で座っては駄目です。水蒸気に混じって出ている硫黄化合物は(体の)水分と反応すると強力な酸性になります。一緒にいった研究者の女の子は重労働に疲れうっかり座ったらズボンのケツに穴が...男性陣はうれしそうに笑っていましたが。私も座りませんでしたが、砂埃の被る靴下は穴があきまくり、汗をかいたTシャツは洗濯したらケミカルジーンズのように。外した銀の指輪を迂闊に一晩岩の上に忘れて置いたら翌日真っ黒になってました。

b0193316_613794.jpg

これはGPSを正確に(±2〜3mm)測る機械。火山の活動を計るにはそれの基準になるものが必要です。島中に5カ所ほどベースステーションを置き、一日に2回計測します。

b0193316_616372.jpg

同様に地震データもベースステーションを設けて測ります。この機械、空港の手荷物チェックでひっかかって大変でした。

b0193316_6191431.jpg

これがまた面白い。排水パイプで作ったシンプルな機械。軍隊などが使用する周波数の低いラジオ周波をキャッチし、それにかかる電磁波、またそれがコイルを通じて作り出す電流を測ります。地層の作りや素材、水分の変化によって電流が変わります。

その他にもクレーター内外の土の抵抗率などを測ったデータ、地層のデータなどを照らし合わせ

「一体地下では何が起こっているんだ」
「マグマの深さはどのくらいか」
「地震があったらそれは何が原因なのか」
「どのくらい活発なのか」

ということを予測する、というのが研究の目的です。

...あ、もう寝てます?

この辺でやめときます。

b0193316_634861.jpg

地層学者もいたため、道端で止まっては地層を見る、というのもこの研究の特徴でした。左端でどうでも良さそうに見ている自分ですが、単に地層学は全く無知だから エヘ

たかが岩、されど岩。一欠片から集められる情報の数々は聞いていてお見事!としか言いようがありません。でも人間もそうですよね。一つの仕草からその人の人柄が見えてくるのに似ています。

これは、この堆積物が火砕流によるものか、噴火した灰が雨や洪水によって流されたものか、噴火で直接堆積したものか議論してる所(約30分!暑かった!!しかも最初の10分しか分からなかった 笑)。

Work hard, play hard!がモットーだったニシロスの研究旅行。

b0193316_65355.jpg

食って飲んで。これは大学3年生の卒業研究旅行も兼ねた年でした。

b0193316_723172.jpg

泳いで。

b0193316_775899.jpg

歌って。左のギターが教授、右はダンナのいとこ。

b0193316_7123713.jpg

...また飲まされて飲んで♪

明るくなるまで飲んだら朝の8時にはまたクレーターに集合、日が暮れるまで硫黄に燻されるという、過酷なスケジュールでした。


たった3〜4年前の話。でも、まさか結婚してこの島に住み着くなんて想像もできなかった頃の話です。

ニシロスにいらしたときは、ぜひ火山を見にきてください。

↓ニシロスの応援、お願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yetiherder | 2011-05-08 08:50 | ニシロス
<< 地震がありました。 嵐の日は... >>